新着記事

世界遺産リドー運河と水門を巡る水路クルーズ 【カナダ・オンタリオ州の旅2】

写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

家事代行サービスは、50代の既婚女性が一番利用している!

「家事代行サービス」とは、その名の通り、家主に代わり、水回りの掃除や食事の用意などを行なって…

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

【まんがでわかる地方移住2】地方移住をするために最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

定年世代に注目の新しいキャリア 「顧問」という働き方

文/鈴木拓也企業の「顧問」と聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか?多く…

中古品買取で最も人気なのは、やはりあのブランド!?

最近では、整理するための断捨離の一つの手段として、使わないものを単に捨てるのではなく現金化する!…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

ハワイの最高級ラム酒「コハナ」をオアフ島の蒸留所で楽しむ【大人のハワイの楽しみ方】

取材・文/相馬佳(ホノルル在住)

ハワイでは地産の農産物を使って多くのお酒が作られている事実をご存知でしょうか? 日本人にもファンが多いお酒「ラム」もその1つ。ハワイのラム酒は、今となっては廃れたものの、以前ハワイで大規模に栽培されていたサトウキビを使って作られています。

今回は、オアフ島西部のクニアにある「マヌレレ・ディスティラーズ(Manulele Distillers)」で蒸留されているラム酒「コハナ」をご紹介しましょう。

オアフ島西部のクニアは、以前大規模なパイナップルやサトウキビのプランテーション農園が存在していた場所です。今でも昔の名残りで農地が多く、H-1ハイウェイを降りてクニア・ロードに入ると、道路の両側に緑の農地と草地が広がっています。

そんな農地の中にぽつんと位置するのが、「コハナ(Kohana)」というブランドのラム酒を製造する会社「マヌレレ・ディスティラーズ(Manulele Distillers)」のディスティラリー(蒸留所)兼テイスティング・ルームの緑の建物。

マヌレレ・ディスティラーズを経営するオーナー2人は、バイオ燃料用のサトウキビ栽培を目的としてサトウキビの研究を始めたところ、サトウキビにまつわるハワイアンの伝説について知ったそうです。

そして、ハワイアンがかつて儀式などに使っていたものの、近年は行方不明になっていたサトウキビを探し当てた2人は、それを使ってラム酒を作ることを思いついたとか。

現在は「コハナ」の蒸留に使うサトウキビ10種と、ハワイ中から探し当てた伝統的なサトウキビ34種も栽培。蒸留所ではガイド付きのツアー(大人1人$25)も開催していて、参加するとこれらのサトウキビには種類によりさまざまな意味があることが学べます。

サトウキビの栽培に要する期間は約1年間だそうです。オーナーの意向により、「コハナ」を作る過程はすべて手作業。もちろん、サトウキビの収穫もナタを使って1本1本手で行われます。そして、サトウキビのジュースを搾り取る作業も、もちろん手作業なのです。

「コハナ」がハワイで一番ピュアなラムといわれる所以は、すべてが手作業で行われることもありますが、ラムの蒸留に糖蜜を使わず、サトウキビのジュースを使っていることによるものだそうです。

蒸留されたお酒は種類により別の樽に入れられ、熟成されます。無色透明の「ケア(Kea)」は90日間ステンレススティールの樽、琥珀色の「コホ(Koho)」と「コア(Koa)」はナラの樽に入れられ、熟成するまで数年間の時を要します。

こちらはマヌレレ・ディスティラーズのテイスティング・ルーム。広々とした倉庫風のコンテンポラリーなインテリアが素敵です。

できあがったラムはテイスティング・ルームでサンプルを味わうことが出来ます。私もテイスティグをしてきましたが、特にラム好きというわけでない私でも「コハナ」の透きとおるようなピュアな味わいははっきりと分かりました。

限定品である「コハナ」は今のところ同社のテイスティング・ルーム以外で購入することが出来ないため、飲んでみて気に入ったら迷わず購入してください!

*  *  *

今回ご紹介した「コハナ」の蒸留所のように、ホノルルの中心部を出てみると、オアフ島にだってまだまだ新しく面白い発見はあるのです。

ハワイ原産のサトウキビを使って丁寧に作られた最高級のラムを求めて、ぜひクニアまで足を伸ばしてみてください。お酒好きな方へのお土産にしても、喜ばれることでしょう。

【マヌレレ・ディスティラーズ(Manulele Distillers)】
92-1770 Kunia Rd.Kunia, HI 96759
電話:(808)649-0830
http://www.kohanarum.com/

取材・文/相馬佳
新潟市出身、米国ハワイ州在住。ハワイ大学卒業後に現地でライター・編集職に就く。現在は国際通信社に勤務するほかハワイや日本のメディア等で活動中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ハワイで農場見学を楽しむ!オアフ島「ファームツアー」に参加してみ…
  2. ウクレレ好きならGO!ハワイ・ホノルルのウクレレ工場見学ツアー【…
  3. ハワイの芸術の街にある人気の自家醸造ビール工房「ホノルル・ビアワ…
  4. ホノルルで人気の自家醸造ビールを堪能!「ワイキキ・ブリューイング…
PAGE TOP