新着記事

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ

魚の一尾ぐらいは手際よくおろせるようになりたい。そう思ってはみても、なかなか実践に踏み出せず…

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

文/緒方文大昨今の「アンチエイジングブーム」により、老化を防ぐ作用のある「抗酸化物質…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

京都小倉山・常寂光寺|古の歌人たちが愛した寺で情緒薫る散策を楽しむ【京都、初夏の新緑散歩】

取材・文/末原美裕

牡鹿なく小倉の山の裾近みただひとりすむわが心かな
(『山家集』上、秋歌)

西行法師が小倉山で残した歌で、「牝鹿が鳴く小倉の山裾近くにただ独り住んでいると、世の中の煩わしいことにとらわれることもなく、我が心は澄んでいくものだ」、という悟りの境地を開いたかのような気持ちが綴られています。

この他にも、百人一首で広く知られている小倉山には、多くの和歌が残されています。

平安時代より嵯峨野の地は、皇族や貴族の離宮、山荘をかまえる景勝地として有名でした。特に小倉山、亀岡、嵐山の山麓は、後嵯峨上皇の亀山殿、兼明親王の雄倉殿、藤原定家の小倉山荘の他、八条院高倉、待賢門院の中納言局、藤原公雄、藤原光経、飛鳥井雅有、覚性法親王や西行法師、涌蓮、向井去来など公家や歌人が好んで別荘や菴を構えた地域です。

そして後嵯峨上皇が吉野の桜を嵐山に移植してからは、嵐山は桜の名所、小倉山は紅葉と鹿の名所として多くの人から親しまれてきました。

そんな小倉山山腹に位置する常寂光寺は今、鮮やかで色濃い青もみじで覆われています。

葉が小さいのはイロハモミジ、実を葉の下につけているものはオオモミジ。様々な種類のもみじが幾重にも重なり鮮やかな緑のグラデーションとなっています。

常寂光寺は、1561年に究竟院日禛上人(くきよういんにっしんしょうにん)が開山しました。宗学と歌道への造詣が深く、加藤清正、三好吉房、小出秀政、小早川秀秋、瑞竜院日秀 (秀吉の実姉)、その他京都町衆の帰依者も多かったそうです。

1595年に豊臣秀吉が建立した東山方広寺大仏殿の千僧供養への出仕・不出仕をめぐって、京都の本山が二派に分裂したとき、上人は、不受不施の宗制を守って、出仕に応じず、やがて本圀寺を出て小倉山の地に隠栖し、常寂光寺を開創したそうです。

この場所を選んだのは、古くから歌枕の名勝として名高く、俊成、定家、西行などのゆかりの地であったからと言われています。

時雨亭跡の石碑。

藤原定家の小倉山荘の場所については、諸説ありますが、常寂光寺の仁王門北側から二尊院の南側にあったのではないかと伝えられています。「小倉百人一首」をそこでまとめたとも言われており、この情緒漂う雰囲気に触れると、この場所が選ばれた訳もわかる気がしてきます。

石段を登りきると、高さ約12メートルの多宝塔とともに嵯峨野の景色が一望できます。

常寂光寺のご住職である長尾 憲佑氏は「和歌はタイムカプセルのようなもの。千年以上前の情景や思いが詰まっています。和歌を仕入れてから散策するとより趣深いお詣りとなりますよ」とおすすめしてくださいました。

和歌の世界の情緒を求めて、清々しい常寂光寺の境内をぜひ散策してみてください。

常寂光寺
住所:京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3
アクセス: JR山陰本線(嵯峨野線)「嵯峨嵐山」駅下車、徒歩15分
拝観時間:9:00~17:00 (受付終了16:30)
拝観料金: 500円
電話:075-861-0435

JR東海「そうだ 京都、行こう。」青もみじ御朱印めぐり:
http://souda-kyoto.jp/travelplan/early-summer_sp/index.html

取材・文/末原美裕

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 京都の老舗花屋「花政」主人が薦める夏の山野草6種
  2. 一輪の花が迎えてくれる大人の京都路地裏バー『文久』(京都・三条)…
  3. 叡山ケーブルと八瀬もみじの小径で夜の絶景散歩を楽しむ【京都、初夏…
  4. 愛宕街道・古道に佇む「平野屋」で京都の“旬”を味わう【京都、初夏…
  5. “神の気”満ちる青もみじの貴船神社で心身ともにリフレッシュ【京都…
PAGE TOP