新着記事

現役キャバ嬢1000人に聞いた、お酒の席で好かれる人・嫌われる人

おこもり生活に役立つアプリ「dマガジン」の使い方【スマホ基本のき 第19回】

『まさか!の高脂質食ダイエット』

「高脂質食ダイエット」に学ぶ、食べてよい脂肪、食べてはいけない脂肪

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

緑に包まれたF1サーキット「レッドブル・リンク」を訪ねて(オーストリア・シュピールベルク)

文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)

ウィンタースポーツのメッカとして知られるオーストリアでは、モータースポーツの人気も非常に高い。F1は、スキー競技に次いで人気が高く、日曜日には多くの人が、かたずを飲んでスタートを見守っている。

そんなオーストリアは、F1レーシングチームを所有するエナジードリンクメーカー、レッドブル社のお膝元でもある。オーストリアグランプリの開催地は、緑に抱かれた美しいサーキット、その名も「レッドブル・リンク」だ。レッドブル・リンク

●シュピールベルクの歴史と栄光

オーストリアの首都ウィーンから、車で南へ2時間、シュタイヤーマルク州の緑が美しい丘陵地帯シュピールベルクに、そのサーキットはある。

1970年から1987年まではエステルライヒリンク、1997年から2003年の間はA1リンクという名称で知られた有名なF1サーキットだったが、その後荒廃していたのをレッドブル社が買収し、2014年からは再びF1オーストリアGPの会場となっている。カーレースだけでなく、日本人パイロットが初優勝を果たした「レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ」や、オフロードのレースなど、さまざまなモータースポーツの舞台としても知られている。レッドブル・リンク

このサーキットの一番の特徴は、息をのむような美しい自然の風景だ。緑の丘陵地帯を縫うように作られたコースは、周りの景観とも不思議に調和している。緑の丘陵地帯を縫うように作られたコース

●見学自由のサーキット

レッドブル・リンクは、レースが行われていない時期は、ビジターとして訪問することができる。90分間のガイドツアーもあるが、ツアーに参加せず、自由に施設を見て歩くのもお勧めだ。

レッドブル・リンクの施設は、大きく4つに分けられる。ウェルカムセンター、ドライバーズエリア、コースと観客席だ。そのほとんどが、レースのない時期には自由に入場できることは、あまり知られていない。

まずは、サーキットの顔となる、ウェルカムセンターに入ってみよう。サーキットの顔となる、ウェルカムセンター

ウェルカムセンターには受付があり、レース開催中はここが案内所になるが、それ以外の期間も、会場の地図や周辺の観光案内図などを受け取ることができる。

入って右側にはカフェ、左側にはショップがあり、レースファン垂涎のオフィシャルグッズが並んでいる。Tシャツや、レースジャケットなどの他に、お土産に最適なレッドブルレーシングチームの公式グッズが豊富だ。レースファン垂涎のオフィシャルグッズが並んでいる

ウェルカムセンターには、往年のレーシングカーやバイク、オフロードカーや飛行機などが展示され、モータースポーツ博物館のようになっている。F1レースのシュミレーションゲームもあり、存分にモータースポーツの醍醐味を味わうことができる。往年のレーシングカーやバイク、オフロードカーや飛行機などが展示

ウェルカムセンターから階段を降りると、歴戦のレーサーたちのウォーク・オブ・フェイムがある。ミヒャエル・シューマッハ、ニキ・ラウダなどの雄姿を眺めながら地下道を通ると、サーキット内の別の建物に出る。歴戦のレーサーたちのウォーク・オブ・フェイム

ここには、VIPラウンジ、ビストロ、メディアセンターとレースコントロールが入っている。テラスからはサーキットが一望でき、眼下にはボックスストップのための施設がある。実際のレース時は、ここはVIPとメディア、スタッフでにぎわい、独特の雰囲気が立ち込めるが、平時は気軽に絶景を眺めることができる。スポーツでありながら、VIP的な快適さも楽しむことができる贅沢な施設だ。テラスからはサーキットが一望

レースのない日は、無人の観客席の一部に入り、有名なサーキットを一望することができる。ウェルカムセンターを出て右へ曲がり、トンネルの手前の左の丘を登ったところに、Tribüne(階段型の観客席)という表示がある。運が良ければ、練習風景を見ることもできる

運が良ければ、練習風景を見ることもできる。オーストリア国旗の赤白赤のストライプを眼下に、バリバリというモーターの轟音を聞いていると、臨場感たっぷりだ。この日は、F4のトレーニングを見ることができた。運が良ければ、練習風景を見ることもできる運が良ければ、練習風景を見ることもできる

緑の美しさで有名なシュタイヤーマルクの良さを生かした、自然と山とコースと建物がうまく融合している。

観客席を堪能したら、車で先ほどのトンネルを通ってみよう。コース内の一般道を通るという、貴重な体験ができる。

実はこのコースは、レーシングカー用のサーキットだけでなく、さまざまな種類のモータースポーツのコースが整備されている。オフロードバイクコース、4WDテストコース、ドライビングセンター、ゴーカートコースなどがある。事前に申し込めば、BMWやポルシェのレースカーに乗ってサーキットを走ることもできるし、ランドローヴァーやオフロードバギー、KTMのオフロードバイクなどをその場で借りて、コースを走らせることも可能だ。

なんと7歳以上の子供向けに、ゴーカートコースで本格的なレース体験も提供されている。まさに子供から大人まで、モータースポーツの天国だ。

このまま道なりに行くと、レッドブル・リンクのオフィシャルホテルに到着する。ここには、VIPさながらの眺めが楽しめる、テラスレストランがある。レッドブル・リンク、オフィシャルホテルのテラスレストラン

ここは、レース期間中にVIPの宿泊客が優雅な観戦を楽しむテラスだが、平時は誰でも食事に入ることができる。オーストリア料理をモダンに改良した創作料理はとても美味しく、絶景を眺めながら、気持ちの良いランチタイムを過ごすことができる。取材の日には、テラスを区切ってのレース関連の撮影や、関係者の打ち合わせも行われていた。

* * *

緑に囲まれた、オーストリア、シュピールベルクのレッドブル・リンク。テクノロジーのせめぎ合いと雄大な自然の調和という、相反する二つの顔を持つのも、このサーキットの魅力だ。

レース開催時の賑わいとは打って変わった、普段のサーキットの姿をゆったりと楽しむのも、モータースポーツファンとしては、ぜいたくな時間なのかもしれない。

文・写真/御影実
オーストリア・ウィーン在住フォトライター。世界45カ国を旅し、『るるぶ』『ララチッタ』(JTB出版社)、阪急交通社など、数々の旅行メディアにオーストリアの情報を提供、寄稿。海外書き人クラブ(http://www.kaigaikakibito.com/)会員。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. スーパーでのマスク販売のかご(4月16日撮影) 欧州で最も早く規制措置の緩和が始まったオーストリアの「新しい日常…
  2. ハプスブルク時代の建物に恐竜が住む、「ウィーン自然史博物館」の魅…
  3. ヴィエナ・リング・トラムは、音声ガイド付きの観光用市電 トラム、観光馬車、自転車型タクシー、シェアリングバイク|歴史と伝…
  4. 皇帝専用駅ヒーツィング 謎の地下礼拝堂から皇帝専用駅舎まで、ウィーンのユニークな地下鉄の…
  5. ウィーン国立オペラ座 「ウィーン国立オペラ座」は失敗作だった!?|二人の建築家の悲劇の…
PAGE TOP