新着記事

ダイナミックすぎる『オメガパーク』で体重約1トンの巨大野生動物に出会う

文・写真/藤木 香(カナダ在住ライター)いつかこの目で本物のカリブー(トナカイ)を見…

キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【にっぽん歴史夜話5】

 文/砂原浩太朗(小説家)キリシタン大名として著名な高山右近(たかやま・うこん、1552~1…

【夕刊サライ/福澤朗】カレーに合う日本酒!? 知る人ぞ知る「貴醸酒」に脱帽(福澤朗の美味・料理コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

軽症うつ病の治療にも効果的な「不眠解消」の具体的方法【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや人生、どうしても壁にぶち当たることがあります。離婚や介護、過労…

白洲次郎夫妻の旧邸「武相荘」を味わい尽くす写真イベント《Art of Life(日常の美)》

終戦直後、GHQとの折衝を担った実業家・白洲次郎と、日本の美意識を探究しつづけた稀代の随筆家…

【夕刊サライ/パラダイス山元】突き抜けた、極端なことだらけの生まれ故郷への旅(パラダイス山元の旅行コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

ハワイの最高級ラム酒「コハナ」をオアフ島の蒸留所で楽しむ【大人のハワイの楽しみ方】

取材・文/相馬佳(ホノルル在住)

ハワイでは地産の農産物を使って多くのお酒が作られている事実をご存知でしょうか? 日本人にもファンが多いお酒「ラム」もその1つ。ハワイのラム酒は、今となっては廃れたものの、以前ハワイで大規模に栽培されていたサトウキビを使って作られています。

今回は、オアフ島西部のクニアにある「マヌレレ・ディスティラーズ(Manulele Distillers)」で蒸留されているラム酒「コハナ」をご紹介しましょう。

オアフ島西部のクニアは、以前大規模なパイナップルやサトウキビのプランテーション農園が存在していた場所です。今でも昔の名残りで農地が多く、H-1ハイウェイを降りてクニア・ロードに入ると、道路の両側に緑の農地と草地が広がっています。

そんな農地の中にぽつんと位置するのが、「コハナ(Kohana)」というブランドのラム酒を製造する会社「マヌレレ・ディスティラーズ(Manulele Distillers)」のディスティラリー(蒸留所)兼テイスティング・ルームの緑の建物。

マヌレレ・ディスティラーズを経営するオーナー2人は、バイオ燃料用のサトウキビ栽培を目的としてサトウキビの研究を始めたところ、サトウキビにまつわるハワイアンの伝説について知ったそうです。

そして、ハワイアンがかつて儀式などに使っていたものの、近年は行方不明になっていたサトウキビを探し当てた2人は、それを使ってラム酒を作ることを思いついたとか。

現在は「コハナ」の蒸留に使うサトウキビ10種と、ハワイ中から探し当てた伝統的なサトウキビ34種も栽培。蒸留所ではガイド付きのツアー(大人1人$25)も開催していて、参加するとこれらのサトウキビには種類によりさまざまな意味があることが学べます。

サトウキビの栽培に要する期間は約1年間だそうです。オーナーの意向により、「コハナ」を作る過程はすべて手作業。もちろん、サトウキビの収穫もナタを使って1本1本手で行われます。そして、サトウキビのジュースを搾り取る作業も、もちろん手作業なのです。

「コハナ」がハワイで一番ピュアなラムといわれる所以は、すべてが手作業で行われることもありますが、ラムの蒸留に糖蜜を使わず、サトウキビのジュースを使っていることによるものだそうです。

蒸留されたお酒は種類により別の樽に入れられ、熟成されます。無色透明の「ケア(Kea)」は90日間ステンレススティールの樽、琥珀色の「コホ(Koho)」と「コア(Koa)」はナラの樽に入れられ、熟成するまで数年間の時を要します。

こちらはマヌレレ・ディスティラーズのテイスティング・ルーム。広々とした倉庫風のコンテンポラリーなインテリアが素敵です。

できあがったラムはテイスティング・ルームでサンプルを味わうことが出来ます。私もテイスティグをしてきましたが、特にラム好きというわけでない私でも「コハナ」の透きとおるようなピュアな味わいははっきりと分かりました。

限定品である「コハナ」は今のところ同社のテイスティング・ルーム以外で購入することが出来ないため、飲んでみて気に入ったら迷わず購入してください!

*  *  *

今回ご紹介した「コハナ」の蒸留所のように、ホノルルの中心部を出てみると、オアフ島にだってまだまだ新しく面白い発見はあるのです。

ハワイ原産のサトウキビを使って丁寧に作られた最高級のラムを求めて、ぜひクニアまで足を伸ばしてみてください。お酒好きな方へのお土産にしても、喜ばれることでしょう。

【マヌレレ・ディスティラーズ(Manulele Distillers)】
92-1770 Kunia Rd.Kunia, HI 96759
電話:(808)649-0830
http://www.kohanarum.com/

取材・文/相馬佳
新潟市出身、米国ハワイ州在住。ハワイ大学卒業後に現地でライター・編集職に就く。現在は国際通信社に勤務するほかハワイや日本のメディア等で活動中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ハワイで農場見学を楽しむ!オアフ島「ファームツアー」に参加してみ…
  2. ウクレレ好きならGO!ハワイ・ホノルルのウクレレ工場見学ツアー【…
  3. ハワイの芸術の街にある人気の自家醸造ビール工房「ホノルル・ビアワ…
  4. ホノルルで人気の自家醸造ビールを堪能!「ワイキキ・ブリューイング…
PAGE TOP