新着記事

トキワ荘

手塚治虫、藤子・F・不二雄、藤子不二雄(A)、石ノ森章太郎、赤塚不二夫が暮らした「トキワ荘」の精神的支柱、寺田ヒロオを知っていますか?

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(後編) 対応編【異文化リテラシー レッスン4】

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(後編) 対応編【異文化リテラシー レッスン4】

自律神経を整えるのはどっち?|上司や取引先から 理不尽に叱られたら、反論する、沈黙する?【不摂生でも病気にならない人の習慣】

小学1年生の「将来就きたい職業」、親の「就かせたい職業」トップ10

【新型コロナウイルスの影響に戦々恐々】8割近くの非正規労働者が「将来に不安がある」と回答! 安定した仕事のために必要なものとは…?

新型コロナウイルスで生じた「非正規雇用」と「正社員」の待遇の差

大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。

これからの暮らしに大切な「パッシブデザイン」という考え方|パッシブデザイン住宅 参創ハウテック[PR]

勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。

快適な暮らしと防災対策が両立した家|センチュリースタイルプロ ミサワホーム[PR]

居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

安心・安全に暮らすために選ぶ サービス付き高齢者向け住宅|積和グランドマスト 積水ハウスグループ[PR]

【ビジネスの極意】なぜ日本の若手社員はアジアで1番出世欲がないのか?

【ビジネスの極意】なぜ日本の若手社員はアジアで1番出世欲がないのか?

犬は30万円、猫は16万円。1年間にかかるペットの費用はいくら?

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

老化を遅らせると注目の「成長ホルモン」7つのすごい期待効果【予防医療最前線】

文/緒方文大

ガリヴァ旅行記の筆者、ジョナサン・スイフト(Jonathan Swift)は「誰もが長生きしたい。しかし、老いない人はいない。」と語ったとされています。この事実は約400年経った現在も変わりませんが、老化のスピードを落とす事ができる新たな一手として「成長ホルモン」が注目を集めています。

そもそも成長ホルモンとは?

成長ホルモンは脳の下垂体という所から分泌されるホルモンで、その名の通り、身体の各器官に働きかけて成長を促したり傷ついた組織を修復したりする作用があります。

この成長ホルモンの分泌は加齢に伴って減少することが知られています。思春期にピークを迎えた後、成人期には50%以下、その後10年に14%減少していき、70歳代では30%以下の分泌量となってしまいます(*1)

成長ホルモンが低下すると、疲れやすさ・スタミナ低下・集中力低下・気力低下・認知機能低下・うつ状態・性欲低下などと同時に、骨密度の減少・筋肉量の減少・内臓脂肪の蓄積を認めるようになります。まさにこれは加齢で認められる症状に類似しており、加齢に伴う成長ホルモン分泌低下の事実と併せて、成長ホルモンのアンチエイジング効果に注目が集まっているのです(*2)

実際、成長ホルモンを投与することにより、80%以上の方で活力の増強・健康状態の改善、60%以上の方で美容効果・体脂肪の減少、運動能力の向上・性的能力の向上、50%以上の方で認知機能改善が得られたとの報告があります(*3)。このような事実から、ハーバード大学(Harvard Medical School)の調査によると、アメリカ食品医薬品局(FDA)の承認を獲得していないにも関わらず、年間2~3万人ものアメリカ人が、成長ホルモンを摂取しているとされています。

*  *  *

次はアンチエイジング効果が期待されている成長ホルモンについて、医学的・科学的知見をもとに解説していきましょう。

成長ホルモンのメリット

(1)脂肪を減らす
成長ホルモン投与により除脂肪組織の増加を引き起こし、体脂肪、特に内臓脂肪を減少させることが知られています。健常人に対して、成長ホルモンを投与したところ、除脂肪体重を2.1Kg増加させ、体脂肪を10%減少させたとの報告があります(*4)

(2)骨を丈夫にする
成長ホルモン投与により骨皮質の増加、骨形成の増加、骨吸収の減少を認め、骨密度が上昇することが知られています。高齢者に成長ホルモンを48週間投与したところ、骨密度の有意な上昇を認め、その効果は投与中止後1年後も持続していたとの報告があります(*5)。

(3)筋力アップ
成長ホルモンは筋肉の再構成に重要な役割を果たすことが知られています(*6)。成長ホルモン投与によって筋肉の断面積の増加を引き起こし、10%の筋力増強を認めたとの報告があります(*7)

(4)肌艶を改善する
成長ホルモンの抗利尿作用により、腎臓での水分再吸収を促進する結果、体液量が増加し、肌の色艶が改善したとの報告があります(*4)

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【医師に緊急アンケート】新型コロナウイルスの感染が疑われる患者さ…
  2. 職場の大迷惑!インフルエンザ・ハラスメントの実態
  3. 「老後の生活や年金」「台風・豪雨・洪水」「あおり運転」|令和元年…
  4. 運動 「メタボ」「疲れやすい」は、筋肉の衰えのシグナル
  5. 「健康寿命を10年引き延ばす」呼吸を改善する生活習慣とは? 健康寿命を10年引き延ばす|呼吸を改善する生活習慣とは?
PAGE TOP