新着記事

水晶彫りの酒器|水晶のような小窓からのぞく美酒を愛でつつ一献

活用しないともったいない! 自治体独自のサービスや「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守ろう

活用しないともったいない「見守りサービス」! 「自治体独自の活動」や「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守る方法

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断なのか

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断が必要なのか?

現代人の3人に1人が孤独死しやすい?

現代人の3人に1人が可能性あり!孤独死しやすい人の共通点とは?

尾戸焼の酒器セット|酒を愛する土佐人たちの宴を盛り上げる伝統の酒器

アクセサリーソケットを活用

車内でアロマテラピーから炊飯までできる、アクセサリーソケット活用術【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

ダイエット

「食事制限ダイエット」で目標を達成した人が明かす成功の秘訣

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

クリムトも乗車した!? 隠れた避暑地、アッター湖の過疎ローカル線(オーストリア)

文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)

今年は日本とオーストリア友好150周年ということで、さまざまな美術展が開かれています。黄金色のキャンバスに、恍惚した表情で抱き合う男女を描いた「キス」で有名なグスタフ・クリムトの絵画は、世界中の美術ファンを魅了しています。

そんなクリムトが毎年夏を過ごしたアッター湖は、オーストリアの湖水地方、アルプスに抱かれたザルツカンマーグート地方にあります。

アッター湖

風光明媚なハルシュタットや、サウンド・オブ・ミュージックで知られるザルツブルクと比べても、観光客が少なく、もっぱらオーストリア人の隠れた避暑地として知られるアッター湖ですが、ここでは音楽家グスタフ・マーラーや、画家グスタフ・クリムトが避暑に訪れ、精力的に制作活動を行っていたことでも知られています。

マーラーは1893-96年の4年間、夏の間人里離れた小さな小屋にこもり、2つの交響曲を仕上げました。クリムトが愛人エミーリエ・フレーゲと共に、アッター湖に避暑に初めて来たのは、1900年。当時すでに人気画家だったクリムトは、都会の喧騒を逃れこの湖にやってきます。

アッター湖

最初は交通アクセスが良く、社交に都合の良い、湖の北西に宿をとっていたクリムトですが、ある時期から湖の南の静かな一軒家に住むようになります。ちょうどその節目となる年に、アッター湖鉄道というローカル線が開通します。

●アッター湖鉄道の歴史と今

アッター湖鉄道(旧名アッターガウ鉄道)は、ハプスブルク帝国晩年の1913年に開通しました。この地方の住民の交通の便の改善のため、たった8か月の工事で開通したこの鉄道ですが、避暑ブームもあり、アッター湖周辺に芸術家やオペラ歌手などのセレブが集まるようになります。

この路線の完成により、湖の北西部が人でにぎわいだします。ちょうどこの頃から、制作に集中したいクリムトは、避暑客を避け、湖南の田舎家で夏を過ごすようになりました。

アッター湖鉄道は、幅1メートルの狭軌道鉄道。長距離列車が停車するフェックラマルクトから、アッター湖畔の町アッターセーまで、13.4kmの道のりを走ります。

主な利用者は、現地の通勤、通学客ですが、避暑客や観光客、鉄道ファンにも利用されています。それでも、最も少ないときで、年間利用者が20万人と超過疎路線になってしまったこのローカル線。1日1km当たり40人しか利用していない計算です。それでも、木材やビールなどの地元の産物を運搬するため、廃線にされずに運行は続きました。

現在は、物資の運搬には使われていませんが、年間乗客数は29万人(一日1km辺り58人)まで増え、2016年には新型車両が導入されました。

アッター湖鉄道

終点のアッターセー駅でアッター湖の遊覧船とも接続していますので、ウィーンやドイツの各都市から週末旅行に避暑にやってきて、湖でゆったりした時間を過ごすこともできます。利用者数は少ないですが、この湖へのアクセス向上と、避暑客の誘致にも一役買っています。

●アッター湖鉄道に乗ってみる

ウィーンやザルツブルクからの長距離列車が停車するフェックラマルクト駅から、アッター湖鉄道に乗ってみましょう。

現在のアッター湖鉄道では、新型車両が走っていますが、取材時は古い車両もまだありましたので、今はもうない旧型車両も合わせてご紹介します。

アッター湖鉄道

アッター湖鉄道の新型車両の内部は、赤と白が基調となり、導入されたばかりということでピカピカです。ボンバルティア社のフレキシティという車種で、バリアフリーで環境にやさしいウィーンの新型市電と似たデザインです。

アッター湖鉄道内部

一方、旧型車両の内部は、ノスタルジー感満点です。こちらの車両は1950年ごろに製造されたもので、3台あったものはスイスとルーマニアへ買われて行ってしまったので、もうこの路線を走ることはありません。

旧型車両

これとは別に、1904年ごろに製造された車両が、特別イベントなどの時に走ることがあります。

車窓からの景色は、最初はあまりアルプスらしくない、なだらかな田園風景が広がっています。途中駅はもちろん無人で、アルプスの過疎線らしい雰囲気が漂っています。

アルプスの過疎線

アッター湖に近づいてくると、山並みが険しくなり、湖が姿を見せ始めます。

アッター湖に近づいてくると、山並みが険しくなり、湖が姿を見せ始めます

終点のアッターセー駅は車庫と兼用になっているので、ゆっくりとほかの車両を見ることもできます。

終点のアッターセー駅は車庫と兼用になっているので、ゆっくりとほかの車両を見ることもできます。

ここからは、アッター湖の遊覧船の乗り場も近く、ゆったりと観光を楽しむこともできます。この船には、この湖を愛したクリムトの絵が描かれ、クリムトゆかりの地を巡ることができるルートになっています。

アッター湖の遊覧船

* * *

アッター湖鉄道に乗って、湖までののんびりした旅、いかがでしたでしょうか?

観光客が少なく、静けさに包まれたアッター湖。湖水の色はクリムトに、森の木の葉のさざめきはマーラーに影響を与えたことが、ここに来るとよくわかります。彼らが求めた夏の静けさを、ぜひ味わってみてください。

文・写真/御影実
オーストリア・ウィーン在住フォトライター。世界45カ国を旅し、『るるぶ』『ララチッタ』(JTB出版社)、阪急交通社など、数々の旅行メディアにオーストリアの情報を提供、寄稿。海外書き人クラブ(http://www.kaigaikakibito.com/)会員。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. シュテファン大聖堂 「悪魔の呪い」「巨人の骨」「反ナチスの暗号」|シュテファン大聖堂…
  2. チョコレートファウンテンから直接試食 チョコが食べ放題! ツォッター(Zotter)チョコレート工場の…
  3. ザルツブルクの町 門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知ら…
  4. オーストリア国鉄のシティジェット 世界で初めて世界遺産に認定された鉄道| センメリング鉄道を満喫す…
  5. 世界第二のビール消費国、オーストリアのビール事情と工場見学 世界第二のビール消費国・オーストリア|飲み放題の試飲付き「ビール…
PAGE TOP