サライ.jp

益子焼の音っくり

左から茶、黒
持ちやすい瓢箪形の益子焼の徳利。

益子焼(栃木県)は、素朴な土の温かみと生活具としての気取らぬ造形で、とりわけファンが多い。

ここでは、瓢箪形の益子焼の徳利をご紹介。徳利には珍しくコルク栓が付く。酒を入れ栓をしたまま盃に注ぐと、器の空洞内に音波が発生し「コトコトコト」と、かわいらしい音を発する。音のする徳利、すなわち「音っくり」と名付けられた所以だ。

このまま燗もつけられるが、これからの季節は、ぜひ冷酒や焼酎を入れて楽しんでいただきたい。

益子焼の音っくり

酒を注ぐと徳利の空洞内で気泡が発生、その破裂音と抽出管の長さにより音が増幅される。

【今日の逸品】
益子焼の音っくり

廣瀬酒店(日本)
3,888円(消費税8%込み)

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア