新着記事

自宅で「小鯵の南蛮漬け」を上手に作るコツ【プロ直伝の技とコツ】 アゴの問題が姿勢に影響⁉|歩くための筋肉とアゴの意外な関係 アゴの問題が姿勢に影響⁉|歩くための筋肉とアゴの意外な関係 春風亭昇太さんの定番・朝めし自慢 落語家・春風亭昇太さんの朝めし自慢「週2〜3回は自分で調える純和風の献立です」 サライ読者に聞いた「好きな美術展のジャンル」ランキング 親の終の棲家をどう選ぶ?| 任せて大丈夫? 信頼できる老人ホーム紹介センターを探すには 親の終の棲家をどう選ぶ?| 任せて大丈夫? 信頼できる「老人ホーム紹介センター」を探すには 社長の年忘れ・新年の決意 平成最後の忘年会でやらかした「ぼったくりバーで5分20万円」! 初詣のお賽銭 平均「2394円」!|社長の忘年会・お賽銭事情 秋刀魚の味 小津映画の中で魅力を発散した女優・岩下志麻|『秋刀魚の味』【面白すぎる日本映画 第26回】 藻岩山 家から見える1番いい眺めはここ!|「札幌」「仙台」「広島」「福岡」の眺望ランキング ベスト10 メンタルヘルスを理由に出社できなくなる部下を減らすために|ストレスチェックの正しい活用法 【ビジネスの極意】メンタルヘルスを理由に出社できなくなる部下を減らすために|ストレスチェックの正しい活用法 減塩おかず2選 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|野菜不足を補える簡単おかず2選

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

らくらくサボシューズ|脱ぎ履きしやすく足に優しい「つっかけ」の進化形

らくらくサボシューズ

サンダルの気軽さと靴の歩きやすさが合体。幅は4E相当で幅広、甲高のゆったり仕様。

サンダルのことを「つっかけ」と呼ぶことがある。ちょっとつっかけて近所で用事を済ませてくる、そんな気軽なイメージがある。

そのつっかけをお洒落に変身させたのが、この『らくらくサボシューズ』である。

“サボ”とはフランスの農民などが働くときに履く木靴のこと。わざわざ靴を履くのは面倒だが、サンダルでは見てくれが悪い。そんなときに、さっと履けて、お洒落なサボシューズがあるとありがたい。

らくらくサボシューズ

近所のスーパーへ買い物に行ったり、ペットの散歩のときなどに便利。しっかりとした履き心地で、庭仕事などの軽作業にも向く。

ゆったりとした履き心地で足に優しい、つっかけの最進化形だ。

商品名/らくらくサボシューズ
メーカー名/オーシン(日本)
価 格(消費税8%込み)/5,292円

buttonB

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. けやきのけん玉|本格的な競技用けん玉で脳と全身を鍛える
  2. シルクの極上掛け毛布|滑らかな肌ざわりで優しい暖かさが続く
  3. ブレスサーモ デラックスウォーム|発熱肌着の先駆けブレスサーモの…
  4. 備前焼の2合徳利と広口ぐい呑みセット|素朴で味わい深い日用使いの…
  5. マスクをかけてもくもりにくい読書眼鏡|眼鏡の曇りを抑えて視界鮮明…
PAGE TOP