新着記事

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

加重ブランケット『スラウン』|ほどよい圧力で包み込み、快眠に誘う“重たい毛布”

カクシゴトが引き金になる●●離婚とは…|離婚の原因いろいろ

「熟年離婚」「成田離婚」「マザコン離婚」|離婚の原因あれこれ

美意識

美意識が高い40代以上が憧れる女性芸能人TOP3は「天海祐希」「吉永小百合」「北川景子」

進学に関する保護者の意識調査

子供の進学に親はどこまで関与する?|保護者が我が子の進学先を選ぶポイントとは?

8号帆布のデイパックと薄マチショルダーバッグ|シンプルで使いやすい。質実剛健な帆布バッグ

(2)キース・ジャレット『ケルン・コンサート』

「都市」と共演するキース・ジャレットのソロ・ピアノ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道32】

不動産のプロ104人に聞いた、30年後に価値の落ちない物件とは|東京近郊のタワーマンションで一番価値が上がるエリアは!?

間違いだらけのタワマン選び|不動産のプロ100人に聞いた「価値が下がらないタワーマンションエリアランキング」(東京近郊編)

雇用保険、健康保険について【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

定年後の「雇用保険」「健康保険」、どうしたらいい?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

エコ・ドライブ グローバル電波時計|僅かな光を動力にする「エコ・ドライブ」搭載。海外対応の電波時計ゆえ時刻合わせは不要

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史

古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君臨してきたロシア。首都モスクワやロマノフの帝都サンクト・ペテルブルクは、華麗で重厚な文化の香りで有名だ。

しかし都市から離れた郊外には、一転して素朴な風景が広がる。タマネギ型の屋根が印象的な教会などがそびえる風景からは、ロシアの原風景ともいえる深みを感じることができるのだ。

そんな夏のロシアを旅するなら、ボルガ河クルーズがおすすめだとおっしゃるのは、ワールド航空サービス社ロシア担当部長の松﨑浩さん。

「ロシアの旅は、モスクワからサンクトペテルブルクの二都市に泊まって観光するのが一般的ですが、ボルガ河と運河を辿っていく船旅は、航空機であれば数時間でひとっ飛びするところを、一週間近くかけてクルーズしていきます。それにより、ロシアの広大さ、素朴な田舎の風景にふれて、ロシア文化とはこういうところで育まれてきたのかと思いが至ります。ロシアを深く知り、旅を終えた後にはロシアをきっと好きになっていると思います。」(松﨑さん)

そんなボルガ河クルーズの魅力とは、どのようなものなのだろうか? 以下に紹介していこう。

モスクワの港

モスクワの港は、ボルガ河を進む「水の道」を通じてサンクト・ペテルブルク港まで続く。ロシアを代表するこの2大都市間は、いまでこそ鉄道を利用すれば最速で4時間半、寝台列車でも8〜9時間あればたどり着けるが、鉄道や飛行機ができる前は川を辿る水路が欠かせなかったのだ。

ちなみに、モスクワとサンクト・ペテルブルクの高低差は160メートル。この水路を整えるべく、ロシアは貯水湖や水門を造り、運河を掘った。いわば国運をかけた大事業だったのである。

古都ウグリチとウグリチ水門

ウグリチは、イヴァン雷帝の息子であるドミトリー・イヴァノヴィチ皇太子が殺害されたこととして知られる。他にも不可解な悲劇が生まれているが、そのような歴史とは対照的に、町の美しさは格別である。

ウグリチの水門

10世紀、ボルガ川を見下ろす高台に建てられたカラフルなウグリチのクレムリン、ロシアで最も古い修道院のひとつであるアレクセイエフスキー修道院、コンパクトな建物のなかにさまざまなストーリーが詰め込まれたウグリチ伝説博物館など、この地に刻まれた数々の歴史を知ることができるのだ。

アレクセイエフスキー修道院

また、ロシアの酒造会社のオーナーであるピョートル・スミルノフが生まれた地だということで、100年以上の歴史を持つウォッカの魅力を堪能できるロシア・ウォッカ博物館もある。

ゴーリツィとキリロ・ベロゼルスキー修道院

ロシア最大級の教会として有名な、キリロ・ベロゼルスキー修道院があるのがゴーリツィ。豊かな自然に囲まれ、ゆったりと時が流れるのどかな町だ。そして、湖畔から少し進むと現れるのが、白く美しい城壁が印象的なキリロ・ベロゼリスキー修道院である。

