新着記事

焦がさず焼けて煙らない!画期的な立体囲炉式炭火コンロ

ピアノサロン・クリストフォリのコンサート

ベルリンのトルコ人街にあるクラシックライブハウス、「ピアノサロン・クリストフォリ」で一期一会の音楽と出会う

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【前編】

アロハ オン ザ ガンジェズ ホテル

デジタルデトックスができる!世界のリトリートホテル6選

源氏物語朝顔図(部分) 土佐光起筆 1幅 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵

知っておくと便利! 日本美術の定番の画題を、作品を見ながら学ぶ。【企画展 はじめての古美術鑑賞―絵画のテーマ】

足裏が心地よいモダンな牛革草履で颯爽と街を歩いてみたら?

茶摘み体験

大人が満足する社会見学4選【静岡県】|ヤマハ楽器ミュージアム、電車の転車台体験、うなぎパイファクトリー、茶摘み

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

【家族のかたち】母子家庭でも寂しかった記憶は一切なし。一度した約束は最後まで守ってくれる母親だった~その1~

【家族のかたち】母子家庭でも寂しかった記憶は一切なし。一度した約束は最後まで守ってくれる母親だった~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

新選組が眺めた紅葉も。2018京都・秋の特別公開はここへ行く!【厳選2大紅葉スポット】

取材・文/末原美裕

京都を美しく彩る紅葉のシーズンが間もなく訪れようとしています。どこを訪れようか気がはやりますね。どうせなら普段は入ることのできない特別な場所へ足を運んでみてはいかがでしょう?

京都では季節ごとに通常非公開の場所が特別に公開され、今年の秋は6箇所の公開が予定されています。中でも紅葉が美しい2箇所をセレクトしてご紹介します。

新選組も眺めた京都の紅葉パノラマ

歴史好きの方はご存知のことと思いますが、金戒光明寺は新選組発祥の地として有名なお寺です。紅葉シーズンになると白砂と杉苔の枯山水庭園は鮮やかな赤へとドラマティックに彩られます。

中でもおすすめは山門からの眺望で、京都市内の紅葉をパノラマで愉しむことができます。
「市内でも遮るものなく全景を見られるのはここだけ。京都の天守閣のようなこの場所から、新選組も京都の未来を思案していたと思いますよ」と金戒光明寺筆頭執事の橋本さん。昔は大阪城まで望めたそうですが、様相が変わり今はあべのハルカスまで見ることができます。

また庭園と山門の特別公開にあわせて、伊藤若冲が手がけた「群鶏図押絵貼屏風」も期間中、展示されています。若冲の繊細な筆致がわかるほど間近で見ることができる貴重な機会です。

 

名建築と紅葉が彩る、美しき旧三井家下鴨別邸

下鴨神社の南に、近代京都の名建築があることを知っていますか? 旧三井家下鴨別邸です。もともと三井家の顕名霊社(あきなれいしゃ)を参拝するための休憩所として建築されました。大正期までに整えられた屋敷構えの保存状態がいいことから、重要文化財にも指定されています。

通常非公開の主屋二階が特別公開され、絵画のように優美で静謐な紅葉を眺めることができますよ。

またこの二階部分ですが、特別公開期間外は貸室としても利用できるんです! 貸室料金を見ると、座敷(定員24名)終日(9時から17時まで)8600円と記載してあり、「これは一人当たりの料金ですよね?」と確認したところ、そうではなく一室あたりの料金だと教えられ、(もしかしたら貸会議室よりも安価なのでは?)と大変驚きました。

家族や仲間と心置きなく、空間ごと愉しむことができます。

仕出し(一人3000円)を頼むこともできます。重要文化財の建物でお食事できるなんてとても贅沢ですね。

普段は立ち入ることのできない場所を訪れて、非日常の特別感に包まれながら最高の紅葉を愉しんでみてはいかがでしょうか。

■金戒光明寺

公開期間:11月9日〜12月2日
時間:9時〜16時30分(16時受付終了)
拝観料:御影堂・大方丈・庭園 大人600円
山門 大人800円
セット券 大人1200円
住所:京都市左京区黒谷町121
電話:075-213-1717(京都市観光協会)
アクセス:京都市バス 「岡崎神社前」下車、徒歩約5分
https://www.kyokanko.or.jp/momiji2018/

■旧三井家下鴨別邸<主屋二階>

公開期間:11月15日〜12月4日
時間:9時〜17時(16時30分受付終了)
見学料:大人600円
住所:京都市左京区下鴨宮河町58−2
電話:075-366-4321
アクセス:京阪電車 「出町柳」駅下車、徒歩約5分
https://www.kyokanko.or.jp/mitsuike/
京都市観光協会:
https://www.kyokanko.or.jp/

取材・文/末原美裕
小学館を経て、フリーの編集者・ライター・Webディレクターに。2014年、文化と自然豊かな京都に移住。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 華やかでシンプルな器 【陶磁器の街を訪ねて】清水寺参道でうつわ巡り|茶わん坂・五条坂で…
  2. 青もみじ 令和元年に訪れたい「もうひとつの京都」【令和ゆかりの神社・青もみ…
  3. 立杭陶の郷 【陶磁器の街を訪ねて】日本六古窯のひとつ、丹波立杭でうつわ巡り|…
  4. 歩くだけで思い描く“京都”を感じられる魅力的な通りです。 【京都人のお墨付き】狂言師・茂山茂さんおすすめの京都甘味「豊松堂…
  5. 【うつわの街を訪ねて】日本で初めて磁器が焼かれた産地、有田でうつわ巡り 【陶磁器の街を訪ねて】400年の歴史が息づく日本磁器発祥の地、有…
PAGE TOP