新着記事

日常生活に必須の「7つの力」を無理なく向上させるエクササイズ|『カラダのおくすり体操』

加齢で衰えた「転ばない力」を回復させるエクササイズ|『カラダのおくすり体操』

この一体化した金属を外せ!脳活パズル『はずる』にハマる人続出

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』

拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』

ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ

死絵展・八代目市川団十郎安政元年(1854)頃①

有名人の訃報を知らせる錦絵|もっとも多く死絵の題材となったのは八代目市川団十郎【企画展「死絵 ~明るく笑ってさようなら~」】

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

機内食を味わい尽くすだけの旅 (パラダイス山元の旅行コラム 第4回)


夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日は「旅行」をテーマに、パラダイス山元さんが執筆します。

文/パラダイス山元(ミュージシャン・エッセイスト)

パラダイスさんは、そもそも旅好きなんですか?

答えに窮しますね。本当はもう、あまり好きではないのかもしれません。どこへ行こうかとプランを練ったり、航空券やホテルの手配をネットで延々とやっていることが楽しかった。でも、歳をとってくると、そういう一切合切のことが億劫になったり、面倒くさくなってくるもの。

なんでも面倒くさくなってくるというのは、認知症の初期症状だと同級生のお医者さまから、懇切丁寧にお説教いただきました。あと、人前での下ネタ連発は、やや重めの症状かもとのこと。

でも、添乗員同行のツアーに参加するなんて、プライドが許しませんので、ここはがんばって予約を入れるしかありません。

成田空港からの出発は、まだ国内なのに、この場所へ来ただけで、もう海外への一歩を踏み出した感がハンパなくて好きです。日本の玄関。

 

↓とってもいい眺めです。ずっとここで飛行機を眺めていたいです。成田空港第1ターミナル

先日、招待制高級紳士餃子レストラン「蔓餃苑」にお越しいただいた、フレンチの大御所「Restaurant Ryuzu」の飯塚隆太シェフが、帰り際「今、ANA欧州線のビジネスクラスの機内食を担当しているので、パラダイスさん、よかったら食べに乗ってみてください」と。

メニューに、ANAでしか出会えないお食事とあります。

「食べにお越しください」ではなく、「食べに乗ってみてください」というのは、とても新しい響きに感じました。と同時に、そういうことを言える飯塚シェフが、まずはうらやましいなと。

シェフ本人不在というのがわかっていながら招かれるというのは、妙な感覚です。いないけど行く。

何人かで集ってお店に行って、フレンチのフルコースをいただいて、シャンパンやワインを数本開けたとしても、お一人様 数万円のお勘定で済むはずのものが、単純にビジネスクラスで欧州へ飛ぶということは、最低でも60万円以上します。日によっては、軽く100万円を超えてしまいます。うーむ、食べたいけれど、先立つものが……。

食べるために乗る。食べる前にとる、チケットを。

社交辞令だったにせよ、真に受けると恐ろしいお誘いに、まんまとのることを選択しました。正直なところ、どんなロングフライトでも、リクライニングを少しも倒さないで平気でいられるほどの、エコノミークラス大好き症候群の私。ここしばらくビジネスクラスには乗っていませんでした。

移動手段、旅先での食事までケチケチした「節約旅」に慣れてしまっていると、ビジネスクラスを予約する行為だけで、ずいぶんと高揚してきます。

極力キャッシュアウトなしの方向で、飯塚シェフ渾身のパワープレイにありつけるその方法は、コツコツ貯めていたマイルを特典航空券に変えること。こういう時に使わないで、いつ使うのか!

ビジネスクラスに自腹で乗れるように……、いつまで経ってもそういう心境になれない自分がここにいます。

機内食を食べることだけが目的の旅は、私のミリオンマイラー人生でも、完全に初でした。

どうせなら、食べて、タッチ()して、また同じ飛行機に乗って帰ってくるというのが、タイムロスもなくて効率がよいと考えていたのですが、あまりに直前すぎて該当する特典航空券枠がそもそも見つかりません。しょうがないので、タッチは諦めて、ならば特典航空券の利用条件を活かした「欧州ぐるぐる」で、しのぐことにしました。

※タッチとは:目的地に着くやいなや、乗ってきた飛行機、または隣のスポットで出発地に向かおうとしている飛行機に乗り継いで、スグに出発地へ戻ってくること(「パラダイス山元の飛行機の乗り方」新潮文庫、19ページより)。

