新着記事

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

リタイア後に受け取れる年金は?【今からはじめるリタイアメントプランニング】

あなたはどんな公的年金を受け取れる?|日本の年金制度を理解する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

越後長岡喜作弁当

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その2】

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その1】

サライ読者世代に聞いた「写真撮影の主な目的」とは?

「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日)

江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く【特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」】

上質な呼吸で自律神経を整える【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

ドライブ疲れを感じたら、上質な呼吸で自律神経を整える【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その2

【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その2~

駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その1

【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

ホノルルで人気の自家醸造ビールを堪能!「ワイキキ・ブリューイング・カンパニー」【大人のハワイの楽しみ方】

取材・文/相馬佳(ホノルル在住)

暑い夏に飲みたくなる飲み物といえば……そう、もちろんキンキンに冷えたビールですね。常夏の島ハワイでもビールは人気の飲み物。じつはここホノルルにも、この2~3年で、ビールを自家醸造する「マイクロブリュワリー(Microbrewery)」が続々とオープンしています。

そこでこのシリーズでは、ハワイに来られたらぜひ訪ねていただきたい、ホノルルの個性的なマイクロブリュワリー兼レストランをご紹介いたします。

*  *  *

異国でお酒を飲むとき、まず心配になるのが帰りの“足”でしょう。その点、夜でも米国内の他都市に比べて安全に歩けるワイキキなら、美味しいビールを飲んだ後も歩いてホテルに帰ることが出来て安心です。

そのワイキキにあって、ホテルから歩ける至便さが嬉しいブリュワリー兼レストランが、今回ご紹介する「ワイキキ・ブリューイング・カンパニー(Waikiki Brewing Company)」です。

ハワイのマイクロブリュワリーの特徴は、オーナー、またはビールの醸造を管理するブリューマスターが、ビールに対する強いこだわりを持ち、自分が思い描いたビールの味をとことん追求していること。

各ブリュワリーでは、ビールにハワイ語の名前を付けたり、独特の地産食材をビール作りの材料として使用するなど、アメリカ本土のブリュワリーとはひと味違うビールを作る努力をしています。

ここワイキキ・ブリューイング・カンパニーも、その例に漏れません。

ワイキキ・ブリューイング・カンパニーは、オーナーのジョーさんとエリックさん、ネイサンさんの3人が、ビール好きが高じてワイキキの自宅でビール作りを始めたことが発端だったそうです。

その後ワイキキにあるレストランの空き部屋を使ってブリュワリーをオープンすることを計画。2年かけて準備を重ね、ついに2015年に自分たちのブリュワリーをオープンしました。すると瞬く間に人気の店となり、現在はホノルルのダウンタウンに近いカカアコに、さらに広い支店をオープンさせるに至っています。

オーナーのネイトさんが持っている写真のサンプラーなら、いろいろなビールを4種少しずつ試すことが出来てお得です。

ワイキキ・ブリューイング・カンパニーには、現在8種の自家醸造ビールがあります。その中でとくにお薦めしたいのは、まず軽めの「アロハスピリット・ブロンドエール(Aloha Spirit Blonde Ale)」です。

ドイツ原産のホップ2種に、米国産の「カスケード・ホップ」を加え、デリケートな味わいを微妙に表現しています。ライトなビールが好きな方にお薦めです。

そしてもうひとつは、ピリッと辛いハラペーニョ・ペッパーが材料の1つという珍しいアンバーエール「ハラペーニョ・マウス(Jalapeno Mouth)」。

グリーン・ハラペーニョのかすかな辛味とアロマがクセになりそうな一杯です。意外に飲みやすいので、ぜひお試しください。

そして3つめが、男性に好まれそうな渋めのビール「イングリッシュ・ブラウンエール(English Brown Ale)」。ナッツとローストしたモルトの味わいがビール好きにはたまりません!

英国原産の「イースト・ケント・ゴールディングス・ホップ」というホップを使ってアロマと苦みをプラス。大人の男性によく似合うビールです。

*  *  *

さて、マイクロブリュワリーでの楽しみはビールだけではありません。食のほうもなかなか凝っている店が多いのです。

ブリュワリーの食事は、何人か分の大皿で来ることも多いので、1人1皿ではなく複数人で数皿オーダーして、ワイワイ楽しみながらいろいろな料理をシェアするのがお薦め。

ワイキキ・ブリューイング・カンパニーの料理の中でまずお薦めしたいのは、「アンガス・ビーフ・スライダーズ(Angus Beef Sliders)」。牛肉のハンバーグにレタスやブルーチーズなどをのせた小さめのハンバーガーのような料理で、手軽に美味しく食べることが出来ます。

「アンガス・ビーフ・スライダーズ(Angus Beef Sliders)」($14)

さらに「トマト、アボカド、ウォーターメロンのサラダ(Tomato, Avocado & Watermelon Salad)($13)と、自家製ビールのソース(2種から選べます)を使った「ドランク・チキン・ウイングス(Drunk Chicken Wings)」($12)もオーダーすれば、3人でもお腹がいっぱいになりそう。

また、このブリュワリーではレストランの中からビールを醸造する大きなバレルを見学することも出来ます。タイミング次第ではビールの醸造過程を見られるかもしれません。

以上、今回はワイキキにある人気のマイクロブリュワリー「ワイキキ・ブリューイング・カンパニー」をご紹介しました。

ハワイ旅行の際は、地産のユニークなビールが存分に楽しめるブリュワリーをぜひ尋ねてみてください。普段は見えないハワイの一面が見えてくること請け合いです!

【Waikiki Brewing Company】
1945 Kalakaua Ave.Honolulu, HI
営業時間:日、月、水、木曜:11:00~23:00、火、金、土曜:11:00~24:00 無休
waikikibrewing.com

取材・文/相馬佳
新潟市出身、米国ハワイ州在住。ハワイ大学卒業後に現地でライター・編集職に就く。現在は国際通信社に勤務するほかハワイや日本のメディア等で活動中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 世界第二のビール消費国、オーストリアのビール事情と工場見学 世界第二のビール消費国・オーストリア|飲み放題の試飲付き「ビール…
  2. ラハイナのサトウキビ列車、今は不定期運転 マウイ島とハワイ島で、廃線鉄道を探る【ハワイ楽園鉄道3】
  3. ハワイ楽園鉄道2 真珠湾の裏から発車する旧オアフ鉄道のトロッコ列車に乗る【ハワイ楽…
  4. ホノルルに残るオアフ鉄道のターミナル駅舎 ハワイ王国滅亡の物語と鉄道で島を支配したアメリカ【ハワイ楽園鉄道…
  5. ビールを飲む場は意外にも……!? ビールの飲用に関するアンケート調査 とりあえずビール? 最新調査から見えてきたみんなのビール事情
PAGE TOP