新着記事

主婦が最も心掛けているのはエコバッグ持参

主婦が実践している「エコ活」|3位「電気をこまめに消す」、2位「水の出しっぱなしに注意」、1位は?

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

映画『ハイジ』の世界へ!スイス・ユングフラウ地方の絶景スポット

取材・文/関屋淳子

映画『ハイジ アルプスの物語』が、8月26日から東京・恵比寿の「YEBISU GARDEN CINEMA」ほかで全国ロードショーとなります。名作アニメ『アルプスの少女ハイジ』に親しんだ世代には、なんとも嬉しいかぎり。家族で、三世代で楽しめる映画です。

あのハイジの世界を実写にしたらどうなるか。映画館のスクリーンで堪能したいものです。

『ハイジ アルプスの物語』8月26日(土)より全国ロードショー(配給:キノフィルムズ)(C)2015 Zodiac Pictures Ltd / Claussen+Putz Filmproduktion GmbH / Studiocanal Film GmbH

この映画でも描かれているアルプスの雄大な自然は、スイスの大きな魅力のひとつ。なかでもユングフラウ地方は、いかにもスイスらしい、美しい山岳風景や咲き誇る花々に出合える場所です。そんなユングフラウ地方きっての絶景スポットをご紹介しましょう。

*  *  *

ユングフラウ地方は、スイス中央部にあるベルン州南部の山岳リゾートで、世界遺産にも認定されているアイガー、メンヒ、ユングフラウの三山を望む、アルプス観光のハイライトと言われています。

今回ご紹介する場所は、標高1000m余りのグリンデルワルトから6人乗りのゴンドラで約25分、谷間の小さな村を眼下にしながら到着する、標高2168mの「フィルスト」です。

フィルストはアイガー北壁を目の前にするビュースポット。ここから山上湖・バッハアルプゼーなどへ約20本のハイキングコースが整備されています。コースの総延長はなんと約200㎞にもなります!

美しい山々に囲まれるコースの足元には、可憐な高原の花が咲いています。山を見晴らし、花を愛でながら、誰もが自分のペースで楽しむことができる地です。

フィルストへ向かうゴンドラ

約20本のハイキングコースが整備されている

2015年、ここフィルストに山並みを眺めるのに格好の遊歩道が完成しました。それが全長250mの「クリフ・ウォーク」です。

フィルスト山頂駅周辺の断崖絶壁を囲むように設置されていて、崖の先端に突き出す展望台からは、言葉を失うほどの圧巻のパノラマが広がります。

もうひとつ、フィルストでおすすめのアクティビティが、ヨーロッパ初の「フィルスト・フライヤー」です。

フィルスト山上駅から、ワイヤーを滑車付きのブランコで滑り降りるジップラインのことで、約800mの空中飛行が体験できます。

澄み渡る空気のなか、時速約84㎞で滑り降りる爽快感は抜群! きっとハイジがいたら、大喜びで体験していたことでしょう。

フィルスト・フライヤー

ほかにもこの8月に完成したばかりのグライダー式のジップライン、フィルスト・グライダーやマウンテン・カート、トロッティバイクなどのアクティビティがあり、これまでとはちょっと違う、新しいアルプス観光が楽しめるようになっています。

*  *  *

アルプスの山々に抱かれた、限りなく美しいハイジの世界を求めてスイスへ。家族と、仲間と、アルプスの大自然のなかで、忘れられない思い出を作ってみてはいかがでしょう。

◎取材・文/関屋淳子
桜と酒をこよなく愛する虎党。著書に『和歌・歌枕で巡る日本の景勝地』(ピエ・ブックス)、『ニッポンの産業遺産』(エイ出版)ほか。旅情報発信サイト「旅恋どっとこむ」(http://www.tabikoi.com)代表。

◎撮影/竹崎恵子

◎取材協力/
ユングフラウ鉄道グループ http://www.jungfrau.ch/
スイス政府観光局 http://www.myswiss.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。 【創刊30周年特別紀行】-編集長が行く-長崎からマカオへ。信仰が…
  2. 詩情あふれる銀細工レリーフ(ワット・ムーンサーン) 息をのむほど美しい「タイ銀細工工芸」のヒミツを探る旅(チェンマイ…
  3. ハウスボート オランダ人の憧れ「ハウスボート」|水上のタワマン?究極の水上豪邸…
  4. 悲しげなクルーズカイーダの像 マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れ…
  5. Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1) 想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「…
PAGE TOP