新着記事

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

知る人ぞ知るパンの名店!沖縄・宗像堂の天然酵母パン10選

文/編集部沖縄本島中部の宜野湾市にある『酵母パン 宗像堂』は、天然酵母パンづくりの先駆けとし…

【夕刊サライ/福澤朗】武夷岩茶を訪ねて(福澤朗の美味・料理コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

知られざる人気スポット!香港の離島「ラマ島」で過ごすのんびり休日

文・写真/りんみゆき(香港在住)香港(ホンコン)と聞くと、高層ビルが建ち並ぶ光景、またはショ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】0日目~旅の序章《旅立ちは函館駅》

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・枕崎駅から北海道・稚内駅まで、普通列車を乗り継いで行く日本縦断の大旅行を完遂した59歳の鉄道写真家・川井聡さんが、また新たな旅に出発する。今回の舞台は北海道。広大な北の大地を走るJR北海道の在来線全線を、普通列車を乗り継ぎ、10日間かけて完全乗車するのだ。川井さんの新たな挑戦が、いま始まる。

文・写真/川井聡

【0日目~旅の序章】

小学生の時に初めて北海道に行った。当時走っていた急行「ニセコ」号に乗りに行く旅だった。日本最大の蒸気機関車C62が二両重連で峠を行く列車で、今にしても奇跡のような旅だった。

その時の旅が、「北海道に行かないと体調が悪くなる」という「北海道に行きたいぞ!旅行したいぞ!症候群」の原因となったらしい。1980年代から、ヒマさえあれば北海道に行っていた。

当時の旅の中心は周遊券。券面を埋め尽くす下車印は自分だけのエンブレムだった。

その旅には素晴らしい魔法のじゅうたん「北海道周遊券」が使えた。20日間乗り放題、急行も利用可能、学割あり、しかも冬季は2割引きという優れものである。この切符を手に、北海道を鉄道に乗り旅行した。旅行しにいったというより、北海道に身を預けに行っていた、という方が的確かもしれない。

昭和の流行語で言うと「ほとんどビョーキ」である。こうして、何十回北海道を訪れたかわからない。

80年代、札幌~釧路や札幌~函館には、まだ夜行の鈍行なんて言うのもあった。線路の上は実質的な宿だった。

そのころの北海道は「路線の形を書けば北海道になる」と言われたほどで、主だった海岸線には本線・支線を問わず線路が敷かれ、旅客列車から貨物列車・混合列車にいたるまで、いろんな列車が走っていた。

国鉄最後の大型開業とさえ言われた石勝線。旧夕張線の一部を利用して札幌~釧路を結ぶ高速鉄道を実現したものだ。開通初日の石炭貨物列車。手前の橋は旧夕張線

けれど、ある時期「行くたびに」と言っていいほど、路線が縮小される時代があった。国鉄分割民営化の時代である。北海道中くまなく張り巡らされていたような路線の地図。それがあの時期を境にオセロの盤面が変わるような勢いで、あっという間に変わってしまった。

路線図の変化はJRになってから暫くは落ち着いていたのだが、函館支線や深名線・江差線などの廃止が続いた。昭和の最盛期は4000Kmほどもあった総延長も、今は2500㎞だという。

周遊券のペーパーフォルダー。裏面に書かれた路線図が北海道の線路の多さを物語る。

とはいえ、2500㎞はたいした距離だ。直線距離にすれば稚内から那覇までとほぼ同じ。稚内~北京より遠いらしい。100回以上行っている北海道だが、全区間を普通列車だけで回ったことは一度もない。これは「旅」をせねばなるまい。しかもJR北海道の路線は今、危急の状態となっている。鈍行列車の車窓からどんな地平が見えるのか。そう思ってルートを組んだ。

地平線、水平線、山の端に登る太陽や沈む夕日も、「内地」とは違う表情を見せていた。

ページ:

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 1日目《函館から苫小牧へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅…
  2. 天竜浜名湖鉄道でノスタルジックな汽車旅気分を満喫する旅
  3. 古い家と蔵が居並ぶ栃木市「嘉右衛門町」を逍遙する【日本の古い街並…
  4. 富山県・魚津の町で魚三昧!訪ねて行きたい魚市場見学と美味処3軒
  5. うまさぎっしりの新潟県、旅するなら訪ねて行きたい旨い店4軒
PAGE TOP