新着記事

年収が高い都道府県ランキング|1位は東京都で平均474万円

年収が高い都道府県ランキング|1位は東京都で平均474万円

五木寛之さんの60年にわたる作詞活動の集大成!『歌いながら歩いてきた』CD&DVD5枚組セット

【管理栄養士が教える減塩レシピ】フライパンで作る! おうちで燻製レシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】フライパンで スモークチーズが作れる!カンタン「燻製」入門

【ビジネスの極意】「モチベーション」と「やる気」は違います

【ビジネスの極意】「モチベーション」と「やる気」は違います

日常生活に必須の「7つの力」を無理なく向上させるエクササイズ|『カラダのおくすり体操』

加齢で衰えた「転ばない力」を回復させるエクササイズ|『カラダのおくすり体操』

この一体化した金属を外せ!脳活パズル『はずる』にハマる人続出

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

京都小倉山・常寂光寺|古の歌人たちが愛した寺で情緒薫る散策を楽しむ【京都、初夏の新緑散歩】

取材・文/末原美裕

牡鹿なく小倉の山の裾近みただひとりすむわが心かな
(『山家集』上、秋歌)

西行法師が小倉山で残した歌で、「牝鹿が鳴く小倉の山裾近くにただ独り住んでいると、世の中の煩わしいことにとらわれることもなく、我が心は澄んでいくものだ」、という悟りの境地を開いたかのような気持ちが綴られています。

この他にも、百人一首で広く知られている小倉山には、多くの和歌が残されています。

平安時代より嵯峨野の地は、皇族や貴族の離宮、山荘をかまえる景勝地として有名でした。特に小倉山、亀岡、嵐山の山麓は、後嵯峨上皇の亀山殿、兼明親王の雄倉殿、藤原定家の小倉山荘の他、八条院高倉、待賢門院の中納言局、藤原公雄、藤原光経、飛鳥井雅有、覚性法親王や西行法師、涌蓮、向井去来など公家や歌人が好んで別荘や菴を構えた地域です。

そして後嵯峨上皇が吉野の桜を嵐山に移植してからは、嵐山は桜の名所、小倉山は紅葉と鹿の名所として多くの人から親しまれてきました。

そんな小倉山山腹に位置する常寂光寺は今、鮮やかで色濃い青もみじで覆われています。

葉が小さいのはイロハモミジ、実を葉の下につけているものはオオモミジ。様々な種類のもみじが幾重にも重なり鮮やかな緑のグラデーションとなっています。

常寂光寺は、1561年に究竟院日禛上人(くきよういんにっしんしょうにん)が開山しました。宗学と歌道への造詣が深く、加藤清正、三好吉房、小出秀政、小早川秀秋、瑞竜院日秀 (秀吉の実姉)、その他京都町衆の帰依者も多かったそうです。

1595年に豊臣秀吉が建立した東山方広寺大仏殿の千僧供養への出仕・不出仕をめぐって、京都の本山が二派に分裂したとき、上人は、不受不施の宗制を守って、出仕に応じず、やがて本圀寺を出て小倉山の地に隠栖し、常寂光寺を開創したそうです。

この場所を選んだのは、古くから歌枕の名勝として名高く、俊成、定家、西行などのゆかりの地であったからと言われています。

時雨亭跡の石碑。

藤原定家の小倉山荘の場所については、諸説ありますが、常寂光寺の仁王門北側から二尊院の南側にあったのではないかと伝えられています。「小倉百人一首」をそこでまとめたとも言われており、この情緒漂う雰囲気に触れると、この場所が選ばれた訳もわかる気がしてきます。

石段を登りきると、高さ約12メートルの多宝塔とともに嵯峨野の景色が一望できます。

常寂光寺のご住職である長尾 憲佑氏は「和歌はタイムカプセルのようなもの。千年以上前の情景や思いが詰まっています。和歌を仕入れてから散策するとより趣深いお詣りとなりますよ」とおすすめしてくださいました。

和歌の世界の情緒を求めて、清々しい常寂光寺の境内をぜひ散策してみてください。

常寂光寺
住所:京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3
アクセス: JR山陰本線(嵯峨野線)「嵯峨嵐山」駅下車、徒歩15分
拝観時間:9:00~17:00 (受付終了16:30)
拝観料金: 500円
電話:075-861-0435

JR東海「そうだ 京都、行こう。」青もみじ御朱印めぐり:
http://souda-kyoto.jp/travelplan/early-summer_sp/index.html

取材・文/末原美裕

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 歩くだけで思い描く“京都”を感じられる魅力的な通りです。 【京都人のお墨付き】狂言師・茂山茂さんおすすめの京都甘味「豊松堂…
  2. 水田玉雲堂の唐板 【京都人のお墨付き】狂言師・茂山茂さんおすすめの京都手土産「水田…
  3. 早朝こそ美しい京都の寺3選 お坊さんも太鼓判! 早朝こそ美しい京都の寺3選
  4. うずらがゆ 「これを食べるために京都へ来た」と言わしめる、「瓢亭」の季節限定…
  5. 「スポーツの祭典は、文化の祭典!」をテーマにした「Culture NIPPON シンポジウム2018」が行なわれました 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」…
PAGE TOP