新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり

出世か左遷か? 三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城 【福島正則編】

人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き方|『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

国宝「十一面観音菩薩立像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 撮影・三好和義

大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に【特別企画 大和奈良四寺のみほとけ】

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年間父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】門限は夏18時に、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

【娘のきもち】門限は夏18時で、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

特別公開中!京都・大雲院「祇園閣」頂上からの見事な眺望【京の夏の旅】

取材・文/末原美裕

京都・祇園に建つ奇想建築『祇園閣』。織田信長・信忠父子の菩提を弔うために創建された大雲院という寺の中に建ち、元々は大倉財閥創始者である大倉喜八郎氏の別邸の一部でしたが、「祇園祭の鉾を一年中見られるように」という大倉喜八郎氏の願いが込められ、祇園祭の鉾を模した祇園閣が建てられました。

祇園閣は、今年で生誕150年を迎える建築家・伊東忠太氏の設計による昭和初期の名建築で、国登録有形文化財にも指定されています。

高さ36メートルの鉾先には金鶴が輝いています。大倉喜八郎氏の卒寿の記念に分身として作られたとも言われています。

満を持して建てられた祇園閣なので、眺望はそれはそれは見事なのですが、閣上までの道程もまた興味を引く作りになっているのです。

通常は非公開のところ、9月30日までの期間限定で特別公開が行なわれています。京都の絶景を眺める絶好のチャンスです。

それでは実際に閣上まで上ってみましょう!

入り口をくぐると、色鮮やかな壁画が現れます。敦煌の壁画の模写が施されており、観無量寿経変相図、釈迦説法図、千手観音図などが描かれています。


階段を昇る間も、見目を楽しませてくれます。

蓮の花をかたどったライトがエキゾチック。

鬼(魔物)を装飾した照明もあり、独特の意匠に目を奪われます。

金箔で作られた極楽浄土のような天井が見えたら、頂上に到着です。

閣上からは、360度京都の絶景が待っています。とくとご覧ください。

2017京都・ミスきもの伊谷英里子さんと。一山向こうには比叡山も見えます。

東山一帯をここまで明瞭に見渡せるのは京都でも祇園閣だけです。

京都タワーから祇園・四条の賑わいも感じられます。

金閣、銀閣に続く“幻の銅閣”とも呼ばれている祇園閣では、今年はもう幕を閉じてしまった祇園祭の偉観をもう少しの期間だけ、引き伸ばして楽しませてくれます。

特別公開は9月30日まで。この機会に京都の絶景を見に訪ねてみてはいかがでしょうか。

【大雲院 祇園閣】
■住所:京都府京都市東山区祇園町南側594-1
■アクセス:市バス206系統「東山安井」下車徒歩約5分
■料金:大人600円、小学生300円
■特別公開期間:〜2017年9月30日(土)※9月26日(火)は拝観休止
■公開時間:10時〜16時(受付終了)
お問い合わせ:075-213-1717(京都市観光協会)

※京の夏の旅:
https://www.kyokanko.or.jp/natsu2017/natsutabi17_01.html#02

※閣上内はすべて一般撮影禁止となっています。

取材・文/末原美裕

【参考リンク】
「そうだ 京都、行こう。」サイト
2017年夏特集「テーマでめぐる京都旅 宇治&伏見」
http://souda-kyoto.jp/tokusyu/summer/2017/index.html

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 華やかでシンプルな器 【陶磁器の街を訪ねて】清水寺参道でうつわ巡り|茶わん坂・五条坂で…
  2. 青もみじ 令和元年に訪れたい「もうひとつの京都」【令和ゆかりの神社・青もみ…
  3. 立杭陶の郷 【陶磁器の街を訪ねて】日本六古窯のひとつ、丹波立杭でうつわ巡り|…
  4. 歩くだけで思い描く“京都”を感じられる魅力的な通りです。 【京都人のお墨付き】狂言師・茂山茂さんおすすめの京都甘味「豊松堂…
  5. 【うつわの街を訪ねて】日本で初めて磁器が焼かれた産地、有田でうつわ巡り 【陶磁器の街を訪ねて】400年の歴史が息づく日本磁器発祥の地、有…
PAGE TOP