新着記事

【ビジネスの極意】優秀な中途採用者を確保するために企業が行うべきこと 【ビジネスの極意】優秀な中途採用者を確保するために行うべきこと 今年こそ舌下免疫療法で、花粉症の根治を目指してみよう あなたは本当に花粉症?|花粉症の根治を目指す「舌下免疫療法」最前線 『野田版 桜の森の満開の下』画像提供:松竹 桜が彩る歌舞伎を愉しむ|古典からシネマ歌舞伎『野田版 桜の森の満開の下』まで さきいかと菜の花の炊き込みご飯 【管理栄養士が教える減塩レシピ】さきいかと菜の花の炊き込みご飯|さきいかでだしを取ろう 6代目スカイライン風のヘッドライトウォッシャーは、実際には水は出ないとのこと。6代目スカイラインに装備されていたアンテナも装備したいと考え、現在も必要なパーツを探しています。 【私のクルマ遍歴】「スカイライン」と「西部警察」は一生の憧れ。ついに『ER34』を『マシンRS』風の赤黒ツートンカラーに再塗装!(後編) サライ.jp世代ならば、すれ違ったら振り返ってしまう健一さんの愛車。その出会いと物語は【後編】で語ります。 【私のクルマ遍歴】『スカイライン2000GTターボ』を事故で失った後、本当に欲しかった『スカイライン2000RSターボ』を必死に探す(前編) 元号ものがたり~改元にまつわる珍談・奇談あれこれ【にっぽん歴史夜話14】 元号ものがたり~改元にまつわる珍談・奇談あれこれ【にっぽん歴史夜話14】 《儀式用宝飾水筒》 16世紀後半 トプカプ宮殿博物館蔵 トプカプ宮殿の華麗な宝物【トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美】 【娘の気持ち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿があったから。その進路に不安はなかった~その2~ 【娘の気持ち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿があったから。その進路に不安はなかった~その2~ 【娘のきもち】両親はともに理容師。休日に家族で過ごせない寂しさを忘れさせてくれたのは、祖父母の愛情だった~その1~ 【娘のきもち】両親はともに理容師。休日に家族で過ごせない寂しさを忘れさせてくれたのは、祖父母の愛情だった~その1~

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~)

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

東京湾を守る旧日本軍の要塞跡地「千代ケ崎砲台跡」をスケッチ【半島をゆく 特別編】

文・画/北村さゆり

私は、『サライ』で連載中の「半島をゆく」で風景を描いている。昨年9月号の国東半島編からの参加である。その時の指南役は、別府大学の飯沼賢治先生。興味津々の解説をメモしていった。カメラマンの藤岡さんはぐいぐいシャッターを切り、一行は行程に沿って移動していく。

私は画材を拡げる間もなく、景色を撮影し、時々スケッチブックに描いた。東京の仕事場に戻り、挿画に取りかかると、風景写真から風景画が描けない事がわかった。

いや、正確に言うと、自分の記憶した景色と写真は明らかに違う。殴り描きであろうが、クロッキーは重要な記録であり、それがないとお手上げだった。

ヴェルニー公園から米軍横須賀基地を望む。

11月号の挿画は、千代ヶ崎砲台跡。ヨーロッパの古城のように見えるが、ここは東京湾を守る旧日本軍の要塞跡地。今は軍事遺跡として「国史跡」に指定されている。

千代ケ崎砲台跡から房総半島は指呼の距離。

長い間自衛隊の所有地だったそうで、とてもきれいな状態で遺されている。横須賀市が管理するようになって、育ちすぎた樹木を切ったり、遺構を掘り起こして元の姿に戻したそうだ。煉瓦の焼締めの違いで、それぞれが適所に丁寧に配置されている。組積法はオランダ積み。建築遺構としても魅力的。軍人達は、このトンネルのような要塞で何日間も寝起きしたそうだ。

東京湾防衛の軍事要塞だった千代ケ崎砲台のスケッチ(完成画は「サライ」11月号に掲載されています)。

ここでどんな食事をして、排泄はどうしたんだろう? おばさん(私)の興味はそんなところだが、開国史研究会会長の山本詔一さんは、「伊豆半島と房総半島という太刀持ちと露払いを従えた三浦半島は、小さいけれど横綱だよ」と仰る。なんてロマンチック! 小兵力士が睨みを効かせる絵面も頼もしい。


文・画/北村さゆり
昭和35年、静岡県生まれ。日本画家。『利休にたずねよ』『三鬼』など小説の挿絵も担当。著書に『中世ふしぎ絵巻』など。

http://kitamurasayuri.jp/profile

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. キリシタンのまほろば|佐世保湾歴史クルージング【半島をゆく 歴史…
  2. 鶴岡八幡宮のスケッチ(「鶴岡八幡宮」完成画は「サライ」1月号に掲載されています) 日曜の鶴岡八幡宮で甲冑姿の人々をスケッチ【半島をゆく 三浦半島編…
  3. 名越切通② 武家の古都・鎌倉で海と切通しをスケッチ【半島をゆく 三浦半島編 …
  4. 武士の都 鎌倉を象徴する鶴岡八幡宮 中世武士の聖都「鎌倉」の地形に隠された意味とは【半島をゆく 歴史…
  5. 幕府の近代化に心血を注いだ小栗忠順|軍港・横須賀に残る「鉄とレン…
PAGE TOP