新着記事

“戦国一の傾奇者”前田慶次、謎多き快男児の正体とは【にっぽん歴史夜話4】

文/砂原浩太朗(小説家)前田慶次(まえだ・けいじ)――加賀百万石の藩祖・前田利家の甥にして、…

『終わった人』中途半端なプライドが生んだ醜すぎる定年男の物語【印南敦史の定年本イッキ読み20】

文/印南敦史2015年に発表された内館牧子のベストセラー『終わった人』は、定年を迎え…

知られざる漂泊の画家・長谷川利行が描いた「七色の東京」を見る

取材・文/池田充枝戦前の日本を破天荒に生きた画家、長谷川利行(はせかわ・としゆき1891-1…

デニムの風呂敷|リアルなジーンズ柄の愉快な風呂敷

昭和15年創業、日本で初めてジーンズを作ったのが「ビッグジョン」だ。メーカーロゴに親しみを覚…

【朝めし自慢】山口香代子さん(画家)「料理好きな夫が調える白粥が主食の献立です」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆本格的に絵を描き始めたのは5年前。にもかかわらず、わずか2年…

天空の列車「アンデス中央鉄道」で南米大陸の屋根を行く(ペルー)

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)世界文化遺産の街リマ旧市街と、ペルー有数の穀…

【名門校の青春食堂 第5回】駒場東邦中学校高等学校×三島のたこ焼き(東京・駒場)

文/鈴木隆祐食べ応えある『三島』の関東風たこ焼きには生徒への想いが込められていた…

琳派はどのように継承されてきたか?を見る《琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―》展

取材・文/池田充枝17世紀、京都で活躍した画家・俵屋宗達(たわらや・そうたつ)は、やまと絵の…

有田焼の布のような器|布のような質感を湛えた軽くて丈夫な磁器の酒器

布を押し固めたような質感を見せるが、1300℃の高温でしっかりと焼き締められた磁器である。手…

「知らなかった」では遅すぎる!親が要介護になる前に読んでおきたい1冊

文/鈴木拓也40代も半ばを過ぎると、それまでは漠然としか思っていなかった「親の介護」…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

らくらくサボシューズ|脱ぎ履きしやすく足に優しい「つっかけ」の進化形

らくらくサボシューズ

サンダルの気軽さと靴の歩きやすさが合体。幅は4E相当で幅広、甲高のゆったり仕様。

サンダルのことを「つっかけ」と呼ぶことがある。ちょっとつっかけて近所で用事を済ませてくる、そんな気軽なイメージがある。

そのつっかけをお洒落に変身させたのが、この『らくらくサボシューズ』である。

“サボ”とはフランスの農民などが働くときに履く木靴のこと。わざわざ靴を履くのは面倒だが、サンダルでは見てくれが悪い。そんなときに、さっと履けて、お洒落なサボシューズがあるとありがたい。

らくらくサボシューズ

近所のスーパーへ買い物に行ったり、ペットの散歩のときなどに便利。しっかりとした履き心地で、庭仕事などの軽作業にも向く。

ゆったりとした履き心地で足に優しい、つっかけの最進化形だ。

商品名/らくらくサボシューズ
メーカー名/オーシン(日本)
価 格(消費税8%込み)/5,292円

buttonB

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP