新着記事

ギックリ腰を早く治す!やっていいこと悪いこと完璧対応マニュアル ギックリ腰を早く治す!やっていいこと悪いこと完璧マニュアル【川口陽海の腰痛改善教室 第6回】 アメリカで広く実践される究極のストレスコントロール・メソッド アメリカで広く実践される究極のストレスコントロール・メソッド【予防医療最前線】 100歳以上の百寿者 いまや約7万人!100歳以上の百寿者が身につけている生活習慣とは? コンプライアンス 【ビジネスの極意】もし、あなたの部下が「道頓堀ダイブ」したら、どうする? 日本の美術館 日本の美術館ランキング2018 トップ20 JAZZ遺言状 寺島靖国氏が語るジャズ7箇条|『JAZZ遺言状』 死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルールとは? 隣り合っていながら絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 静岡vs山梨、千葉vs埼玉|絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 山本益博|「江戸前」の握り鮨は、「まぐろ」がないと始まらない。【食いしん坊の作法 第13回】 快適に過ごせる靴との出会い 実践!正しい靴の履き方講座【快適に過ごせる靴との出会い vol.1】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

旅行

東京湾を守る旧日本軍の要塞跡地「千代ケ崎砲台跡」をスケッチ【半島をゆく 特別編】

文・画/北村さゆり

私は、『サライ』で連載中の「半島をゆく」で風景を描いている。昨年9月号の国東半島編からの参加である。その時の指南役は、別府大学の飯沼賢治先生。興味津々の解説をメモしていった。カメラマンの藤岡さんはぐいぐいシャッターを切り、一行は行程に沿って移動していく。

私は画材を拡げる間もなく、景色を撮影し、時々スケッチブックに描いた。東京の仕事場に戻り、挿画に取りかかると、風景写真から風景画が描けない事がわかった。

いや、正確に言うと、自分の記憶した景色と写真は明らかに違う。殴り描きであろうが、クロッキーは重要な記録であり、それがないとお手上げだった。

ヴェルニー公園から米軍横須賀基地を望む。

11月号の挿画は、千代ヶ崎砲台跡。ヨーロッパの古城のように見えるが、ここは東京湾を守る旧日本軍の要塞跡地。今は軍事遺跡として「国史跡」に指定されている。

千代ケ崎砲台跡から房総半島は指呼の距離。

長い間自衛隊の所有地だったそうで、とてもきれいな状態で遺されている。横須賀市が管理するようになって、育ちすぎた樹木を切ったり、遺構を掘り起こして元の姿に戻したそうだ。煉瓦の焼締めの違いで、それぞれが適所に丁寧に配置されている。組積法はオランダ積み。建築遺構としても魅力的。軍人達は、このトンネルのような要塞で何日間も寝起きしたそうだ。

東京湾防衛の軍事要塞だった千代ケ崎砲台のスケッチ(完成画は「サライ」11月号に掲載されています)。

ここでどんな食事をして、排泄はどうしたんだろう? おばさん(私)の興味はそんなところだが、開国史研究会会長の山本詔一さんは、「伊豆半島と房総半島という太刀持ちと露払いを従えた三浦半島は、小さいけれど横綱だよ」と仰る。なんてロマンチック! 小兵力士が睨みを効かせる絵面も頼もしい。


文・画/北村さゆり
昭和35年、静岡県生まれ。日本画家。『利休にたずねよ』『三鬼』など小説の挿絵も担当。著書に『中世ふしぎ絵巻』など。

http://kitamurasayuri.jp/profile

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 東京湾岸に築かれた「近代要塞」砲台跡を訪ねる【半島をゆく 歴史解…
  2. 人気のパワースポット三浦半島・走水神社から東京湾を望む【半島をゆ…
  3. ニッポンの近代造船のゆりかご浦賀造船所跡を訪ねる【半島をゆく 歴…
  4. ならぬことはならぬもの!会津人の心意気「什の教え」と斗南藩【半島…
  5. ああ斗南藩終焉す!突然の廃藩置県は何故起きたか?【半島をゆく 歴…
PAGE TOP