新着記事

ピエール・ブーレーズ・ザール ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 枕職人がつくった快眠枕 ジムナストHIDA|快適な眠りもたらす日本製の理想的な枕 『男のチャーハン道』 「パラパラ」のチャーハンを目指した男の求道記|『男のチャーハン道』 お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯 司馬遼太郎も信じなかった犬の伊勢参り|お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯 「働き方改革」では解決できない「人手不足」問題 【ビジネスの極意】「働き方改革」では解決できない「人手不足」問題 木工房のデスクペン|木のぬくもりにあふれた手作りの卓上ペン お葬式をどう考えるか|『和尚が教える 極上のお葬式』 「葬式不要論」「直葬」、お葬式をどう考えるか?|『和尚が教える 極上のお葬式』 行ってみたい! 東京のホテルのアフタヌーンティー 自分へのご褒美! 東京で人気の「ホテルのアフタヌーンティー」4選 インパクトの瞬間に噛むことでパワーが最大に!|格闘技と顎の関係 インパクトの瞬間に噛むことでパワーが最大に!|格闘技と顎の関係

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん
  2. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

久留米織りの作務衣|先染め織りで仕立てた風合い豊かな万能着

久留米織りの作務衣

写真=ブルー
製造元の光延織物は、織りから縫い合わせまで一貫生産、丁寧な仕上げで定評がある。

福岡県南部、筑後地方は古くから綿花栽培が盛んで、織物の産地として知られてきた。久留米織りは先染めの糸で色や柄を出し、立体感のある生地を織ることができる。使われている経糸は2本の単糸を撚り合わせた双糸で、緻密で風合い豊かな味わいを醸す。

そんな久留米織りで作務衣を作った。凹凸のある木綿の肌ざわりが心地よく、動きやすく仕立ててある。作業着から室内着まで、万能に活躍する作務衣のコレクションに加えていただきたい。

久留米織りの作務衣

写真=紺

【今日の逸品】
久留米織りの作務衣

光延織物(日本)
13,500円(消費税8%込み)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 枕職人がつくった快眠枕 ジムナストHIDA|快適な眠りもたらす日…
  2. 木工房のデスクペン|木のぬくもりにあふれた手作りの卓上ペン
  3. リンゴのアロマポット|木のぬくもりにあふれたアロマディフューザー…
  4. 久慈の琥珀の御念珠|やわらかく心安らぐ上質な琥珀の御念珠
  5. 招福 健康パートナー|手のひらで福の神が戯れ、健康と福運を願う
PAGE TOP