新着記事

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

シニアライダーの8割以上がバイクマナーに自信アリ!!|シニアライダーに関する実態調査

シニアライダーは孤独を好む!? 約9割はソロツーリング派

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

波佐見焼のおひつ2色セット|冷やご飯が、ふっくら炊き立てによみがえる

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

スミカマの槌目模様の包丁|欧米で脚光を浴びる老舗が古風な包丁を近代的にアレンジ

個人的に世界遺産にしたい場所ランキング! 伊勢神宮に阿蘇、東京タワーなど……未登録なのには理由があった?

世界遺産にしたい場所ランキング| 伊勢神宮に鎌倉、東京タワー……登録されないのには理由があった!?

健康オイル、何を選ぶ?

健康オイル、何を選ぶ?|体に良い油の選び方

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

あのドレッシング発祥の地!カナダのサウザンアイランド紀行【カナダ・オンタリオ州の旅1】キングストン市内とサウザンアイランドクルーズ

写真・文/石津祐介

カナダの中東部に位置し、トロントやオタワといった主要都市を要するオンタリオ州は、カナダの政治・経済・文化の中心であるだけでなく、自然豊かな数多くの観光スポットが点在する魅力的な旅先である。今回は中でも、世界遺産に登録されている「リドー運河」を中心に、オンタリオ州の様々な見どころを紹介しよう。

かつてカナダの首都であったキングストンの市庁舎

古き良き街、キングストン

今回、筆者の旅の拠点となったのは、オンタリオ州のキングストンという町。1841年から1844年の期間カナダの首都が置かれ、初代首相のジョン・アレクサンダー・マクドナルドの出身地としても知られている。

オンタリオ湖の北岸に位置するこの街は、モントリオールを経て大西洋に注ぐセントローレンス川と、首都オタワを水路でつなぐリドー運河の起点であり、かつては水運の拠点となっていた。

当時、イギリスの植民地であったカナダは五大湖を挟んでアメリカと敵対関係にあり、その侵略に備えて多くの運河を建設していた。物資輸送ルートであったセントローレンス川の封鎖に備え、そのバイパスルートとしてリドー運河は建設された。

リドー運河は全長202kmで、24カ所に47の水門を経て首都オタワへと結んでおり、2007年に世界遺産として登録された。

リドー運河の起点となるキングストンの街

キングストンは小さな街だが、首都が置かれたこともあり歴史的な建造物が建ち並ぶ。また石灰岩で造られた白い建物が多いことから、ライムストーンシティーとも呼ばれている。

ここでは歴史的な建造物と新しい建物が組み合わさるように建てられており、新旧が調和しているのも特徴的だろう。

市庁舎裏の広場では定期的にマーケットも開かれており、オンタリオ州のメープルシロップや生鮮食品、生花、クラフトなど色々な物が売られており、街中の散策と共に立ち寄ってみたい。

ライムストーンが用いられた市庁舎は、キングストンを代表する建造物

歴史的な建造物と近代建築が混じり合うキングストンの街

市庁舎の裏、スプリンガー・マーケット・スクエアではマーケットが開かれている

マーケットでは、オンタリオ州のメープルシロップなどが売られている

キングストンの観光スポットを効率よく見るには、市内の名所を巡るトロリーツアーがおすすめだ。乗り降りが自由で、市庁舎やフォートヘンリーなど8カ所に停車する。

市内の名所を巡る、乗降り自由のトロリーバスツアー

ガイドと市内を徒歩で巡るウォーキング・ツアーも行われており、こちらはじっくりと街を楽しむことができ、キングストンの歴史などを聞きながら、代表的な建築物やマニアックな路地裏などを散策する(解説は英語のみ)

キングストンの観光名所を徒歩で巡るウォーキングツアー

運河防衛の拠点フォートヘンリー

運河を防衛するために1873年に建設された要塞「フォートヘンリー」。セントローレンス川を見渡せる小高い丘の上に建てられ、城壁には多くの砲門が備えられている。要塞はアメリカの侵略に目を光らせ、長年カナダを守ってきた。

現在では内部が公開されており、多くの兵士が駐留した当時の兵舎や食堂などを見ることができるようになっている。

アメリカ軍の侵略に備え、セントローレンス川に向けて設置された大砲

ここは兵士の寝室だった場所。兵士の格好をしたスタッフが施設を案内してくれる

家具や調度品、軍旗などが置かれた士官用の食堂

要塞の中では、衛兵の行進などショーが開催されている

サウザンドアイランズクルーズ

オンタリオ湖からモントリオール、ケベックシティーを経て大西洋に流れ出るセントローレンス川。この川には、サウザンドアイランズと呼ばれる1,000以上の大小様々な島々が集まるエリアがあり、それぞれの島には別荘やホテルが建てられている。島の間が国境線となっており、北側はカナダのオンタリオ州、南側はアメリカのニューヨーク州となっている。サマーシーズンともなれば、両国から多くのバカンス客が訪れ賑わいを見せる。

これらの島々を船で巡るアイランドクルーズは人気があり、セントローレンス川沿いの港から様々なコースが用意されている。

セントローレンス川の島々を巡るアイランドクルーズ

キングストンから出港するアイランドクルーズは、ランチ付きのクルーズが人気で、約3時間のクルージングが楽しめる。港を出港すると丘の上に建つフォートヘンリーが見え、川幅は進むにつれて徐々に狭くなり、島がひしめくサウザンドアイランドへとたどり着く。ここでは小島に建つ小さなものから、城のような豪華なものまで様々な別荘を見ることができ、風光明媚な風景を楽しめる。

そして、ここはサウザンドアイランズドレッシング発祥の地としても知られており、アメリカのホテル経営者であるジョージ・ボルトが所有するボルト城のシェフが考案し、世に広まったと言われている。

キングストンから出港する、クラシカルなデザインのアイランドクルーズ船

大小様々な島に、多くの別荘が建つサウザンドアイランズ

運河と水運の拠点、古都キングストン。カナダの歴史を感じるこの街をじっくりと散策し、クルージングで風光明媚な景色に浸るも良しだ。

*  *  *

今回はここまで。次回は、世界遺産「リドー運河」クルージングの様子とともに、運河沿いの街や豊かな自然を紹介していく。

協力:オンタリオ州観光局 http://www.ontariostyle.com/index.html

カナダ観光局 https://www.canada.jp

写真・文/石津祐介
カメラマン・ライター。旅行、アウトドア、野鳥、航空機などを中心に撮影、取材、執筆を行う。現在、埼玉県飯能市で田舎暮らし中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。 【創刊30周年特別紀行】-編集長が行く-長崎からマカオへ。信仰が…
  2. 詩情あふれる銀細工レリーフ(ワット・ムーンサーン) 息をのむほど美しい「タイ銀細工工芸」のヒミツを探る旅(チェンマイ…
  3. ハウスボート オランダ人の憧れ「ハウスボート」|水上のタワマン?究極の水上豪邸…
  4. 悲しげなクルーズカイーダの像 マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れ…
  5. Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1) 想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「…
PAGE TOP