その歴史は、古く14世紀にまで遡ることが可能。モスクワの貴族ヴェリヤミノフ家の子孫である創立者の聖キリルが、60歳になってから設立した。

かつては、200人もの修道士が暮らしていたのだという。城壁内には礼拝堂や聖堂があり、そのいくつかは現在もおよそ10名の修道士によって使われている。そのため、かつてのロシア正教会の暮らしがどのようなものだったかを推測することができる。

キジ島の木造協会

フィンランドとの国境に隣接し、ロシア連邦カレリア共和国のオネガ湖に浮かぶキジ島。16世紀のころは、周辺の島々に住むカレリア人の集落の中心地として栄えた。

シンボルであるプレオブラジェンスカヤ教会とポクロフスカヤ教会の原型は、当時からすでに存在していたというが、焼失または老朽化によって破壊されたため、1714年に現存するプレオブラジェンスカヤ教会が建設された。

高さ37メートル。ロシア正教特有の、ネギのような形をした22のドームを有する建造物だ。このようなドームを持つ教会はロシアに多いが、特徴的なのはその構造である。建設に際して釘は1本も使われておらず、すべてが木で作られているのだ。長い時を経た木材は、経年変化によるいぶし銀のような光沢によって人々を魅了する。

なおプレオブラジェンスカヤ教会は夏用の聖堂だったため、1764年には、隣接する形で9つのドームを持つポクロフスカヤ教会が、さらに1874年には鐘楼が建設され、160年をかけて3つの木造教会群が建設されることとなったのだ。

14世紀に創建されたロシア最古の木造建築である、ムーロム修道院のラーザリ復活教会がそうであるように、温かみのある木造建築には日本人の琴線に触れる懐かしさがある。

マンドロギ村

ロシア近代文学の先駆者であるアレクサンドル・プーシキンは、「ルスランとリュドミラ」に代表されるメルヘンオペラを残したが、その世界観をテーマパークとして再現したのがマンドロギ。

草木が生い茂り、美しい花が咲き乱れる、おとぎ話の中に入り込んでしまったかのような雰囲気が魅力だ。森に入り込むと、プーシキンの世界の登場人物が次々と現れるので、童心に返って楽しむことができる。

サンクト・ペテルブルク

サンクト・ペテルブルクは、首都がモスクワに移された1914年まで首都が置かれ、ロシア第2の都市として発展した街。豊富な水の流れが美しく、「北のベネツィア」との異名を持つ。

美術の街としてもその名を知られ、大英博物館・ルーブル美術館と並ぶ世界3大美術館のひとつであるエルミタージュ美術館は必見。もともとは皇族専用だったが、コレクションの増加とともに増築を繰り返した結果、一般観覧も可能な現在の国立美術館になったという経緯がある。

また当然ながら、文学やバレエなどの芸術も楽しみ甲斐満点。市内を流れるネヴァ川に沿ったクルーズも、ぜひ体験しておきたいところだ。

ご紹介したように、ボルガ河クルーズは見どころも多く、予想以上に奥が深そう。ロシアの歴史を辿ることになるのだから当然といえば当然だが、単なる観光とは違った体験ができるのだろう。

サッカーワールドカップ大会の開催地としても注目を集めるロシア。この夏の旅先として検討してみてはいかがだろうか。

【参考ツアー】
世界遺産キジ島と母なる大河ボルガの船旅

文/印南敦史
協力/ ワールド航空サービス(http://www.wastours.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 2016年に増築改装したヴェルダン戦場記念館 第一次世界大戦:700万人の戦争捕虜たちの信じられない生活
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。 【創刊30周年特別紀行】-編集長が行く-長崎からマカオへ。信仰が…
  3. 詩情あふれる銀細工レリーフ(ワット・ムーンサーン) 息をのむほど美しい「タイ銀細工工芸」のヒミツを探る旅(チェンマイ…
  4. ハウスボート オランダ人の憧れ「ハウスボート」|水上のタワマン?究極の水上豪邸…
  5. 悲しげなクルーズカイーダの像 マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れ…
PAGE TOP