搭乗後、飯塚シェフに「今からお料理いただきます」とメールしたところ、メインをいただいている途中、「パラダイスさん、焼きとうもろこしのキッシュもぜひ召し上がってみてください」と、返信がありました。もう、地上も、機上も、ネット環境は関係なくなりましたね。

メインの選択肢に、ベジタリアン用のメニューとしてもあった「焼きとうもろこしのキッシュ」は、CAさんに聞くと追加オーダーが可能ということなので、お願いしました。夏らしさを感じるサクサクした食感は、無限に何皿でもいけそうです。

「焼きとうもろこしのキッシュ」。付け合わせの野菜も夏らしさいっぱいでした。

メインディッシュの「仔牛タンドロンのプレゼ」は、肉質の柔らかさとバージンオリーブオイルが香るソースが絶妙なうえ、欧州客が満足できる量で大変満足しました。質も大事ですが、量も大事です、私にとっては。

「仔牛タンドロンのプレゼ」には、辛口の白ワインが合います。

ついに、機内食を食べるだけの旅の目的は、完遂しました。

食べるためだけに乗ってよかったと、心から思える「機内食を味わい尽くす旅」。

この後の行程はロスタイムも同然。いや、サンタクロースのみなさんとの懇親会が待っています。

↓現代の水琴窟。「B787-9」のバキューム音、かなり好きです。

↓「B747-400」 は、実にエレガントです。

↓デュッセルドルフからフランクフルトの接続便で、ブロッケン現象に遭遇しました。

最終目的地 ビルン空港の目の前は、本場のレゴランド。でも、朝4時には開いてませんので、今回はスルーです。

あれもこれもではなく、「旅の目的をひとつに絞る」ことの大事さを再確認。

もったいないと思い出してしまったら、その無限ループにハマってしまいます。もったいないと思わなくなるようになったら、それはそれで認知症の疑いがあるそうなのですが……。

文/パラダイス山元(ぱらだいすやまもと)
昭和37年、北海道生まれ。1年間に1024回の搭乗記録をもつ飛行機エッセイスト、カーデザイナー、グリーンランド国際サンタクロース協会公認サンタクロース日本代表、招待制高級紳士餃子レストラン蔓餃苑のオーナー、東京パノラママンボボーイズで活躍するマンボミュージシャン。近著に「なぜデキる男とモテる女は飛行機に乗るのか?」(ダイヤモンド・ビッグ社)、「読む餃子」「パラダイス山元の飛行機の乗り方」(ともに新潮文庫刊)など。

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
6月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品