新着記事

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

村松誠氏が描くウイスキーキャットラベルの特別なウイスキー

その昔、ウイスキーの蒸留所には、原材料である大麦を守る役目を与えられ、また職人たちにマスコットのよう…

遭難を防ぐ!山歩きを始めるあなたに伝えたい3つのこと

文/鈴木拓也息の長い「山歩き・登山」ブーム。『レジャー白書』によれば、2016年にお…

微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪

文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)タイの世界遺産というと「古都アユタヤ…

本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”

修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから…

ペットの死、その時あなたは? 獣医さんが提案する幸せな旅立ち

文/柿川鮎子ペットと暮らす幸せは何にも代えがたいものがあります。ある人は「犬や猫や小鳥がいな…

5年連続1位!知る人ぞ知る、顧客大満足の車買取会社は?

CMでよく見かける「車買取会社」。ほんとうに高く買い取ってくれるのだろうか?実際にサービ…

魔の山ブロッケンをのぼる、東ドイツ製の蒸気列車に乗る

文・写真/杉﨑行恭ブロッケンの妖怪という言葉を聞いたことがあるだろうか、ごくまれに霧の中に現…

綿紬作務衣|ざっくりとした着心地の素朴なベーシック作務衣

綿紬は、緯糸に節糸を使って織ることで、表面に細かなラインが浮き上がり、それが心地よい肌ざわり…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

旅行

新選組が眺めた紅葉も。2018京都・秋の特別公開はここへ行く!【厳選2大紅葉スポット】

8取材・文/末原美裕

京都を美しく彩る紅葉のシーズンが間もなく訪れようとしています。どこを訪れようか気がはやりますね。どうせなら普段は入ることのできない特別な場所へ足を運んでみてはいかがでしょう?

京都では季節ごとに通常非公開の場所が特別に公開され、今年の秋は6箇所の公開が予定されています。中でも紅葉が美しい2箇所をセレクトしてご紹介します。

新選組も眺めた京都の紅葉パノラマ

歴史好きの方はご存知のことと思いますが、金戒光明寺は新選組発祥の地として有名なお寺です。紅葉シーズンになると白砂と杉苔の枯山水庭園は鮮やかな赤へとドラマティックに彩られます。

中でもおすすめは山門からの眺望で、京都市内の紅葉をパノラマで愉しむことができます。
「市内でも遮るものなく全景を見られるのはここだけ。京都の天守閣のようなこの場所から、新選組も京都の未来を思案していたと思いますよ」と金戒光明寺筆頭執事の橋本さん。昔は大阪城まで望めたそうですが、様相が変わり今はあべのハルカスまで見ることができます。

また庭園と山門の特別公開にあわせて、伊藤若冲が手がけた「群鶏図押絵貼屏風」も期間中、展示されています。若冲の繊細な筆致がわかるほど間近で見ることができる貴重な機会です。

 

名建築と紅葉が彩る、美しき旧三井家下鴨別邸

下鴨神社の南に、近代京都の名建築があることを知っていますか? 旧三井家下鴨別邸です。もともと三井家の顕名霊社(あきなれいしゃ)を参拝するための休憩所として建築されました。大正期までに整えられた屋敷構えの保存状態がいいことから、重要文化財にも指定されています。

通常非公開の主屋二階が特別公開され、絵画のように優美で静謐な紅葉を眺めることができますよ。

またこの二階部分ですが、特別公開期間外は貸室としても利用できるんです! 貸室料金を見ると、座敷(定員24名)終日(9時から17時まで)8600円と記載してあり、「これは一人当たりの料金ですよね?」と確認したところ、そうではなく一室あたりの料金だと教えられ、(もしかしたら貸会議室よりも安価なのでは?)と大変驚きました。

家族や仲間と心置きなく、空間ごと愉しむことができます。

仕出し(一人3000円)を頼むこともできます。重要文化財の建物でお食事できるなんてとても贅沢ですね。

普段は立ち入ることのできない場所を訪れて、非日常の特別感に包まれながら最高の紅葉を愉しんでみてはいかがでしょうか。

■金戒光明寺

公開期間:11月9日〜12月2日
時間:9時〜16時30分(16時受付終了)
拝観料:御影堂・大方丈・庭園 大人600円
山門 大人800円
セット券 大人1200円
住所:京都市左京区黒谷町121
電話:075-213-1717(京都市観光協会)
アクセス:京都市バス 「岡崎神社前」下車、徒歩約5分
https://www.kyokanko.or.jp/momiji2018/

■旧三井家下鴨別邸<主屋二階>

公開期間:11月15日〜12月4日
時間:9時〜17時(16時30分受付終了)
見学料:大人600円
住所:京都市左京区下鴨宮河町58−2
電話:075-366-4321
アクセス:京阪電車 「出町柳」駅下車、徒歩約5分
https://www.kyokanko.or.jp/mitsuike/
京都市観光協会:
https://www.kyokanko.or.jp/

取材・文/末原美裕
小学館を経て、フリーの編集者・ライター・Webディレクターに。2014年、文化と自然豊かな京都に移住。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 7日目《美深から名寄へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日…
  2. 7日目《美深から名寄へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日…
  3. 歴史を感じるリノベーション。新しくなった「南禅寺参道 菊水」へ行…
  4. 「苔」が美しい京都の寺4選
  5. 「ゴジラ岩」を知っていますか?夕日絶景ランキングTOP10
PAGE TOP