新着記事

スタンダードの「供給源」|ブロードウェイ・ミュージカルとグレイト・アメリカン・ソングブック【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

ブロードウェイ・ミュージカルの名曲をジャズマンが演奏する理由【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

食の安全。自分の身を自分で守るためには|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

危険な食品添加物から自分の身を守る|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

お葬式の費用は半数が100万円から200万円以下

わからないことだらけのお葬式の費用|約5割が「一般葬」で100万円から200万円払っている!

自宅で焼酎パーティを開きたくなる美濃焼の焼酎サーバー

東京の伝統工芸の魅力を発信!『進化する粋 東京手仕事展』日本橋三越本店で開催中

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい新生姜を使った甘酢漬け&豚バラ巻き

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい新生姜を使った甘酢漬け&豚バラ巻き

【ビジネスの極意】なぜ部下は経営理念を理解できないのか?

【ビジネスの極意】なぜ部下は経営理念を理解できないのか?

ビジネスシーンの口臭に要注意!|「特に口臭が気になった相手」第1位は50代男性!

焦がさず焼けて煙らない!画期的な立体囲炉式炭火コンロ

ピアノサロン・クリストフォリのコンサート

ベルリンのトルコ人街にあるクラシックライブハウス、「ピアノサロン・クリストフォリ」で一期一会の音楽と出会う

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

太陽光発電は儲かる?|高い収益性があるインフラファンド投資の基礎知識

文/久我吉史

電気・ガス・水道など我々の生活を支えくれる「インフラ設備」に投資する「インフラファンド」というファンドをご存じでしょうか。東京証券取引所に上場している割にイマイチ注目度が低いのですが、安定した分配収入を得ることができます。2018年10月現在では、5銘柄が上場していますが、いずれも「太陽光発電設備」に投資するファンドとなっています。

J-REITもインフラファンドも「賃料収入」を分配する

太陽光発電設備と聞くと不動産のイメージが湧きます。するとJ-REITとインフラファンドの違いは何なんだろうと思いませんか。J-REITがビルや住宅の賃料を分配原資にしているのに対して、インフラファンドは、インフラ設備を分配原資にしています。インフラ設備の利用者(=賃料を支払う人)は、売電収入を得ていますから、間接的には売電収入が分配原資になっているともいえます。

一方でJ-REITは入居率が景気などに左右されて予測しづらく将来計画が難しいのですが、インフラファンドの場合は、日照率などのデータを基に設備を設置します。台風などの自然災害に遭うリスクがあるものの、J-REITよりも安定した収益性があるといえます。

■東京証券取引所に上場しているインフラファンド一覧

いずれのファンドも太陽光発電設備への投資を対象としています。2018/10/12の終値ベースで計算した分配金利回りは5~7%台と、J-REITと比較しても高めの設定となっています。

 

■インフラファンドのスキーム

インフラファンドがインフラの運営を行う企業(オペレーター)に発電設備を賃貸します。オペレーターは売電収入を得て、投資法人に賃料を支払うのが基本スキームです。
(引用元:東京証券取引所/インフラファンドの仕組み)https://www.jpx.co.jp/equities/products/infrastructure/outline/index.html

 

インフレリスクや金利上昇リスクに加え税の導管性がファンドの将来を左右するか

インフラファンドの分配原資の元は売電収入ですが、FIT(固定価格買取制度)という国の精度によって電力の買取価格が保証されています。そのため、収益性が安定している一方で、インフレで物価が上昇した際に、買取価格の上昇率がインフレ率を下回ると利回りが悪化します。また発電設備資金を借り入れで賄っていた場合には、金利が上昇した分だけ分配原資が少なくなってしまうリスクもあります。また、「利益の90%以上を投資家に分配すると、ファンドの運営主体である投資法人に法人税が課税されない」という制度があり、「税の導管性」と呼ばれています。インフラファンドの場合には20年の時限制度となっているので、20年経過後に法人税が課税され始めるとその分分配原資が少なくなってしまいます。したがって中長期で投資するにあたっては、毎年、FITや金利の動向をチェックする必要があります。

いちごグリーンインフラ投資法人(銘柄コード:9282)では2026年6月期までの分配金予想を出していますが、リスクによってどの程度金額が上下するかは分かりません。 (引用元:いちごグリーンインフラ投資法人のIR情報(https://www.ichigo-green.co.jp/ir/dividends.php))

少し難しい話になってしまいましたが、インフレや金利上昇が起こった際には、これらがインフラファンドのリスクになる。電力の買取価格をいかに高く保つかがインフラファンドの腕の見せ所であると理解しておくとよいでしょう。

文/久我吉史

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 投資初心者のためのREIT入門|不動産投資信託が資産形成にオスス…
  2. 短命家系なら繰り上げ受給もあり?みんなが知らない年金の話【大人の…
  3. 実は定期預金に近い「債券」知っておきたい選択基準は?【大人のマネ…
  4. 投資信託を選ぶときは「シャープ・レシオ」をチェック【大人のマネー…
  5. 「リバースモーゲージ型住宅ローン」で老後のお金と住まいの悩みを一…
PAGE TOP