新着記事

「スポーツの祭典は、文化の祭典!」をテーマにした「Culture NIPPON シンポジウム2018 東北大会」が行なわれました 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」東北大会が行なわれました プラモデルの歴史を振り返ると、昭和の記憶が蘇る『日本プラモデル六〇年史』 プラモデルの歴史を振り返ると、昭和の記憶が蘇る『日本プラモデル六〇年史』 『君たちはどう生きるのか』に学ぶ同調圧力に負けないリーダーの決断 【ビジネスの極意】『君たちはどう生きるか』に学ぶ同調圧力に負けないリーダーの決断 誰でもできる簡単ヒップリフトエクササイズ 1日10回で腰痛・坐骨神経痛を改善!|誰でもできる簡単ヒップリフトエクササイズ【川口陽海の腰痛改善教室 第10回】 「スポーツの祭典は、文化の祭典!」をテーマにした「Culture NIPPON シンポジウム2018」が行なわれました 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」京都大会が行なわれました 自宅で「小鯵の南蛮漬け」を上手に作るコツ【プロ直伝の技とコツ】 アゴの問題が姿勢に影響⁉|歩くための筋肉とアゴの意外な関係 アゴの問題が姿勢に影響⁉|歩くための筋肉とアゴの意外な関係 春風亭昇太さんの定番・朝めし自慢 落語家・春風亭昇太さんの朝めし自慢「週2〜3回は自分で調える純和風の献立です」 サライ読者に聞いた「好きな美術展のジャンル」ランキング 親の終の棲家をどう選ぶ?| 任せて大丈夫? 信頼できる老人ホーム紹介センターを探すには 親の終の棲家をどう選ぶ?| 任せて大丈夫? 信頼できる「老人ホーム紹介センター」を探すには

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

モレーノ=トローバのギター作品集|知られざる作曲家の美しきギター曲集【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)

こんなに美しいギター曲が、まだまだ世の中にはあったのだ! クラシック音楽における古典的なギター作品の紹介者として優れた仕事を重ねているギター奏者の益田正洋の新しいアルバム『モレーノ=トローバ ギター作品集』を聴いて、深い感銘を受けた。

1891年にマドリードで生まれ、1982年に同地で91歳で亡くなったモレーノ=トローバは、20世紀スペインを代表する作曲家のひとりである。もともとはサルスエラというスペインの郷土色豊かな歌芝居を活動の舞台としていたモレーノ=トローバが、名ギタリストのセゴビアの勧めで書くようになったギター曲の数々は、スペイン的な活気あるリズムに加え、ロマンティックな詩情にも満ち溢あふれている。

益田の演奏は、澄んだ音色と歌心で、これらの作品の魅力を余すところなく聴き手に伝えてくれる。(>>こちらで試聴できます

【今日の一枚】
『モレーノ=トローバ ギター作品集』
益田正洋(ギター)

2016、17年録音
発売/フォンテック
電話/03・3393・0183
商品番号/FOCD-9764
販売価格/2400円

文/林田直樹
音楽ジャーナリスト。1963年生まれ。慶應義塾大学卒業後、音楽之友社を経て独立。著書に『クラシック新定番100人100曲』他がある。『サライ』本誌ではCDレビュー欄「今月の3枚」の選盤および執筆を担当。インターネットラジオ曲「OTTAVA」(http://ottava.jp/)では音楽番組「OTTAVA Salone」のパーソナリティを務め、世界の最新の音楽情報から、歴史的な音源の紹介まで、クラシック音楽の奥深さを伝えている(毎週金18:00~22:00放送)

※この記事は『サライ』本誌2018年5月号のCDレビュー欄「今月の3枚」からの転載です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP