新着記事

メリノンの半纏|裏地に羊毛をふんだんに使い暖かさを逃さない 奇跡の階段 「なぜ立っているのかわからない」世界中の建築家が首をかしげるサンタフェ「奇跡の階段」 中之町出土資料 京都市蔵 日本陶磁史のターニングポイント、桃山時代のやきものをめぐる展覧会【特別展 新・桃山の茶陶】 西郷隆盛と3人の妻たち 西郷隆盛と3人の妻たち【にっぽん歴史夜話10】 「アゴ難民」増加中|顎関節症を引き起こす原因 アゴの疲れを取る方法|3つの原因が顎関節症を引き起こす 男の牛革ベルトポーチ|小さな革鞄で街歩きを軽やかに楽しむべし 幕府の近代化に心血を注いだ小栗忠順|軍港・横須賀に残る「鉄とレンガの近代」の曙光【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島3】 娘のきもち・その2 【娘のきもち】口に出すと泣いてしまう。父の思い出を話せるようになるまで、3年が必要だった~その2~ 娘のきもち・その1 【娘のきもち】24歳のときにガンで亡くなった父。思い出すのは幼少期の厳格な姿だった~その1~ 山口蓬春《新宮殿杉戸楓4分の1下絵》 山﨑種二と皇室ゆかりの美術【特別展 皇室ゆかりの美術 ―宮殿を彩った日本画家―】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

旅行

星野リゾート青森屋|「ねぶた灯篭」が見える絶景露天風呂【魅惑の温泉案内 第93回】

青森屋ねぶり流し灯篭2016

青森県三沢市にある「星野リゾート 青森屋」は、良質な温泉と津軽三味線やねぶた囃子などの青森文化を満喫できる宿です。季節により、マグロやホタテといった新鮮な魚介類をはじめとする青森の特産品が膳に並ぶ夕食を味わえることも魅力です。

温泉の泉質はアルカリ性単純温泉で、トロリとした肌触りが特徴で、神経痛や疲労回復などに効能があります。青森ヒバを使った浴槽の内湯と露天風呂、敷地内にはさらに湯治場の面影を残す元湯があり、豊富な湯が溢れています。

露天風呂の湯船は広い池に大きく張り出すようにつくられ、まるで水に浮かんでいるような開放的な感覚が味わえます。冬になると目の前に白銀の世界が広がり、冬の風物詩「ねぶり流し灯篭」が開催されます。

この「ねぶり流し灯篭」では、池の水面にねぶた祭のねぶた灯篭「鍾馗」(しょうき)が浮かびます。これは災難を払う守り神で、ねぶた師の手による渾身のオリジナル作品。その周囲には、願い事が書かれた灯篭も流れています。さらに、笛の生演奏も行なわれ、あたりは幻想的な雰囲気に包まれます。

開催期間は12月~翌年3月で、時間は17時~24時。真冬の夜に、夏のねぶたを体感できる湯浴みを楽しんでみてはいかがでしょうか。

取材・文/関屋淳子
桜と酒をこよなく愛する虎党。著書に『和歌・歌枕で巡る日本の景勝地』(ピエ・ブックス)、『ニッポンの産業遺産』(エイ出版)ほか。旅情報発信サイト「旅恋どっとこむ」(http://www.tabikoi.com)代表。

「魅惑の温泉案内」過去記事リスト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 老神温泉|大蛇伝説と5000体のひな人形が彩る山間の湯【魅惑の温…
  2. 東日本の名湯を厳選「地・温泉」は本当の温泉好きを満足させる宿[P…
  3. 上諏訪温泉|諏訪湖を一望する露天風呂で沈む夕陽を楽しむ【魅惑の温…
  4. 城崎温泉|文人墨客が愛した西の名湯で外湯めぐりを楽しむ【魅惑の温…
  5. 角間温泉「大湯」|文人に愛された北信濃の湯治場のシンボル【訪ねて…
PAGE TOP