新着記事

子どもがいない場合の相続や自身の介護はどうすべきか|『子どもなくても老後安心読本』

老後も死後も揉め事ばかり!? 子どもがいない夫婦、独身者は、自分の「相続」「介護」「葬式」はどうすべきか?

いい夫婦の日

いい夫婦の日「ダイヤモンドのようにキラキラ輝く芸能人夫婦 2019」ランキング|1位はあの“美女と野獣カップル”

宝塚歌劇

100年を超える歳月に磨かれた、日本が誇るエンターテインメント・宝塚歌劇が導く、大人の上質な時間 ~夫婦で初めてのタカラヅカ~[PR]

LINEの無料スタンプを手に入れる方法【スマホ基本のき 第6回】

英語圏で広がる「プロナウンスティッカー」とは?|米語辞典から学ぶ新しい英語(2)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編31】

英語圏で広がる「プロナウンスティッカー」とは?|米語辞典から学ぶ新しい英語(2)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編31】

子どもとお金

子どもが「今すぐYouTuberになりたい」と言ったら?|子どもがお金を稼ぐことを親たちはどう考えている

【ビジネスの極意】有能そうに見えないのに、給料が高い人。何が上司に評価されているのか?

【ビジネスの極意】有能そうに見えないのに、給料が高い人。何が上司に評価されているのか?

若々しい声は、良い姿勢から!

若々しい声は、良い姿勢から! 猫背を防止してはつらつと声を響かせる方法

20代恋愛

イマドキ20代社会人男性の恋愛事情|職場内に恋人・配偶者がいるのは約3割。お相手の4割は「先輩女性」!

認知症の高齢者の増加とともに深刻化しているゴミ屋敷問題! 最悪の事態を招く前にすべき対策とは…

認知症の高齢者の増加とともに深刻化している「ゴミ屋敷」問題|対処しないと起こる最悪の事態とは?

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 宝塚歌劇
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

緑に包まれたF1サーキット「レッドブル・リンク」を訪ねて(オーストリア・シュピールベルク)

文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)

ウィンタースポーツのメッカとして知られるオーストリアでは、モータースポーツの人気も非常に高い。F1は、スキー競技に次いで人気が高く、日曜日には多くの人が、かたずを飲んでスタートを見守っている。

そんなオーストリアは、F1レーシングチームを所有するエナジードリンクメーカー、レッドブル社のお膝元でもある。オーストリアグランプリの開催地は、緑に抱かれた美しいサーキット、その名も「レッドブル・リンク」だ。レッドブル・リンク

●シュピールベルクの歴史と栄光

オーストリアの首都ウィーンから、車で南へ2時間、シュタイヤーマルク州の緑が美しい丘陵地帯シュピールベルクに、そのサーキットはある。

1970年から1987年まではエステルライヒリンク、1997年から2003年の間はA1リンクという名称で知られた有名なF1サーキットだったが、その後荒廃していたのをレッドブル社が買収し、2014年からは再びF1オーストリアGPの会場となっている。カーレースだけでなく、日本人パイロットが初優勝を果たした「レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ」や、オフロードのレースなど、さまざまなモータースポーツの舞台としても知られている。レッドブル・リンク

このサーキットの一番の特徴は、息をのむような美しい自然の風景だ。緑の丘陵地帯を縫うように作られたコースは、周りの景観とも不思議に調和している。緑の丘陵地帯を縫うように作られたコース

●見学自由のサーキット

レッドブル・リンクは、レースが行われていない時期は、ビジターとして訪問することができる。90分間のガイドツアーもあるが、ツアーに参加せず、自由に施設を見て歩くのもお勧めだ。

レッドブル・リンクの施設は、大きく4つに分けられる。ウェルカムセンター、ドライバーズエリア、コースと観客席だ。そのほとんどが、レースのない時期には自由に入場できることは、あまり知られていない。

まずは、サーキットの顔となる、ウェルカムセンターに入ってみよう。サーキットの顔となる、ウェルカムセンター

ウェルカムセンターには受付があり、レース開催中はここが案内所になるが、それ以外の期間も、会場の地図や周辺の観光案内図などを受け取ることができる。

入って右側にはカフェ、左側にはショップがあり、レースファン垂涎のオフィシャルグッズが並んでいる。Tシャツや、レースジャケットなどの他に、お土産に最適なレッドブルレーシングチームの公式グッズが豊富だ。レースファン垂涎のオフィシャルグッズが並んでいる

