新着記事

【娘のきもち】夫の借金とギャンブル依存に悩んでいたとき、寄り添ってくれたのは父だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】「人がする仕事じゃない」初めての就職先に向けられた父親の言葉。その偏った考え方が大嫌いだった~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

「龍馬のサブ」ではなかった中岡慎太郎【にっぽん歴史夜話 9】

文/砂原浩太朗(小説家)中岡慎太郎(1838~67)の名は知っていても、たいていの人…

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|舌平目のポワレ プロヴァンス風

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

ネルソンスのショスタコ4番&11番|丹念で緊密な合奏が描く2つの巨大交響曲【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)「スターリンの影の下でのショスタコーヴィチ」シリーズ第3…

ウォッシュコットンハンチング|風合いの変化が楽しめる職人手作りの帽子

自然な素材感のコットン生地を使った、落ち着いた色合いのハンチングだ。帽子職人は、この道40年…

5.7キロの空中散歩!スリル満点の香港はいかが?

文・写真/りんみゆき(海外書き人クラブ/香港在住ライター)風水を日常生活の一部として取り入れ…

喪黒福造に「ドーン!!!」される!藤子不二雄(A)展レポート

取材・文/池田充枝漫画家デビューして67年、御年84歳にしていまだ現役の藤子不二雄(…

テニスボールで腰ほぐれる!5分でできる簡単ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第4回】

文/川口陽海こんにちは!腰痛トレーニング研究所の川口陽海です。腰…

今年はここに! 紅葉絶景ランキングベスト10

山々や木々が色づく、紅葉の季節がやってくる。そろそろ今年の紅葉狩りはどこへ行くか、計画を立て始める頃…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

旅行

老神温泉|大蛇伝説と5000体のひな人形が彩る山間の湯【魅惑の温泉案内vol.108】

取材・文/関屋淳子

群馬県沼田市、利根川支流の片品川沿いに開ける老神温泉は、古くからおできや腫物などの皮膚病に効き目があると言われる温泉。現在は渓谷美に抱かれるように14軒の宿があります。

温泉街がある片品川の渓谷。水墨画のような雪景色も一興。

温泉には次のような伝説があります。赤城山の神(ヘビ)と日光男体山の神(ムカデ)が戦った時に、弓で射られた赤城山の神がその矢を引き抜き地面に突き刺したところ温泉が湧いたとか。その湯を浴びるとたちまち傷が治り、男体山の神を追い返すことができたといいます。そのことから「追い神」が転じて「老神」になったと伝わります。

この言い伝えに因み、毎年5月のGW明けの金曜と土曜日に大蛇祭りが開催され、巳年には長さ108.22mの世界一長い祭り用へびが温泉街を練り歩きます。(※2018年は5月11日・12日に開催予定)

展示室で見学できる世界一長いへび神輿。

老神温泉の泉質はおもに単純温泉で、源泉が10か所あり、宿により利用する源泉が異なるため、肌触りなどが微妙に違うようです。もともとは片品川の川岸に湧いていたということで、これをくみ上げています。

温泉街から少し離れた場所に位置する旅館『仙郷』は、落ち着いた一軒宿の佇まい。露天風呂の湯につかると川の音がただ流れるだけ。喧騒を忘れてのんびりと湯浴みができます。2本の源泉が引かれる湯は弱アルカリ性の単純温泉。肌にやさしい湯心地です。

『仙郷』の露天風呂。入浴するたび潤い肌に近づけそうです。

露天風呂付き客室の露天風呂。

そして、この老神温泉では毎年3月に「老神温泉びっくりひな飾り」が催されます。温泉街にある利根観光会館のロビーや舞台・客席、大蛇みこし展示室などを会場に、なんと約5000体のひな人形やつるし雛が飾られるのです。

 

利根観光会館に展示される雛人形。

もともとは埼玉県鴻巣市の協力のもと、500体の雛人形展示から始まり、県内外から雛人形やお道具を供養として募集し、大規模に展開。会館の客席を雛段にして、一体一体丁寧に飾られる人形には圧倒されます。人形のお顔や姿を見ていると、持ち主の愛情や物語も見えてくるようです。

また前述した大蛇を展示する展示室では、遊び心溢れる展示も。トランプをしたり花見に興じたり、スノーボードに乗る人形たちのユニークな姿もぜひ楽しんでください。

大蛇みこし展示室のトランプで遊ぶ人形たち。

人形も白蛇を担いでお祭りへ。

※今年2018年の「老神温泉びっくりひな飾り」会期は、開催中~4月1日まで。各旅館や施設などでも素敵な雛人形に出会えます。

取材・文/関屋淳子
桜と酒をこよなく愛する虎党。著書に『和歌・歌枕で巡る日本の景勝地』(ピエ・ブックス)、『ニッポンの産業遺産』(エイ出版)ほか。旅情報発信サイト「旅恋どっとこむ」(http://www.tabikoi.com)代表。

「魅惑の温泉案内」過去記事リストを見る

onsenbanner100300

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 東日本の名湯を厳選「地・温泉」は本当の温泉好きを満足させる宿[P…
  2. 上諏訪温泉|諏訪湖を一望する露天風呂で沈む夕陽を楽しむ【魅惑の温…
  3. 城崎温泉|文人墨客が愛した西の名湯で外湯めぐりを楽しむ【魅惑の温…
  4. 角間温泉「大湯」|文人に愛された北信濃の湯治場のシンボル【訪ねて…
  5. バーデン・バイ・ウィーン|ベートーヴェンも癒されたウィーン郊外の…
PAGE TOP