新着記事

はきやすく便利!大人気「らくあきパンツ」にコーデュロイ版登場 昭和歌謡は終わらない 個性豊かな楽曲であふれていたあの時代|『昭和歌謡は終わらない』 【第82回人形町らくだ亭】1月29日開催/志ん生に捧ぐ孫弟子3人の競演会です ミゼットにブルーバード ミゼットにブルーバードに小松崎茂の原画も!|松戸郊外でみつけた懐かしヴィークルのワンダーランド『昭和の杜博物館』 東・西日本で異なる“おにぎり事情”|日本人なら皆んな知っている「おにぎり」ってどんな形? 東・西で形が違う?|日本人なら知っておきたい“おにぎり”の話 常備したい冬の定番「味の浜藤」のおでんセット【サライのお取り寄せ】 オタワからキングストンまでを結ぶ202kmの運河 カナダ最大のアツモリソウ群生地と世界遺産リドー運河の終着地・首都オタワ 【カナダ・オンタリオ州の旅3】 顎関節症はこうして改善!|原因と予防・対策 スマホの使いすぎ、ストレス過多は要注意!|顎関節症の原因と対策 トヨタ センチュリー|匠の技が磨き上げた美と品格をまとう国産車【石川真禧照の名車を利く】 マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 徳川園/名古屋市

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

人気のパワースポット三浦半島・走水神社から東京湾を望む【半島をゆく 特別編】

文・画/北村さゆり

「古代東海道」というものがあったことを、私は『サライ』誌の連載「半島をゆく」の取材で初めて知った。

同連載「房総半島編」の取材では、久里浜港(横須賀市)〜金谷港(富津市)を東京湾フェリーで渡った。この体験取材の効果は私にとっては絶大で、俄然、古代が身近に思えるようになった。三浦半島の走水は、まさにこのルートの上にある。

さて、この走り書きは、走水神社から東京湾を望むスケッチのつもり。見上げる程長い階段を登った拝殿を背に階段を見下ろすように描いた。

走水神社から望む東京湾 画/北村さゆり

「ハシリミズ」という響きもあって、背の高い石灯籠が道標で、二つの鳥居を潜り東京湾を渡る滑走路のように見えた。

画/北村さゆり

日本武尊(ヤマトタケルノミコト)とそのお后の弟橘媛尊(オトタチバナヒメノミコト)が上総国へ船出した際、荒波に遭い、弟橘媛尊が自ら身を投げて海の神を沈めたという。英雄のピンチを救った妻。御利益がありそうだし、人気のパワースポットなのも頷ける。

拝殿を南奥へ進んで東京湾を見渡すと、広い海上に働く人を発見した。海苔の養殖場らしい。新緑と潮風のさわやかな初夏。静かな海に船が行き交う。

※北村さゆりさんが描きおろした「走水神社から望む東京湾」の絵は、『サライ』10月号に掲載されています。


文・画/北村さゆり
昭和35年、静岡県生まれ。日本画家。『利休にたずねよ』『三鬼』など小説の挿絵も担当。著書に『中世ふしぎ絵巻』など。

http://kitamurasayuri.jp/profile

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 幕府の近代化に心血を注いだ小栗忠順|軍港・横須賀に残る「鉄とレン…
  2. 東京湾を守る旧日本軍の要塞跡地「千代ケ崎砲台跡」をスケッチ【半島…
  3. 東京湾岸に築かれた「近代要塞」砲台跡を訪ねる【半島をゆく 歴史解…
  4. ニッポンの近代造船のゆりかご浦賀造船所跡を訪ねる【半島をゆく 歴…
  5. ならぬことはならぬもの!会津人の心意気「什の教え」と斗南藩【半島…
PAGE TOP