新着記事

現代美術作家・杉本博司の視線で天正少年使節の足跡をたどる展覧会

取材・文/藤田麻希1582年、長崎のキリシタン大名が4人の少年、伊東マンショ、千々石ミゲル、…

ビートルズ「イエスタデイ」がジャズの最高難度曲である理由【JAZZ絶対名曲コレクションvol.2】

文/編集部サライ責任編集でお届けしているCDつき隔週刊マガジン『JAZZ絶対名曲コレクション…

成功する『定年前リフォーム』は妻の本音を聞くこと

文/印南敦史『定年前リフォーム』(溝口千恵子、三宅玲子著、文春新書)の初版が発行され…

全国の「社長さん」に聞きました! 正直、モテますよね?

一度でいいからモテモテの気分を味わってみたい!? 社会的身分の高い社長は果たしてモテるのか?…

年金生活で1カ月に自由に使えるお金は夫婦で18万958円!|60代からのライフプランの作り方

知っておきたい60代からのライフプラン自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、お金の面から…

だるい、眠い、プチ不調|あなたの「疲れ」を取る方法

文/中村康宏前回の記事『「疲労物質=乳酸」はもう古い|「疲れ」はどこから来るのか』で疲労…

タワマンの低層階は負け組扱い?マンション格差ランキング

同じマンションでも、広さや間取り、階数やバルコニーの向きなどによって価格は異なる。それゆえ、…

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

旅行

京都小倉山・常寂光寺|古の歌人たちが愛した寺で情緒薫る散策を楽しむ【京都、初夏の新緑散歩】

取材・文/末原美裕

牡鹿なく小倉の山の裾近みただひとりすむわが心かな
(『山家集』上、秋歌)

西行法師が小倉山で残した歌で、「牝鹿が鳴く小倉の山裾近くにただ独り住んでいると、世の中の煩わしいことにとらわれることもなく、我が心は澄んでいくものだ」、という悟りの境地を開いたかのような気持ちが綴られています。

この他にも、百人一首で広く知られている小倉山には、多くの和歌が残されています。

平安時代より嵯峨野の地は、皇族や貴族の離宮、山荘をかまえる景勝地として有名でした。特に小倉山、亀岡、嵐山の山麓は、後嵯峨上皇の亀山殿、兼明親王の雄倉殿、藤原定家の小倉山荘の他、八条院高倉、待賢門院の中納言局、藤原公雄、藤原光経、飛鳥井雅有、覚性法親王や西行法師、涌蓮、向井去来など公家や歌人が好んで別荘や菴を構えた地域です。

そして後嵯峨上皇が吉野の桜を嵐山に移植してからは、嵐山は桜の名所、小倉山は紅葉と鹿の名所として多くの人から親しまれてきました。

そんな小倉山山腹に位置する常寂光寺は今、鮮やかで色濃い青もみじで覆われています。

葉が小さいのはイロハモミジ、実を葉の下につけているものはオオモミジ。様々な種類のもみじが幾重にも重なり鮮やかな緑のグラデーションとなっています。

常寂光寺は、1561年に究竟院日禛上人(くきよういんにっしんしょうにん)が開山しました。宗学と歌道への造詣が深く、加藤清正、三好吉房、小出秀政、小早川秀秋、瑞竜院日秀 (秀吉の実姉)、その他京都町衆の帰依者も多かったそうです。

1595年に豊臣秀吉が建立した東山方広寺大仏殿の千僧供養への出仕・不出仕をめぐって、京都の本山が二派に分裂したとき、上人は、不受不施の宗制を守って、出仕に応じず、やがて本圀寺を出て小倉山の地に隠栖し、常寂光寺を開創したそうです。

この場所を選んだのは、古くから歌枕の名勝として名高く、俊成、定家、西行などのゆかりの地であったからと言われています。

時雨亭跡の石碑。

藤原定家の小倉山荘の場所については、諸説ありますが、常寂光寺の仁王門北側から二尊院の南側にあったのではないかと伝えられています。「小倉百人一首」をそこでまとめたとも言われており、この情緒漂う雰囲気に触れると、この場所が選ばれた訳もわかる気がしてきます。

石段を登りきると、高さ約12メートルの多宝塔とともに嵯峨野の景色が一望できます。

常寂光寺のご住職である長尾 憲佑氏は「和歌はタイムカプセルのようなもの。千年以上前の情景や思いが詰まっています。和歌を仕入れてから散策するとより趣深いお詣りとなりますよ」とおすすめしてくださいました。

和歌の世界の情緒を求めて、清々しい常寂光寺の境内をぜひ散策してみてください。

常寂光寺
住所:京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3
アクセス: JR山陰本線(嵯峨野線)「嵯峨嵐山」駅下車、徒歩15分
拝観時間:9:00~17:00 (受付終了16:30)
拝観料金: 500円
電話:075-861-0435

JR東海「そうだ 京都、行こう。」青もみじ御朱印めぐり:
http://souda-kyoto.jp/travelplan/early-summer_sp/index.html

取材・文/末原美裕

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 新選組が眺めた紅葉も。2018京都・秋の特別公開はここへ行く!【…
  2. 歴史を感じるリノベーション。新しくなった「南禅寺参道 菊水」へ行…
  3. 「苔」が美しい京都の寺4選
  4. サライ10月号「日本美術と紅葉の京都」と「帽子」の2大特集、付録…
  5. 京都の老舗花屋「花政」主人が薦める夏の山野草6種
PAGE TOP