新着記事

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

洗剤

「風呂の残り湯は使わない」「毎日洗濯しない」|令和時代の洗い方

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

ハワイの最高級ラム酒「コハナ」をオアフ島の蒸留所で楽しむ【大人のハワイの楽しみ方】

取材・文/相馬佳(ホノルル在住)

ハワイでは地産の農産物を使って多くのお酒が作られている事実をご存知でしょうか? 日本人にもファンが多いお酒「ラム」もその1つ。ハワイのラム酒は、今となっては廃れたものの、以前ハワイで大規模に栽培されていたサトウキビを使って作られています。

今回は、オアフ島西部のクニアにある「マヌレレ・ディスティラーズ(Manulele Distillers)」で蒸留されているラム酒「コハナ」をご紹介しましょう。

オアフ島西部のクニアは、以前大規模なパイナップルやサトウキビのプランテーション農園が存在していた場所です。今でも昔の名残りで農地が多く、H-1ハイウェイを降りてクニア・ロードに入ると、道路の両側に緑の農地と草地が広がっています。

そんな農地の中にぽつんと位置するのが、「コハナ(Kohana)」というブランドのラム酒を製造する会社「マヌレレ・ディスティラーズ(Manulele Distillers)」のディスティラリー(蒸留所)兼テイスティング・ルームの緑の建物。

マヌレレ・ディスティラーズを経営するオーナー2人は、バイオ燃料用のサトウキビ栽培を目的としてサトウキビの研究を始めたところ、サトウキビにまつわるハワイアンの伝説について知ったそうです。

そして、ハワイアンがかつて儀式などに使っていたものの、近年は行方不明になっていたサトウキビを探し当てた2人は、それを使ってラム酒を作ることを思いついたとか。

現在は「コハナ」の蒸留に使うサトウキビ10種と、ハワイ中から探し当てた伝統的なサトウキビ34種も栽培。蒸留所ではガイド付きのツアー(大人1人$25)も開催していて、参加するとこれらのサトウキビには種類によりさまざまな意味があることが学べます。

サトウキビの栽培に要する期間は約1年間だそうです。オーナーの意向により、「コハナ」を作る過程はすべて手作業。もちろん、サトウキビの収穫もナタを使って1本1本手で行われます。そして、サトウキビのジュースを搾り取る作業も、もちろん手作業なのです。

「コハナ」がハワイで一番ピュアなラムといわれる所以は、すべてが手作業で行われることもありますが、ラムの蒸留に糖蜜を使わず、サトウキビのジュースを使っていることによるものだそうです。

蒸留されたお酒は種類により別の樽に入れられ、熟成されます。無色透明の「ケア(Kea)」は90日間ステンレススティールの樽、琥珀色の「コホ(Koho)」と「コア(Koa)」はナラの樽に入れられ、熟成するまで数年間の時を要します。

こちらはマヌレレ・ディスティラーズのテイスティング・ルーム。広々とした倉庫風のコンテンポラリーなインテリアが素敵です。

できあがったラムはテイスティング・ルームでサンプルを味わうことが出来ます。私もテイスティグをしてきましたが、特にラム好きというわけでない私でも「コハナ」の透きとおるようなピュアな味わいははっきりと分かりました。

限定品である「コハナ」は今のところ同社のテイスティング・ルーム以外で購入することが出来ないため、飲んでみて気に入ったら迷わず購入してください!

*  *  *

今回ご紹介した「コハナ」の蒸留所のように、ホノルルの中心部を出てみると、オアフ島にだってまだまだ新しく面白い発見はあるのです。

ハワイ原産のサトウキビを使って丁寧に作られた最高級のラムを求めて、ぜひクニアまで足を伸ばしてみてください。お酒好きな方へのお土産にしても、喜ばれることでしょう。

【マヌレレ・ディスティラーズ(Manulele Distillers)】
92-1770 Kunia Rd.Kunia, HI 96759
電話:(808)649-0830
http://www.kohanarum.com/

取材・文/相馬佳
新潟市出身、米国ハワイ州在住。ハワイ大学卒業後に現地でライター・編集職に就く。現在は国際通信社に勤務するほかハワイや日本のメディア等で活動中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ラハイナのサトウキビ列車、今は不定期運転 マウイ島とハワイ島で、廃線鉄道を探る【ハワイ楽園鉄道3】
  2. ハワイ楽園鉄道2 真珠湾の裏から発車する旧オアフ鉄道のトロッコ列車に乗る【ハワイ楽…
  3. ホノルルに残るオアフ鉄道のターミナル駅舎 ハワイ王国滅亡の物語と鉄道で島を支配したアメリカ【ハワイ楽園鉄道…
  4. ハワイで農場見学を楽しむ!オアフ島「ファームツアー」に参加してみ…
  5. ウクレレ好きならGO!ハワイ・ホノルルのウクレレ工場見学ツアー【…
PAGE TOP