新着記事

専門家と歩く江戸城特別ツアー、江戸時代の幻の菓子に参加者驚く!

家康が作った江戸城をCGで完全再現したサライ・ムック『サライの江戸 江戸城と大奥』の発売にあ…

ほとんどの日本人が知らない「老眼」最新治療トレーニング

文/鈴木拓也多くの人が40~50代にかけて老眼にかかる。そして、大半の人は「年だから…

シチリア料理の定番中の定番!本格「イワシのパスタ」の作り方

取材・文/わたなべあやイタリア南部、地中海に囲まれたシチリア島。オリーブオイルやワイ…

ダイナミックすぎる『オメガパーク』で体重約1トンの巨大野生動物に出会う

文・写真/藤木 香(カナダ在住ライター)いつかこの目で本物のカリブー(トナカイ)を見…

キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【にっぽん歴史夜話5】

 文/砂原浩太朗(小説家)キリシタン大名として著名な高山右近(たかやま・うこん、1552~1…

【夕刊サライ/福澤朗】カレーに合う日本酒!? 知る人ぞ知る「貴醸酒」に脱帽(福澤朗の美味・料理コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

軽症うつ病の治療にも効果的な「不眠解消」の具体的方法【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや人生、どうしても壁にぶち当たることがあります。離婚や介護、過労…

白洲次郎夫妻の旧邸「武相荘」を味わい尽くす写真イベント《Art of Life(日常の美)》

終戦直後、GHQとの折衝を担った実業家・白洲次郎と、日本の美意識を探究しつづけた稀代の随筆家…

【夕刊サライ/パラダイス山元】突き抜けた、極端なことだらけの生まれ故郷への旅(パラダイス山元の旅行コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

老神温泉|大蛇伝説と5000体のひな人形が彩る山間の湯【魅惑の温泉案内vol.108】

取材・文/関屋淳子

群馬県沼田市、利根川支流の片品川沿いに開ける老神温泉は、古くからおできや腫物などの皮膚病に効き目があると言われる温泉。現在は渓谷美に抱かれるように14軒の宿があります。

温泉街がある片品川の渓谷。水墨画のような雪景色も一興。

温泉には次のような伝説があります。赤城山の神(ヘビ)と日光男体山の神(ムカデ)が戦った時に、弓で射られた赤城山の神がその矢を引き抜き地面に突き刺したところ温泉が湧いたとか。その湯を浴びるとたちまち傷が治り、男体山の神を追い返すことができたといいます。そのことから「追い神」が転じて「老神」になったと伝わります。

この言い伝えに因み、毎年5月のGW明けの金曜と土曜日に大蛇祭りが開催され、巳年には長さ108.22mの世界一長い祭り用へびが温泉街を練り歩きます。(※2018年は5月11日・12日に開催予定)

展示室で見学できる世界一長いへび神輿。

老神温泉の泉質はおもに単純温泉で、源泉が10か所あり、宿により利用する源泉が異なるため、肌触りなどが微妙に違うようです。もともとは片品川の川岸に湧いていたということで、これをくみ上げています。

温泉街から少し離れた場所に位置する旅館『仙郷』は、落ち着いた一軒宿の佇まい。露天風呂の湯につかると川の音がただ流れるだけ。喧騒を忘れてのんびりと湯浴みができます。2本の源泉が引かれる湯は弱アルカリ性の単純温泉。肌にやさしい湯心地です。

『仙郷』の露天風呂。入浴するたび潤い肌に近づけそうです。

露天風呂付き客室の露天風呂。

そして、この老神温泉では毎年3月に「老神温泉びっくりひな飾り」が催されます。温泉街にある利根観光会館のロビーや舞台・客席、大蛇みこし展示室などを会場に、なんと約5000体のひな人形やつるし雛が飾られるのです。

 

利根観光会館に展示される雛人形。

もともとは埼玉県鴻巣市の協力のもと、500体の雛人形展示から始まり、県内外から雛人形やお道具を供養として募集し、大規模に展開。会館の客席を雛段にして、一体一体丁寧に飾られる人形には圧倒されます。人形のお顔や姿を見ていると、持ち主の愛情や物語も見えてくるようです。

また前述した大蛇を展示する展示室では、遊び心溢れる展示も。トランプをしたり花見に興じたり、スノーボードに乗る人形たちのユニークな姿もぜひ楽しんでください。

大蛇みこし展示室のトランプで遊ぶ人形たち。

人形も白蛇を担いでお祭りへ。

※今年2018年の「老神温泉びっくりひな飾り」会期は、開催中~4月1日まで。各旅館や施設などでも素敵な雛人形に出会えます。

取材・文/関屋淳子
桜と酒をこよなく愛する虎党。著書に『和歌・歌枕で巡る日本の景勝地』(ピエ・ブックス)、『ニッポンの産業遺産』(エイ出版)ほか。旅情報発信サイト「旅恋どっとこむ」(http://www.tabikoi.com)代表。

「魅惑の温泉案内」過去記事リストを見る

onsenbanner100300

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 東日本の名湯を厳選「地・温泉」は本当の温泉好きを満足させる宿[P…
  2. 上諏訪温泉|諏訪湖を一望する露天風呂で沈む夕陽を楽しむ【魅惑の温…
  3. 城崎温泉|文人墨客が愛した西の名湯で外湯めぐりを楽しむ【魅惑の温…
  4. 角間温泉「大湯」|文人に愛された北信濃の湯治場のシンボル【訪ねて…
  5. バーデン・バイ・ウィーン|ベートーヴェンも癒されたウィーン郊外の…
PAGE TOP