新着記事

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

【まんがでわかる地方移住2】地方移住をするために最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

定年世代に注目の新しいキャリア 「顧問」という働き方

文/鈴木拓也企業の「顧問」と聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか?多く…

中古品買取で最も人気なのは、やはりあのブランド!?

最近では、整理するための断捨離の一つの手段として、使わないものを単に捨てるのではなく現金化する!…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

取材・文/池田充枝新しい日本画を世界に認知させ、真に国際性をもった芸術にすべく幅広い…

もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

実録「青春18きっぷ」で行けるJR北海道全線の旅:1日目《函館から苫小牧へ》

話をしてみるとこういうことだった。彼女は函館に住んでいるのだが、鰊弁当となるとどんなデパートや食堂も追いつかない、函館駅のが一番だ!というのである。それは一口だけかじったカズノコの味でもわかる。これまで何回も姿を見ながら何故か避けてきた自分が恥ずかしくなるほどうまい! それにカズノコが多い! ニシンが美味! なのである。

鰊みがき弁当。これで980円!?と驚かされるリッチな内容。美味完食でした。

驚きから我に返った自分と、言うだけ言って満足したオバサンは、待合室の中でお互い鰊弁当を褒めてナットクして、オバサンは改札口へ向かっていった。彼女がいったいどこから出て来たのかわからない。突然の弁当褒めは、かつてない体験だったが、ああやって褒められると、一層うまく感じられるね。

お弁当を食べ終わるころ、長万部行きが入線してきた。

長万部の駅前には、「まんべくん」の顔だし看板が立っていた。名産のホタテ、アヤメ、そしてカニを組み合わせた街のキャラクターだ。

長万部から先は室蘭本線に乗車する。本数が少ない小樽まわりの通称「山線」を先にかたづけておきたかったが、考えた以上に速度が遅く小樽へ着いた頃には日没を過ぎてしまうのだ。

噴火湾の描くカーブに沿って走る森駅から長万部駅まではお気に入りの区間だ。いまの日本では珍しい非電化複線区間があり、架線柱がないから海がいっそう広くみえる。窓から水平線を眺めていると突然貨物列車や特急列車が現れる。

五能線や羽越本線のような奇岩はないが、スコーンと抜けた海岸風景は素晴らしい。ふと「今回の旅・車窓ベスト10」を考えることにし、まずその候補に加える。

ページ:

1 2 3

4

5

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「ゴジラ岩」を知っていますか?夕日絶景ランキングTOP10
  2. 6日目《北見から美深へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日…
  3. 6日目《北見から美深へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日…
  4. 江戸時代の面影を残す 絞り染めで栄えた有松【日本の古い街並み紀行…
  5. 5日目《根室から北見へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日…
PAGE TOP