新着記事

生活のリズムが乳癌発症に影響する? スマートフォンの光も要注意?

不規則な生活が乳がんの発症に影響する!?| サーカディアンリズムと 乳がんの関係

2019年夏休みの都市別海外旅行ランキング|予約急上昇の都市は?

夏休み海外旅行「予約急上昇ランキング」|3位ヤンゴン、2位ウラジオストク、1位は?

幕末から明治維新へ、激動の日本に暮らした「ドクトル・ヘボン」が聞いて綴った日本語

幕末から明治維新へ、激動の日本に暮らした「ドクトル・ヘボン」が聞いて綴った日本語【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編18】

男性管理職のメンタル不調は深刻化か? メンタル不調の悩みの約4分の1は40代男性から!

男性40代のメンタル不調が急増!? 悩みの原因は「職場の問題」と「自分自身のこと」

【ビジネスの極意】新リーダーのための「リーダーシップ」理論

【ビジネスの極意】新リーダーのための「リーダーシップ」理論

油麻地

懐かしく怪しき香り漂うディープな街 「油麻地」裏通りを行く(香港)

『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

老後資金、結局いくら必要?|『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

令和初のボーナスの使い途|使う金額、用途、支払い方法は?

令和初のボーナスの使い途|将来のために貯金をする人が約7割!

『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』

テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

小宮悦子×中野信子スペシャルトークイベント ~いい記憶をつくる考え方~[PR]

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

映画『ハイジ』の世界へ!スイス・ユングフラウ地方の絶景スポット

取材・文/関屋淳子

映画『ハイジ アルプスの物語』が、8月26日から東京・恵比寿の「YEBISU GARDEN CINEMA」ほかで全国ロードショーとなります。名作アニメ『アルプスの少女ハイジ』に親しんだ世代には、なんとも嬉しいかぎり。家族で、三世代で楽しめる映画です。

あのハイジの世界を実写にしたらどうなるか。映画館のスクリーンで堪能したいものです。

『ハイジ アルプスの物語』8月26日(土)より全国ロードショー(配給:キノフィルムズ)(C)2015 Zodiac Pictures Ltd / Claussen+Putz Filmproduktion GmbH / Studiocanal Film GmbH

この映画でも描かれているアルプスの雄大な自然は、スイスの大きな魅力のひとつ。なかでもユングフラウ地方は、いかにもスイスらしい、美しい山岳風景や咲き誇る花々に出合える場所です。そんなユングフラウ地方きっての絶景スポットをご紹介しましょう。

*  *  *

ユングフラウ地方は、スイス中央部にあるベルン州南部の山岳リゾートで、世界遺産にも認定されているアイガー、メンヒ、ユングフラウの三山を望む、アルプス観光のハイライトと言われています。

今回ご紹介する場所は、標高1000m余りのグリンデルワルトから6人乗りのゴンドラで約25分、谷間の小さな村を眼下にしながら到着する、標高2168mの「フィルスト」です。

フィルストはアイガー北壁を目の前にするビュースポット。ここから山上湖・バッハアルプゼーなどへ約20本のハイキングコースが整備されています。コースの総延長はなんと約200㎞にもなります!

美しい山々に囲まれるコースの足元には、可憐な高原の花が咲いています。山を見晴らし、花を愛でながら、誰もが自分のペースで楽しむことができる地です。

フィルストへ向かうゴンドラ

約20本のハイキングコースが整備されている

2015年、ここフィルストに山並みを眺めるのに格好の遊歩道が完成しました。それが全長250mの「クリフ・ウォーク」です。

フィルスト山頂駅周辺の断崖絶壁を囲むように設置されていて、崖の先端に突き出す展望台からは、言葉を失うほどの圧巻のパノラマが広がります。

もうひとつ、フィルストでおすすめのアクティビティが、ヨーロッパ初の「フィルスト・フライヤー」です。

フィルスト山上駅から、ワイヤーを滑車付きのブランコで滑り降りるジップラインのことで、約800mの空中飛行が体験できます。

澄み渡る空気のなか、時速約84㎞で滑り降りる爽快感は抜群! きっとハイジがいたら、大喜びで体験していたことでしょう。

フィルスト・フライヤー

ほかにもこの8月に完成したばかりのグライダー式のジップライン、フィルスト・グライダーやマウンテン・カート、トロッティバイクなどのアクティビティがあり、これまでとはちょっと違う、新しいアルプス観光が楽しめるようになっています。

*  *  *

アルプスの山々に抱かれた、限りなく美しいハイジの世界を求めてスイスへ。家族と、仲間と、アルプスの大自然のなかで、忘れられない思い出を作ってみてはいかがでしょう。

◎取材・文/関屋淳子
桜と酒をこよなく愛する虎党。著書に『和歌・歌枕で巡る日本の景勝地』(ピエ・ブックス)、『ニッポンの産業遺産』(エイ出版)ほか。旅情報発信サイト「旅恋どっとこむ」(http://www.tabikoi.com)代表。

◎撮影/竹崎恵子

◎取材協力/
ユングフラウ鉄道グループ http://www.jungfrau.ch/
スイス政府観光局 http://www.myswiss.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ボスニア・ヘルツェゴヴィナ サラエヴォ市民の命をつないだ「希望のトンネル」|ボスニア・ヘルツ…
  2. トルコで18件目の世界遺産に登録 ピラミッドよりも古い!世界最古の神殿「ギョベクリ・テペ」の謎(ト…
  3. 空から眺めるウルルの全容 ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ウルル編】
  4. オーストリア国鉄のシティジェット 世界で初めて世界遺産に認定された鉄道| センメリング鉄道を満喫す…
  5. メープルシロップ カナダの名産品「メープルシロップ」はどうやってできる?| 首都オ…
PAGE TOP