ウェルカムセンターには、往年のレーシングカーやバイク、オフロードカーや飛行機などが展示され、モータースポーツ博物館のようになっている。F1レースのシュミレーションゲームもあり、存分にモータースポーツの醍醐味を味わうことができる。往年のレーシングカーやバイク、オフロードカーや飛行機などが展示

ウェルカムセンターから階段を降りると、歴戦のレーサーたちのウォーク・オブ・フェイムがある。ミヒャエル・シューマッハ、ニキ・ラウダなどの雄姿を眺めながら地下道を通ると、サーキット内の別の建物に出る。歴戦のレーサーたちのウォーク・オブ・フェイム

ここには、VIPラウンジ、ビストロ、メディアセンターとレースコントロールが入っている。テラスからはサーキットが一望でき、眼下にはボックスストップのための施設がある。実際のレース時は、ここはVIPとメディア、スタッフでにぎわい、独特の雰囲気が立ち込めるが、平時は気軽に絶景を眺めることができる。スポーツでありながら、VIP的な快適さも楽しむことができる贅沢な施設だ。テラスからはサーキットが一望

レースのない日は、無人の観客席の一部に入り、有名なサーキットを一望することができる。ウェルカムセンターを出て右へ曲がり、トンネルの手前の左の丘を登ったところに、Tribüne(階段型の観客席)という表示がある。運が良ければ、練習風景を見ることもできる

運が良ければ、練習風景を見ることもできる。オーストリア国旗の赤白赤のストライプを眼下に、バリバリというモーターの轟音を聞いていると、臨場感たっぷりだ。この日は、F4のトレーニングを見ることができた。運が良ければ、練習風景を見ることもできる運が良ければ、練習風景を見ることもできる

緑の美しさで有名なシュタイヤーマルクの良さを生かした、自然と山とコースと建物がうまく融合している。

観客席を堪能したら、車で先ほどのトンネルを通ってみよう。コース内の一般道を通るという、貴重な体験ができる。

実はこのコースは、レーシングカー用のサーキットだけでなく、さまざまな種類のモータースポーツのコースが整備されている。オフロードバイクコース、4WDテストコース、ドライビングセンター、ゴーカートコースなどがある。事前に申し込めば、BMWやポルシェのレースカーに乗ってサーキットを走ることもできるし、ランドローヴァーやオフロードバギー、KTMのオフロードバイクなどをその場で借りて、コースを走らせることも可能だ。

なんと7歳以上の子供向けに、ゴーカートコースで本格的なレース体験も提供されている。まさに子供から大人まで、モータースポーツの天国だ。

このまま道なりに行くと、レッドブル・リンクのオフィシャルホテルに到着する。ここには、VIPさながらの眺めが楽しめる、テラスレストランがある。レッドブル・リンク、オフィシャルホテルのテラスレストラン

ここは、レース期間中にVIPの宿泊客が優雅な観戦を楽しむテラスだが、平時は誰でも食事に入ることができる。オーストリア料理をモダンに改良した創作料理はとても美味しく、絶景を眺めながら、気持ちの良いランチタイムを過ごすことができる。取材の日には、テラスを区切ってのレース関連の撮影や、関係者の打ち合わせも行われていた。

* * *

緑に囲まれた、オーストリア、シュピールベルクのレッドブル・リンク。テクノロジーのせめぎ合いと雄大な自然の調和という、相反する二つの顔を持つのも、このサーキットの魅力だ。

レース開催時の賑わいとは打って変わった、普段のサーキットの姿をゆったりと楽しむのも、モータースポーツファンとしては、ぜいたくな時間なのかもしれない。

文・写真/御影実
オーストリア・ウィーン在住フォトライター。世界45カ国を旅し、『るるぶ』『ララチッタ』(JTB出版社)、阪急交通社など、数々の旅行メディアにオーストリアの情報を提供、寄稿。海外書き人クラブ(http://www.kaigaikakibito.com/)会員。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 乗客が気軽に整備士に声を掛けたり、運転席に載せてもらったりと、オーストリアののどかな田舎らしい、穏やかな空気が流れます 森を抜け、ワインを味わい、宿泊する鉄道体験 | ファイシュトリッ…
  2. シュテファン大聖堂 「悪魔の呪い」「巨人の骨」「反ナチスの暗号」|シュテファン大聖堂…
  3. チョコレートファウンテンから直接試食 チョコが食べ放題! ツォッター(Zotter)チョコレート工場の…
  4. アッター湖鉄道 クリムトも乗車した!? 隠れた避暑地、アッター湖の過疎ローカル線…
  5. ザルツブルクの町 門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知ら…
PAGE TOP