新着記事

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

取材・文/池田充枝新しい日本画を世界に認知させ、真に国際性をもった芸術にすべく幅広い…

もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・1|アポロ、挑戦の軌跡

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

あのドレッシング発祥の地!カナダのサウザンアイランド紀行【カナダ・オンタリオ州の旅1】キングストン市内とサウザンアイランドクルーズ

写真・文/石津祐介

カナダの中東部に位置し、トロントやオタワといった主要都市を要するオンタリオ州は、カナダの政治・経済・文化の中心であるだけでなく、自然豊かな数多くの観光スポットが点在する魅力的な旅先である。今回は中でも、世界遺産に登録されている「リドー運河」を中心に、オンタリオ州の様々な見どころを紹介しよう。

かつてカナダの首都であったキングストンの市庁舎

古き良き街、キングストン

今回、筆者の旅の拠点となったのは、オンタリオ州のキングストンという町。1841年から1844年の期間カナダの首都が置かれ、初代首相のジョン・アレクサンダー・マクドナルドの出身地としても知られている。

オンタリオ湖の北岸に位置するこの街は、モントリオールを経て大西洋に注ぐセントローレンス川と、首都オタワを水路でつなぐリドー運河の起点であり、かつては水運の拠点となっていた。

当時、イギリスの植民地であったカナダは五大湖を挟んでアメリカと敵対関係にあり、その侵略に備えて多くの運河を建設していた。物資輸送ルートであったセントローレンス川の封鎖に備え、そのバイパスルートとしてリドー運河は建設された。

リドー運河は全長202kmで、24カ所に47の水門を経て首都オタワへと結んでおり、2007年に世界遺産として登録された。

リドー運河の起点となるキングストンの街

キングストンは小さな街だが、首都が置かれたこともあり歴史的な建造物が建ち並ぶ。また石灰岩で造られた白い建物が多いことから、ライムストーンシティーとも呼ばれている。

ここでは歴史的な建造物と新しい建物が組み合わさるように建てられており、新旧が調和しているのも特徴的だろう。

市庁舎裏の広場では定期的にマーケットも開かれており、オンタリオ州のメープルシロップや生鮮食品、生花、クラフトなど色々な物が売られており、街中の散策と共に立ち寄ってみたい。

ライムストーンが用いられた市庁舎は、キングストンを代表する建造物

歴史的な建造物と近代建築が混じり合うキングストンの街

市庁舎の裏、スプリンガー・マーケット・スクエアではマーケットが開かれている

マーケットでは、オンタリオ州のメープルシロップなどが売られている

キングストンの観光スポットを効率よく見るには、市内の名所を巡るトロリーツアーがおすすめだ。乗り降りが自由で、市庁舎やフォートヘンリーなど8カ所に停車する。

市内の名所を巡る、乗降り自由のトロリーバスツアー

ガイドと市内を徒歩で巡るウォーキング・ツアーも行われており、こちらはじっくりと街を楽しむことができ、キングストンの歴史などを聞きながら、代表的な建築物やマニアックな路地裏などを散策する(解説は英語のみ)

キングストンの観光名所を徒歩で巡るウォーキングツアー

運河防衛の拠点フォートヘンリー

運河を防衛するために1873年に建設された要塞「フォートヘンリー」。セントローレンス川を見渡せる小高い丘の上に建てられ、城壁には多くの砲門が備えられている。要塞はアメリカの侵略に目を光らせ、長年カナダを守ってきた。

現在では内部が公開されており、多くの兵士が駐留した当時の兵舎や食堂などを見ることができるようになっている。

アメリカ軍の侵略に備え、セントローレンス川に向けて設置された大砲

ここは兵士の寝室だった場所。兵士の格好をしたスタッフが施設を案内してくれる

家具や調度品、軍旗などが置かれた士官用の食堂

要塞の中では、衛兵の行進などショーが開催されている

サウザンドアイランズクルーズ

オンタリオ湖からモントリオール、ケベックシティーを経て大西洋に流れ出るセントローレンス川。この川には、サウザンドアイランズと呼ばれる1,000以上の大小様々な島々が集まるエリアがあり、それぞれの島には別荘やホテルが建てられている。島の間が国境線となっており、北側はカナダのオンタリオ州、南側はアメリカのニューヨーク州となっている。サマーシーズンともなれば、両国から多くのバカンス客が訪れ賑わいを見せる。

これらの島々を船で巡るアイランドクルーズは人気があり、セントローレンス川沿いの港から様々なコースが用意されている。

セントローレンス川の島々を巡るアイランドクルーズ

キングストンから出港するアイランドクルーズは、ランチ付きのクルーズが人気で、約3時間のクルージングが楽しめる。港を出港すると丘の上に建つフォートヘンリーが見え、川幅は進むにつれて徐々に狭くなり、島がひしめくサウザンドアイランドへとたどり着く。ここでは小島に建つ小さなものから、城のような豪華なものまで様々な別荘を見ることができ、風光明媚な風景を楽しめる。

そして、ここはサウザンドアイランズドレッシング発祥の地としても知られており、アメリカのホテル経営者であるジョージ・ボルトが所有するボルト城のシェフが考案し、世に広まったと言われている。

キングストンから出港する、クラシカルなデザインのアイランドクルーズ船

大小様々な島に、多くの別荘が建つサウザンドアイランズ

運河と水運の拠点、古都キングストン。カナダの歴史を感じるこの街をじっくりと散策し、クルージングで風光明媚な景色に浸るも良しだ。

*  *  *

今回はここまで。次回は、世界遺産「リドー運河」クルージングの様子とともに、運河沿いの街や豊かな自然を紹介していく。

協力:オンタリオ州観光局 http://www.ontariostyle.com/index.html

カナダ観光局 https://www.canada.jp

写真・文/石津祐介
カメラマン・ライター。旅行、アウトドア、野鳥、航空機などを中心に撮影、取材、執筆を行う。現在、埼玉県飯能市で田舎暮らし中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 知れば知るほど奥が深い。今輝く、神秘の国・ミャンマーを訪ねる【3…
  2. ビールを片手に絵画鑑賞、クラブイベントもあり。イギリス人流、夜の…
  3. ここは日本?ロンドンの不思議な観光スポット「Kyoto Gard…
  4. 知れば知るほど奥が深い。今輝く、神秘の国・ミャンマーを訪ねる【1…
  5. 住んだ人がみな不幸になる「ルート66」の呪われた町。潜入取材の廃…
PAGE TOP