新着記事

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気にな…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦×土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

老後を自宅で過ごしたいなら「地域包括支援センター」知っておきたい基本のき

取材・文/坂口鈴香前回は有料老人ホームやサ高住など、自宅以外の老後の住まいについて解説し…

【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』を口演します

ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年6月の第…

泉鏡花が憑かれたように集めた兎の置物【文士の逸品No.16】

◎No.16:泉鏡花の兎の置物文/矢島裕紀彦神経症と言っていいくらいの、独自…

【インタビュー】横山はる江(青森「はるえ食堂」店主)名物焼きおにぎりの旨さの秘訣は?

【サライ・インタビュー】横山はる江さん(よこやま・はるえ、はるえ食堂店主)――青森の市場…

【夕刊サライ/テリー伊藤】「『ちょいフル中古車』でオトコを奮い立たせろ!」(テリー伊藤のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

手でつまむか、箸で食べるか?握り寿司の上手な食べ方【食いしん坊の作法 第3回】 

文/山本益博江戸の古川柳に「握られて出来て食いつく鮨の飯」というのがあります。握り鮨…

アニリンバッファローレザー3wayドクターバッグ|堅牢なバッファローレザー製の鞄

日用から1泊程度の旅まで幅広く対応する、バッファローレザー(水牛の革)の上品な3ウェイバッグ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

ストライプ二重ガーゼパジャマ|二重ガーゼの快適な着心地が質のよい眠りへ誘う

ストライプ二重ガーゼパジャマ

写真=ブルー
製造元の荒川は明治19年(1886)創業、ナイトウェアの製造開始から60年の名門。快適なパジャマとは何かを知りつくしたメーカーである。寒いときは襟を立てて首元までボタン留めができる。胸ポケットが付く。

質のよい睡眠は、じつは着心地のよいパジャマによってもたらされるのではないか──。そんな思いにも至る、ふわりと軽い肌ざわりのパジャマである。

綿100%の二重織りのガーゼを使い、寝汗をかいても素早く吸湿、乾燥も早く肌にべとつかず快眠を妨げない。また、二重ガーゼの間に空気層が生まれるので寒いときは暖かみが伝わる。四季を通して快適に使えるパジャマである。

着心地は生地だけによるものではない。ゆったり動きやすい立体パターンで仕立てられ、左の写真解説のように、快眠への心づかいが細やかに行き届く。一日の終わりに、快適なパジャマに身を包まれて、就寝までのリラックスタイムを過ごすのも贅沢なひとときだ。

健康な生活は快眠から。そんな思いから、ナイトウェアの専門メーカーが丹精込めて作った、国産の一級品である。

ストライプ二重ガーゼパジャマ

写真=ネイビー
人体の厚みを考慮した立体パターンは、動きやすく、シルエットも美しく見せる。就寝前のくつろぎの時間を演出する。

商品名/ストライプ二重ガーゼパジャマ
メーカー名/荒川(日本)
価 格(消費税8%込み)/9,720円

buttonB

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP