新着記事

現代美術作家・杉本博司の視線で天正少年使節の足跡をたどる展覧会

取材・文/藤田麻希1582年、長崎のキリシタン大名が4人の少年、伊東マンショ、千々石ミゲル、…

ビートルズ「イエスタデイ」がジャズの最高難度曲である理由【JAZZ絶対名曲コレクションvol.2】

文/編集部サライ責任編集でお届けしているCDつき隔週刊マガジン『JAZZ絶対名曲コレクション…

成功する『定年前リフォーム』は妻の本音を聞くこと

文/印南敦史『定年前リフォーム』(溝口千恵子、三宅玲子著、文春新書)の初版が発行され…

全国の「社長さん」に聞きました! 正直、モテますよね?

一度でいいからモテモテの気分を味わってみたい!? 社会的身分の高い社長は果たしてモテるのか?…

年金生活で1カ月に自由に使えるお金は夫婦で18万958円!|60代からのライフプランの作り方

知っておきたい60代からのライフプラン自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、お金の面から…

だるい、眠い、プチ不調|あなたの「疲れ」を取る方法

文/中村康宏前回の記事『「疲労物質=乳酸」はもう古い|「疲れ」はどこから来るのか』で疲労…

タワマンの低層階は負け組扱い?マンション格差ランキング

同じマンションでも、広さや間取り、階数やバルコニーの向きなどによって価格は異なる。それゆえ、…

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

旅行

土肥温泉|駿河湾の夕景と西伊豆最古の湯を楽しむ【魅惑の温泉案内vol.104】

取材・文/関屋淳子

伊豆半島の西岸にある伊豆市・土肥(とい)温泉は西伊豆のなかでも最古で最大の温泉地です。

土肥というと土肥金山が有名ですが、江戸時代、金山採掘中に坑道から温泉が湧出したのが、この温泉の始まり。この湯に入浴したところ病気平癒したという故事があり、その元湯が市内の安楽寺に残されています。

温泉宿は海岸沿いや高台などに立ち、相模湾を一望できるところばかり。宿には露天風呂付きの部屋も多く、海に沈む夕陽を眺めながらの湯浴みも可能です。

海を見晴らす露天風呂

泉質はカルシウム・ナトリウム‐硫酸塩、塩化物泉です。神経痛や筋肉痛に効能があり、さらりとした肌触り。源泉は6本あり、集中管理し、各宿に配湯されています。湯量も豊富で源泉掛け流しが主流です。

土肥といえば、恋人岬も有名です。海に突き出た富士見遊歩道の先端にあり、ここからは駿河湾越しに御前崎から富士山まで望めます。そして夕景が抜群!カップルでなくても、ひとりでも家族連れでも、ぜひ訪ねてみてください。

恋人岬からの夕景(写真提供:静岡県観光協会)

土肥から車で10分ほどのところに田子(たご)港があります。田子には古くから伝わる「潮鰹」があります。これは神事を兼ねた保存食で、「正月魚(しょうがつよ)」とも呼ばれています。

鰹を数週間、塩に漬け込み、伝統製法の手火山式焙乾製法で乾燥させます。荒くほぐしてお茶漬けやお吸い物、おにぎりなどに、また細かくほぐして旨味調味料として利用できます。西伊豆の漁港で育まれた逸品、旅のお土産にいかがでしょう。

潮鰹

取材・文/関屋淳子
桜と酒をこよなく愛する虎党。著書に『和歌・歌枕で巡る日本の景勝地』(ピエ・ブックス)、『ニッポンの産業遺産』(エイ出版)ほか。旅情報発信サイト「旅恋どっとこむ」(http://www.tabikoi.com)代表。

「魅惑の温泉案内」過去記事リストを見る

onsenbanner100300

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 老神温泉|大蛇伝説と5000体のひな人形が彩る山間の湯【魅惑の温…
  2. 東日本の名湯を厳選「地・温泉」は本当の温泉好きを満足させる宿[P…
  3. 上諏訪温泉|諏訪湖を一望する露天風呂で沈む夕陽を楽しむ【魅惑の温…
  4. 城崎温泉|文人墨客が愛した西の名湯で外湯めぐりを楽しむ【魅惑の温…
  5. 角間温泉「大湯」|文人に愛された北信濃の湯治場のシンボル【訪ねて…
PAGE TOP