新着記事

幹が太い、マスカット・ベーリーAの見事な古木。「父が小学生の時の写真にすでに写っているから、樹齢は少なくとも80年以上」。その前に佇む岸平典子さん。 【日本ワイン生産者の肖像6】岸平典子さん(タケダワイナリー)|創業100年の歴史を持つ老舗で、日本ワインの王道を突き進む女性醸造家。 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今もお金を一切受け取ってくれず……~その2~ 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今も両親はお金を一切受け取ってくれず……~その2~ 【娘のきもち】お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親。その姿が苦手だった~その1~ 【娘のきもち】中高一貫校に入ったことで勉強が好きに。お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親が苦手だった~その1~ 履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方 本多忠勝像 「徳川四天王」家の幕末~そのとき、名将たちの子孫はどう動いたか【にっぽん歴史夜話13】 江戸切子のぐい呑み|珍しい琥珀色のクリスタルガラスに東西の刻みの技が共演 一生仕事を続ける時代、73歳女性も活躍するユーチューバーという職業[PR] 「ヤフオク!」で検索された「猫」を含むキーワードランキング 夏目漱石の小説「吾輩は猫である」初版本(明治40年発行)は12万円超で落札!|「ヤフオク!」で取引された意外な「猫」グッズ 高所恐怖症の人はクラクラしてしまいそうな天井座敷。 ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも!?

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

特別公開中!京都・大雲院「祇園閣」頂上からの見事な眺望【京の夏の旅】

取材・文/末原美裕

京都・祇園に建つ奇想建築『祇園閣』。織田信長・信忠父子の菩提を弔うために創建された大雲院という寺の中に建ち、元々は大倉財閥創始者である大倉喜八郎氏の別邸の一部でしたが、「祇園祭の鉾を一年中見られるように」という大倉喜八郎氏の願いが込められ、祇園祭の鉾を模した祇園閣が建てられました。

祇園閣は、今年で生誕150年を迎える建築家・伊東忠太氏の設計による昭和初期の名建築で、国登録有形文化財にも指定されています。

高さ36メートルの鉾先には金鶴が輝いています。大倉喜八郎氏の卒寿の記念に分身として作られたとも言われています。

満を持して建てられた祇園閣なので、眺望はそれはそれは見事なのですが、閣上までの道程もまた興味を引く作りになっているのです。

通常は非公開のところ、9月30日までの期間限定で特別公開が行なわれています。京都の絶景を眺める絶好のチャンスです。

それでは実際に閣上まで上ってみましょう!

入り口をくぐると、色鮮やかな壁画が現れます。敦煌の壁画の模写が施されており、観無量寿経変相図、釈迦説法図、千手観音図などが描かれています。


階段を昇る間も、見目を楽しませてくれます。

蓮の花をかたどったライトがエキゾチック。

鬼(魔物)を装飾した照明もあり、独特の意匠に目を奪われます。

金箔で作られた極楽浄土のような天井が見えたら、頂上に到着です。

閣上からは、360度京都の絶景が待っています。とくとご覧ください。

2017京都・ミスきもの伊谷英里子さんと。一山向こうには比叡山も見えます。

東山一帯をここまで明瞭に見渡せるのは京都でも祇園閣だけです。

京都タワーから祇園・四条の賑わいも感じられます。

金閣、銀閣に続く“幻の銅閣”とも呼ばれている祇園閣では、今年はもう幕を閉じてしまった祇園祭の偉観をもう少しの期間だけ、引き伸ばして楽しませてくれます。

特別公開は9月30日まで。この機会に京都の絶景を見に訪ねてみてはいかがでしょうか。

【大雲院 祇園閣】
■住所:京都府京都市東山区祇園町南側594-1
■アクセス:市バス206系統「東山安井」下車徒歩約5分
■料金:大人600円、小学生300円
■特別公開期間:〜2017年9月30日(土)※9月26日(火)は拝観休止
■公開時間:10時〜16時(受付終了)
お問い合わせ:075-213-1717(京都市観光協会)

※京の夏の旅:
https://www.kyokanko.or.jp/natsu2017/natsutabi17_01.html#02

※閣上内はすべて一般撮影禁止となっています。

取材・文/末原美裕

【参考リンク】
「そうだ 京都、行こう。」サイト
2017年夏特集「テーマでめぐる京都旅 宇治&伏見」
http://souda-kyoto.jp/tokusyu/summer/2017/index.html

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 早朝こそ美しい京都の寺3選 お坊さんも太鼓判! 早朝こそ美しい京都の寺3選
  2. うずらがゆ 「これを食べるために京都へ来た」と言わしめる、「瓢亭」の季節限定…
  3. 「スポーツの祭典は、文化の祭典!」をテーマにした「Culture NIPPON シンポジウム2018」が行なわれました 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」…
  4. 北九州市立いのちのたび博物館 日本の博物館ランキング2018 トップ20|旅好きが選ぶ第1位は…
  5. 2018年 評価の高い隠れ宿ランキング 2018年 評価の高い隠れ宿ランキング|1位は「下呂温泉 今宵天…
PAGE TOP