新着記事

越後亀田縞ハンチング|伝統織物で仕立てた小粋な木綿ハンチング帽

失敗を恐れずに進むことが特効薬|『「感情の老化」を防ぐ本』

40代から始まる「感情の老化」を食い止める方法|『「感情の老化」を防ぐ本』

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

【ビジネスの極意】「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

ペーパーグラス|眼鏡作りの聖地が生んだ驚異の薄型軽量読書眼鏡

仏像曼荼羅イメージ 東寺蔵

空海発案の立体曼荼羅21体のうち、15体が集合【特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」】

災害時に愛猫がPTSDに陥ったら!|知っておきたい「猫のPTSD」治療法

竹製のスタンドにヤシの葉のうちわを常備。和室はエアコンを設置せずに、うちわや扇風機で涼をとります。網戸がなく、窓を開けっ放しにしているため、家中のいたるところに置いている蚊取り線香入れは、バリ島でつくられたもの。

春過ぎて夏を待つ日に葉山の家へ【桐島かれん『KAREN’s』】

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

SIWA長財布|障子紙の里から生まれた優しい手触りの軽量財布

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【娘のきもち】弟にベッタリの母に、単身赴任で離れて暮らす父。母に内緒でするベランダでの電話が唯一の心休まる時間だった~その1~

取材・文/ふじのあやこ

【娘のきもち】~その1~

近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「母親との関係に距離がある分、父親は離れて暮らしていたけどずっと近くに寄り添っていてくれました」と語るのは、朱音さん(仮名・42歳)。彼女は現在、兵庫県で3歳になる男の子の母親であり専業主婦です。やや茶色い髪は1つに束ねられ、化粧気がないものの目がパッチリと大きく整った顔立ちをしています。話している間に目が合ったのは数回。どこか気が弱そうな雰囲気を感じさせました。

年の離れた弟ばかりをかわいがる母親。単身赴任の父親にその愚痴をいつも聞いてもらっていた

朱音さんは兵庫県出身で、両親と8歳下に弟のいる4人家族。父親は物流などを扱う商社でサラリーマンをしており、母親は専業主婦。家族仲は弟が生まれる前後で大きく違ったと言います。

「3人だった時は母親も優しくて、両親の仲も良くて、楽しかった記憶が残っています。でも、弟が生まれてから母親は弟に付きっきりになり、その後父親は単身赴任で地方に行くことになってしまって……。家族全員が揃ったところがあまり思い出せません」

父親の単身赴任が始まったのは朱音さんが中学校に上がる直前。家族は再び3人になり、構図は2対1のような感じだったとか。姉弟仲はどうだったのでしょうか。

「8歳も下だとケンカになんてならないです。自分の子供のような感覚さえありました。遊んであげたこともありますし、絵本を読んであげたこともあります。でも、年の近い姉弟と違って、何かを真剣に相談し合うことはまったくなかったです。私は大学進学とともに実家を出たんですが、その時に弟はまだ小学生。今も仲は悪くないですが、決して距離は近くないと思います」

朱音さんは中学生に上がると反抗期もあり、母親との会話は一切なくなります。その愚痴を父親に電話で聞いてもらうことが多かったそうです。

「母親と話すとイライラしてしまっていました。特に弟の宿題を見ている母親の声とかが部屋に聞こえてきた時とかはすごくムカついていました。私の時にそんなことをしてくれた記憶なんて一切なかったから。今思うと、寂しかったんですよね。

父親には当時はまだ携帯なども普及していなかったから、家の電話の子機をベランダまで持っていき、電波が悪いのかガーガー機械音が鳴っている中、話を聞いてもらっていました。父親には反抗期はなかったですね。それに顔を見ていないから、電話だから色んなことをはっきり言えたというか。進路の相談も父親にしていました」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘の気持ち】祖父母に懐く私に父がずっと隠していたある秘密。父は両親に、そして私にどこまでも優しい人だった~その2~ 【娘のきもち】祖父母に懐く私に父がずっと隠していたある秘密。父は…
  2. 【娘のきもち】祖父母の世話は母親に任せっきり。何もしない父親に不信感が強まっていった~その1~ 【娘のきもち】祖父母の世話は母親に任せっきり。何もしない父親に不…
  3. 【娘の気持ち】真っ直ぐ進めたのは、血のつながらない孫をどこまでも愛し続けてくれた祖父がいたから~その2~ 【娘のきもち】真っ直ぐ進めたのは、血のつながらない孫をどこまでも…
  4. 【娘のきもち】落ちた場合は中学浪人。両親の期待で押しつぶされそうな気持を救ってくれたのは祖父の愛情だった~その1~ 【娘のきもち】落ちた場合は中学浪人。両親の期待で押しつぶされそう…
  5. 【娘の気持ち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿があったから。その進路に不安はなかった~その2~ 【娘のきもち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿が…
PAGE TOP