往路は、成田→デュッセルドルフ(ドイツ)→フランクフルト(ドイツ)→ビルン(デンマーク)。

そもそも、デュッセルドルフにはなんの用もありません。フランクフルトにもまったく用がありません。最終目的地をデンマークにするため、経由地を検索してたら、これしか出てきませんでした。サンタクロースの寄り合いが、首都コペンハーゲンから離れたユトランド半島の北端、フレゼリクスハウンという街であるというので、それにかこつけて最終目的地をコペンハーゲンではなく、近めのビルンにしました。近めといってもクルマで300km以上も移動しないといけません。やれやれです。なんだか本格的な旅の予感がしてきました。

アペタイザーの「海老と大根のラヴィオリ見立て 蜂蜜レモンドレッシングで/鶏モモ肉のコンフィーの冷製 ピペラードを乗せて」は、メインが来る前に、何度でもおかわりしたくなりましたが、グッと抑えました。原則、おかわりはできません。

飯塚シェフが監修したビジネスクラスの洋食は、調理方法や、その後の機内での温度管理、CAさんによる狭いギャレーでの盛りつけなど、厳しい条件の中、よくぞここまで!という逸品でした。

搭乗後、飯塚シェフに「今からお料理いただきます」とメールしたところ、メインをいただいている途中、「パラダイスさん、焼きとうもろこしのキッシュもぜひ召し上がってみてください」と、返信がありました。もう、地上も、機上も、ネット環境は関係なくなりましたね。

メインの選択肢に、ベジタリアン用のメニューとしてもあった「焼きとうもろこしのキッシュ」は、CAさんに聞くと追加オーダーが可能ということなので、お願いしました。夏らしさを感じるサクサクした食感は、無限に何皿でもいけそうです。

「焼きとうもろこしのキッシュ」。付け合わせの野菜も夏らしさいっぱいでした。

メインディッシュの「仔牛タンドロンのプレゼ」は、肉質の柔らかさとバージンオリーブオイルが香るソースが絶妙なうえ、欧州客が満足できる量で大変満足しました。質も大事ですが、量も大事です、私にとっては。

「仔牛タンドロンのプレゼ」には、辛口の白ワインが合います。

ついに、機内食を食べるだけの旅の目的は、完遂しました。

食べるためだけに乗ってよかったと、心から思える「機内食を味わい尽くす旅」。

この後の行程はロスタイムも同然。いや、サンタクロースのみなさんとの懇親会が待っています。

↓現代の水琴窟。「B787-9」のバキューム音、かなり好きです。

↓「B747-400」 は、実にエレガントです。

↓デュッセルドルフからフランクフルトの接続便で、ブロッケン現象に遭遇しました。

最終目的地 ビルン空港の目の前は、本場のレゴランド。でも、朝4時には開いてませんので、今回はスルーです。

あれもこれもではなく、「旅の目的をひとつに絞る」ことの大事さを再確認。

もったいないと思い出してしまったら、その無限ループにハマってしまいます。もったいないと思わなくなるようになったら、それはそれで認知症の疑いがあるそうなのですが……。

文/パラダイス山元(ぱらだいすやまもと)
昭和37年、北海道生まれ。1年間に1024回の搭乗記録をもつ飛行機エッセイスト、カーデザイナー、グリーンランド国際サンタクロース協会公認サンタクロース日本代表、招待制高級紳士餃子レストラン蔓餃苑のオーナー、東京パノラママンボボーイズで活躍するマンボミュージシャン。近著に「なぜデキる男とモテる女は飛行機に乗るのか?」(ダイヤモンド・ビッグ社)、「読む餃子」「パラダイス山元の飛行機の乗り方」(ともに新潮文庫刊)など。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日産 スカイライン2000GT-R|そのクルマはいつまでもココロ…
  2. ブリヤート共和国:日本の教科書にも旅行ガイドブックにも載っていな…
  3. トヨタ1600GT|そのミステリアスな存在は、気になって仕方ない…
  4. 地域密着型の企業スポーツで地域経済を活性化したい!(川合俊一の暮…
  5. プロレス体験でストレスを受け流す!「闘う本能」を呼び起こす!!(…
PAGE TOP