新着記事

幹が太い、マスカット・ベーリーAの見事な古木。「父が小学生の時の写真にすでに写っているから、樹齢は少なくとも80年以上」。その前に佇む岸平典子さん。 【日本ワイン生産者の肖像6】岸平典子さん(タケダワイナリー)|創業100年の歴史を持つ老舗で、日本ワインの王道を突き進む女性醸造家。 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今もお金を一切受け取ってくれず……~その2~ 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今も両親はお金を一切受け取ってくれず……~その2~ 【娘のきもち】お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親。その姿が苦手だった~その1~ 【娘のきもち】中高一貫校に入ったことで勉強が好きに。お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親が苦手だった~その1~ 履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方 本多忠勝像 「徳川四天王」家の幕末~そのとき、名将たちの子孫はどう動いたか【にっぽん歴史夜話13】 江戸切子のぐい呑み|珍しい琥珀色のクリスタルガラスに東西の刻みの技が共演 一生仕事を続ける時代、73歳女性も活躍するユーチューバーという職業[PR] 「ヤフオク!」で検索された「猫」を含むキーワードランキング 夏目漱石の小説「吾輩は猫である」初版本(明治40年発行)は12万円超で落札!|「ヤフオク!」で取引された意外な「猫」グッズ 高所恐怖症の人はクラクラしてしまいそうな天井座敷。 ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも!?

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

城崎温泉|文人墨客が愛した西の名湯で外湯めぐりを楽しむ【魅惑の温泉案内vol.106】

取材・文/関屋淳子

文豪・志賀直哉をはじめとする多くの文人墨客が愛した名湯・城崎温泉(きのさきおんせん)。温泉街は大谿川(おおたにがわ)に沿って形成され、宿や飲食店、但馬牛のコロッケや肉まんなどを売る店が並び、そぞろ歩きの観光客で賑わい、いかにも温泉街という風情が漂います。

大谿川沿いの温泉街

城崎温泉の名物といえば、外湯めぐり。城崎の外湯巡りは、“宿は客間、道は廊下”という街の方針のもと、気軽に温泉巡りを楽しんでもらおうという昔からのもてなしとして引き継がれています。

7つの外湯は、例えば「一ノ湯」は開運招福、「柳湯」は子宝などのご利益が設けられており、宿泊客は無料で利用することができます。

湯巡りの正装はもちろん、浴衣と下駄。浴衣は宿ごとに洒落たデザインで、浴衣を見ればどの宿の宿泊客かがわかるようになっています。

桃山様式の歌舞伎座を思わせる建物の「一ノ湯」

足湯も併設されている「柳湯」

泉質はナトリウム・カルシウム‐塩化物泉で、さらりとしたお湯。神経痛などに効能があり、よく温まります。飲泉所もあり、癖のない味で、慢性消化器病と慢性便秘に効能があります。

飲泉所

温泉はすべて一括管理され、各宿や外湯に配湯されるシステムです。

創業150年の歴史を誇る老舗宿『西村屋本館』の別館「西村屋ホテル招月庭」は、5万坪の森林庭園を有する緑豊かな宿で、今夏リニューアルオープンとなりました。「森のプライベートスパ」という3か所の貸切露天風呂も用意され、ゆったりとプライベートの時間を過ごすことができる、なんとも心地よい空間です。

毎年11月6日には松葉蟹も解禁。わざわざ出かけていきたい温泉地です。

「西村屋ホテル招月庭」の森のプライベートスパ

同施設の大浴場

城崎温泉から車で約30分ほどのところに、国の特別天然記念物のコウノトリを保護増殖し、野生復帰を実践する「兵庫県立コウノトリの郷公園」があります。公演のある兵庫県豊岡市は、コウノトリの飛ぶまちとして知られています。

園内では飼育コウノトリを観察できるほか、野外で生息するコウノトリにも出会えます。ごく自然に共生する人とコウノトリ。里山の美しい自然とともに心が和む風景が広がっています。

兵庫県立コウノトリの郷公園

さらに城崎温泉からは、但馬の小京都といわれる城下町・出石(いずし)も近く、古い町並みを歩いたり、出石そばという皿そばを味わったりと、楽しみは尽きません。

出石そば

■西村屋ホテル招月庭
http://nishimuraya.ne.jp/shogetsu/

■城崎温泉観光協会
http://www.kinosaki-spa.gr.jp/

■豊岡観光協会
http://www.toyo-kan.jp/

取材・文/関屋淳子
桜と酒をこよなく愛する虎党。著書に『和歌・歌枕で巡る日本の景勝地』(ピエ・ブックス)、『ニッポンの産業遺産』(エイ出版)ほか。旅情報発信サイト「旅恋どっとこむ」(http://www.tabikoi.com)代表。

「魅惑の温泉案内」過去記事リストを見る

onsenbanner100300

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 全国温泉総合ランキング2018発表!|ニフティ温泉より 温泉ランキング2018|全国総合1位は横浜天然温泉 SPA EA…
  2. 老神温泉|大蛇伝説と5000体のひな人形が彩る山間の湯【魅惑の温…
  3. 東日本の名湯を厳選「地・温泉」は本当の温泉好きを満足させる宿[P…
  4. 上諏訪温泉|諏訪湖を一望する露天風呂で沈む夕陽を楽しむ【魅惑の温…
  5. 角間温泉「大湯」|文人に愛された北信濃の湯治場のシンボル【訪ねて…
PAGE TOP