新着記事

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

べっ甲の耳かき|職人が丹精込めて作った至高の耳かき

伝統工芸のべっ甲細工で作り上げた、耳かきの逸品。べっ甲細工に使われる「タイマイ」(海亀の一種…

まさに「手付かずの自然」!カムチャツカで優美な「高山植物」と「ヒグマ」の聖地を巡る

文/印南敦史北海道沖の千島列島から北へと連なるカムチャツカ半島(ロシア)といえば、雄大な自然…

写真家エバレット・ブラウンが撮り続ける「失われゆく日本」のかたち

幕末に来航したペリー提督の随行写真家の一族で、日本をテーマに写真を撮り続けている写真家のエバレット・…

作家・遠藤周作を終生見守った母の形見のマリア像【文士の逸品No.34】

◎No.34:遠藤周作のマリア像(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦いくつもの顔…

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

土肥温泉|駿河湾の夕景と西伊豆最古の湯を楽しむ【魅惑の温泉案内vol.104】

取材・文/関屋淳子

伊豆半島の西岸にある伊豆市・土肥(とい)温泉は西伊豆のなかでも最古で最大の温泉地です。

土肥というと土肥金山が有名ですが、江戸時代、金山採掘中に坑道から温泉が湧出したのが、この温泉の始まり。この湯に入浴したところ病気平癒したという故事があり、その元湯が市内の安楽寺に残されています。

温泉宿は海岸沿いや高台などに立ち、相模湾を一望できるところばかり。宿には露天風呂付きの部屋も多く、海に沈む夕陽を眺めながらの湯浴みも可能です。

海を見晴らす露天風呂

泉質はカルシウム・ナトリウム‐硫酸塩、塩化物泉です。神経痛や筋肉痛に効能があり、さらりとした肌触り。源泉は6本あり、集中管理し、各宿に配湯されています。湯量も豊富で源泉掛け流しが主流です。

土肥といえば、恋人岬も有名です。海に突き出た富士見遊歩道の先端にあり、ここからは駿河湾越しに御前崎から富士山まで望めます。そして夕景が抜群!カップルでなくても、ひとりでも家族連れでも、ぜひ訪ねてみてください。

恋人岬からの夕景(写真提供:静岡県観光協会)

土肥から車で10分ほどのところに田子(たご)港があります。田子には古くから伝わる「潮鰹」があります。これは神事を兼ねた保存食で、「正月魚(しょうがつよ)」とも呼ばれています。

鰹を数週間、塩に漬け込み、伝統製法の手火山式焙乾製法で乾燥させます。荒くほぐしてお茶漬けやお吸い物、おにぎりなどに、また細かくほぐして旨味調味料として利用できます。西伊豆の漁港で育まれた逸品、旅のお土産にいかがでしょう。

潮鰹

取材・文/関屋淳子
桜と酒をこよなく愛する虎党。著書に『和歌・歌枕で巡る日本の景勝地』(ピエ・ブックス)、『ニッポンの産業遺産』(エイ出版)ほか。旅情報発信サイト「旅恋どっとこむ」(http://www.tabikoi.com)代表。

「魅惑の温泉案内」過去記事リストを見る

onsenbanner100300

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 老神温泉|大蛇伝説と5000体のひな人形が彩る山間の湯【魅惑の温…
  2. 東日本の名湯を厳選「地・温泉」は本当の温泉好きを満足させる宿[P…
  3. 上諏訪温泉|諏訪湖を一望する露天風呂で沈む夕陽を楽しむ【魅惑の温…
  4. 城崎温泉|文人墨客が愛した西の名湯で外湯めぐりを楽しむ【魅惑の温…
  5. 角間温泉「大湯」|文人に愛された北信濃の湯治場のシンボル【訪ねて…
PAGE TOP