「結婚式を挙げなかったカップル」と聞いて、思い浮かぶ顔はありますか? 一昔前は、「結婚をする=結婚式を挙げる」と認識されることが多かったでしょう。それ故、結婚式を挙げないと、「何か特別な事情があるのではないか」と思われることもあったようです。

しかし、現在は結婚式を挙げないことは、それほど珍しいことではありません。結婚式を挙げないことを意味する「ナシ婚」という言葉が生まれているほどです。

多様性の時代ですから、我が子が「結婚式を挙げない」選択をすることもあるでしょう。「結婚式をしないからいい・悪い」ということはありませんが、その背景や事情を知っておくことで、親も心構えができます。

本記事では、結婚式を挙げない理由や結婚式の代わりとなるものについてご紹介します。

目次
結婚式を挙げないカップルが増えている
結婚式を挙げない理由
結婚式の代わりになるもの
結婚式をしない場合のご祝儀は、どうなる?
最後に

結婚式を挙げないカップルが増えている

結婚式は、人生の節目となる儀式です。我が子が結婚式を挙げないとなると、「式がなければ結婚の重みを感じることができないのでは?」とか「親戚にお披露目したかったのに」などと思われる方もいらっしゃるでしょう。確かに結婚式は特別なもので、ひと昔前であれば新たな人生の幕開けには必要なものだとする風潮がありました。

結婚式を挙げないカップルは以前から存在しましたが、特に顕著になったのはコロナ禍以降ではなかったでしょうか。この頃を境に、結婚式を挙げないことも結婚の新たな定番となりつつあるように感じています。

とはいえ、多くの場合、「結婚式を挙げないから何もしない」というわけではありません。何か記念になるようなイベントは行なうなど、結婚式に限らず「人それぞれ重視するものにお金をかける」ようになったイメージです。

結婚式を挙げない理由

結婚式を挙げない理由は、さまざまです。ここでは、主な理由として考えられる4つをご紹介します。

1:結婚式ではないことに、お金を使いたい

一般的な規模の結婚式を挙げるには、およそ300万円前後かかるといわれています。結婚式を挙げない人の中には、

・新居にお金をかけたい
・新婚旅行を豪華にしたい

のように、結婚式を挙げないことで、浮いたお金を他のことに使うという方も少なくないようです。

2:家庭の事情

結婚を控えるカップルは皆、一様に幸せであるようにみえます。しかし、その裏側には、さまざまな事情を抱えていたりするものです。例えば、

・家族から結婚を反対されている
・宗教上の問題
・親子の仲が悪い
・両家の親同士の相性が悪い

など。家庭の事情によっては、両家揃っての結婚式が難しいこともあるかもしれません。結婚式は、両家が協力して成り立つものです。どちらかの家庭内、もしくは両家の仲が悪い場合、円満な結婚式を実現させるのは難しいでしょう。

3:価値観の違い

結婚式は素晴らしいものではありますが、誰もが結婚式に対して憧れを抱いてるわけではありません。

一方が結婚式を挙げたいと熱望していても、もう一方が賛成してくれなければ、結婚式の実現は不可能です。また、中には人前に出るのが得意ではない方もいらっしゃいます。相手と意見が異なる場合は、お互いの妥協点を探ることが重要です。

4:授かり婚

授かり婚の場合、結婚式を挙げたくても、体調の問題で結婚式を諦めることは珍しくありません。出産後、子どもが1、2歳の頃に結婚式を挙げる方もいらっしゃいます。しかし、タイミングを逸してしまうケースも多いようにお見受けします。

また、子どもが生まれたら何かとお金がかかるので、「お金を貯めるために式は挙げない」という意見もあります。   

結婚式の代わりになるもの

親御さんの中には、「我が子の晴れ姿が見られないのは、寂しい」と思われる方もいらっしゃるでしょう。ここでは、結婚式の代替案としておすすめのものをご紹介します。

1:フォトウエディング

フォトウェディングとは「写真だけの結婚式」のこと。結婚式の代わりに、写真撮影を行ないます。和装と洋装の2パターンを撮影できるところや、家族を招待して撮影することが可能なところも多いので、式を挙げなくとも結婚式のような雰囲気を味わえたり、記念に残るものとなるでしょう。

フォトスタジオによっては定番の写真撮影だけではなく、挙式をしないカップル向けにセレモニー風の撮影をしてくれるところもあります。

フォトウエディングの費用は、大体10万円前後からの会社が多いようです。また、国内のみならず海外でも撮影可能なので、新婚旅行を兼ねて撮影するのもいいでしょう。

2:簡単な食事会の開催

「結婚式の晴れがましさが苦手」だという理由で式を挙げない場合は、家族やごく一部の友人を招いての食事会を開くのはいかがでしょうか? 歓談がメインの食事会であれば、親子ともにリラックスして楽しめることでしょう。おしゃれなレストランでのカジュアルなウエディングパーティーなどは、人気が高いですよ。

最後に

結婚当初は結婚式を挙げなくても、数年後に結婚式を挙げる夫婦もいらっしゃいます。結婚式を挙げる時期に、ルールや決まりはありません。結婚式をしても、しなくても、悔いの残らないようにしたいですね。

監修/トップウエディング https://top-wedding.jp/

構成・執筆/吉川沙織(京都メディアライン)
https://kyotomedialine.com FB

 

関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
7月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店