新着記事

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦×土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

老後を自宅で過ごしたいなら「地域包括支援センター」知っておきたい基本のき

取材・文/坂口鈴香前回は有料老人ホームやサ高住など、自宅以外の老後の住まいについて解説し…

【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』を口演します

ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年6月の第…

泉鏡花が憑かれたように集めた兎の置物【文士の逸品No.16】

◎No.16:泉鏡花の兎の置物文/矢島裕紀彦神経症と言っていいくらいの、独自…

【インタビュー】横山はる江(青森「はるえ食堂」店主)名物焼きおにぎりの旨さの秘訣は?

【サライ・インタビュー】横山はる江さん(よこやま・はるえ、はるえ食堂店主)――青森の市場…

【夕刊サライ/テリー伊藤】「『ちょいフル中古車』でオトコを奮い立たせろ!」(テリー伊藤のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

手でつまむか、箸で食べるか?握り寿司の上手な食べ方【食いしん坊の作法 第3回】 

文/山本益博江戸の古川柳に「握られて出来て食いつく鮨の飯」というのがあります。握り鮨…

アニリンバッファローレザー3wayドクターバッグ|堅牢なバッファローレザー製の鞄

日用から1泊程度の旅まで幅広く対応する、バッファローレザー(水牛の革)の上品な3ウェイバッグ…

万病の元「慢性炎症」が加齢によって起きやすくなる3つの理由【予防医療の最前線】

文/中村康宏前回お話したように、生活習慣病やがんを含む加齢関連疾患に共通するメカニズ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

ハワイで農場見学を楽しむ!オアフ島「ファームツアー」に参加してみた【大人のハワイの楽しみ方】

取材・文/相馬佳(ホノルル在住)

ハワイの産業と聞けば、まず頭に思い浮かぶのは観光業でしょう。しかし意外かもしれませんが、ハワイでは農業も盛んなのです。とくに近年は「ファーム・トゥ・テーブル(Farm to Table)」と呼ばれる地産地消ブームで、ハワイ産の農作物を直売するファーマーズ・マーケットや新鮮な地産野菜を使ったレストランが増えています。ハワイ産農作物の需要も増加し、農家は大忙しです。

今回は、そんなハワイで素晴らしい農業体験が出来る、オアフ島ノースショアの農場見学「ファームツアー」についてご紹介しましょう。

*  *  *

ワイキキから車で約1時間45分。「カフク・ファームズ」はオアフ島北端、ノースショアの小さな町カフクにあります。この一帯は農場が多くあるほか、名物の「カフク・シュリンプ」と称するガーリックシュリンプ料理でも有名ですが、カフク・ファームズはそのカフク・シュリンプの店の向かい側に位置しています。

カフク・ファームズは地域で農業を営んでいた日系人マツダ家とフクヤマ家が事業を合体させ始まった大農場です。現在はカフクとワイアルアに位置する総面積約300エーカー(約120ヘクタール)におよぶ農地で、アップルバナナやパパイヤ、ナス、リリコイ、アサイー、ルアウ(ハワイアンのパーティー)に使用するタロの葉、ネギ、ケール、カカオ(チョコレートの原料)などを栽培しています。

カフク・ファームズでは農場内部と農作物の様子を見学できる2種類のツアーを提供しています。1つ目は毎週金曜日午後2時から1時間にわたって開催される「グランド・ツアー」。トラクターに引かれるワゴンに乗って農場内を回り、収穫したばかりの新鮮なフルーツを味見できます。

2つ目のツアーは毎週月曜日と水曜日の午後1時から開催される「スムージー・ツアー」です。こちらは所要時間30分で、同様に農場をワゴンに乗って回り、農場で採れたフルーツや野菜を使って作ったスムージーを味わうことができます。

ハワイに来たらぜひ食べていただきたい「アサイーボウル」。普通はブラジル産のアサイーを加工し冷凍したものを使うことが多いのですが、カフク・ファームズではハワイで初めてアサイーの栽培に挑戦。なんと8年もかかって収穫することができたそうです。

こちらはアサイーの実がなる「アサイーパーム」(椰子の一種)の木。アサイーの実がこんな風に椰子の木に実るなんて、アサイーボウルを食べているだけではなかなか想像できません。

ツアーではトラクターを運転するガイドが、ほかの農作物について説明をしてくれます。

こちらはパパイヤの果樹園に立つ、カフク・ファームズの次世代オーナーのカイリーさんと夫のジューダさん。カイリーさんによると、パパイヤにはなんと「雄」「雌」そして「中性」の木があり、中性の木しか商品として使えないそうなのだとか! つまり私たちが普段食べているパパイヤも、中性の木になった中性の実なのです。かなり驚きです。

ツアーはさらに、トンネルのようなアップルバナナの木々の間を抜けていきます。このように、ツアーではワゴンに揺られながら普通にハワイ観光をしているだけでは見られない農作物栽培の現場を見ることができます。歩くツアーではなく、乗り物に乗ることで、大人も子どもも楽しい時間が過ごせます。

カフク・ファームズには小さな「ファーム・カフェ」もあり、農場で栽培し収穫した新鮮な農作物を駆使したサンドイッチやピザ、スムージー、アイスクリームなど、さまざまな軽食メニューを満喫できます。自家製のバナナブレッドにバニラ・キャラメルとバニラ・ハウピア(ココナッツ)のソースをかけた写真のグリルド・バナナ・ブレッド($5.50)は絶品!

また、最近は農場で栽培したカカオの実を使った自家製チョコレートも発売したとのこと。ハワイは米国50州の中で唯一カカオを栽培できる気候帯で、カフク・ファームズでも栽培を始めたそうです。カカオ栽培からチョコレート作りまで手作りというのはハワイでもこの農場だけでしょう。

*  *  *

以上、オアフ島ノースショアの農場見学「ファームツアー」をご紹介しました。ワイキキも楽しいですが、たまには郊外に出ると、今まで知らなかったハワイの意外な一面を見ることができます。ハワイ好きなリピーターの方にこそオススメのアクティビティです。

カフク・ファームズは、採れたての野菜や果物が「こんなに美味しいものだったのか!」と思い知らせてくれる場所。普段はスーパーの野菜しか食べていないという方にとっては、まさに「目から鱗」体験となること請け合いですよ。

【Kahuku Farms】
56-800 Kamehameha Hwy., Kahuku, HI 96731
www.kahukufarms.com
ツアー予約:808-628-0639(オンライン予約の場合1人$2割引)
ファームツアー料金:
[グランド・ツアー]大人1人$32、子ども(5~12歳)$22、4歳以下無料(フルーツなし、追加の場合$4)
[スムージー・ツアー]大人1人$16、子ども(5~12歳)$14、4歳以下無料(スムージーなし、追加の場合$4)

取材・文/相馬佳
新潟市出身、米国ハワイ州在住。ハワイ大学卒業後に現地でライター・編集職に就く。現在は国際通信社に勤務するほかハワイや日本のメディア等で活動中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ウクレレ好きならGO!ハワイ・ホノルルのウクレレ工場見学ツアー【…
  2. ハワイの最高級ラム酒「コハナ」をオアフ島の蒸留所で楽しむ【大人の…
  3. ハワイの芸術の街にある人気の自家醸造ビール工房「ホノルル・ビアワ…
  4. ホノルルで人気の自家醸造ビールを堪能!「ワイキキ・ブリューイング…
PAGE TOP