新着記事

『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』

テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

小宮悦子×中野信子スペシャルトークイベント ~いい記憶をつくる考え方~[PR]

オフィスの温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスの温度事情

エアコン温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスは7割以上の男性は“暑い”、女性の過半数は“寒い”

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

リタイア後に受け取れる年金は?【今からはじめるリタイアメントプランニング】

あなたはどんな公的年金を受け取れる?|日本の年金制度を理解する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

越後長岡喜作弁当

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その2】

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その1】

サライ読者世代に聞いた「写真撮影の主な目的」とは?

「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日)

江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く【特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

ハワイの芸術の街にある人気の自家醸造ビール工房「ホノルル・ビアワークス」【大人のハワイの楽しみ方】

取材・文/相馬佳(ホノルル在住)

いまハワイでは、地元で自家醸造した独特の美味しいビールが楽しめる“マイクロブリュワリー”が、ちょっとしたブームとなっています。

そんなブリュワリーを紹介するこのシリーズ、前回に引き続き、今回は最近目覚ましい発展を遂げているダウンタウン近くの芸術の街・カカアコにある人気のブリュワリーをご紹介します。

*  *  *

以前は倉庫や工場ばかりが並んでいたカカアコですが、いつからかアーティストが多く移り住むようになり、アートスタジオを構え始めました。

集まったアーティストたちが倉庫の巨大な壁面にウォールアートを描いて、街は一躍有名になりました。今では新しいコンドミニアムが多く建ち、お洒落なカフェやレストランが点在する若年層に人気のエリアとなりました。

そんなカカアコに2014年にオープンしたのが「ホノルル・ビアワークス(Honolulu Beerworks)」。ホノルルにおける近年のマイクロブリュワリー・ブームの先駆けともいえる人気のお店です。

以前は倉庫街だったカカアコで、既存していた倉庫をオーナーのジェフ・サイドマンさんが改造して作り上げたという広々としたロフト風のインテリア。営業中は窓を全て開け放ったオープンエアの状態で、とっても気持ちのいい空間です。

不思議なことに、オープンエアでも虫は入ってきません。

オーナーのジェフさん。

ジェフさんはペンシルバニア州フィラデルフィア出身で、ハワイ移住後は有名ホテルでシェフを務めていたそうですが、自宅で始めたビール作りが高じてブリュワリーをオープンしようと思い立ったとか。その後コツコツと資金や経営法、場所などの準備をしてビール醸造のプロを雇い、ようやくホノルル・ビアワークスのオープンに至ったそう。

地産の食材や世界中から取り寄せたさまざまなホップを駆使して、他では見られないユニークな自家醸造のビールを創作しています。

 

さまざまなビールを少しずつ何種か楽しめるのが写真の「サンプラー」。小さなグラスで何種か試してみてください。皆同じ色のビールに見えますが、左から「ピア・マヒアイ・セゾン(Pia Mahiai Honey Citrus Saison)」、ローストしたココナッツの風味が南国らしいビール「ココ・ヴァイツェン(Coco Weizen)」、そして米国産カスケード・ホップを使い、ほのかな柑橘系のノートに少しだけ苦みが利いた「ポイント・パニック・ペール・エール(Point Panic Pale Ale)」です。

とくにお薦めしたいのは、あまりビールが好きではないという人でもスイスイ飲めてしまう「ピア・マヒアイ・セゾン」。「ピア・マヒアイ」とはハワイ語で「農民のビール」という意味だとか。

ベルギー・ファームハウス様式のビールにハワイ産の柑橘類(タンジェリン、レモン、オレンジ、ライム)やレモングラス、ビッグアイランド産のはちみつを加えたライトなビールで、すっきりと口あたりのいいフレッシュな味わいが素晴らしく、筆者もお気に入りです。

*  *  *

オーナーのジェフさんは元シェフだけあって料理はお手のもの。もちろんお店のメニューも自分で考案したそうで、ビールを飲みながら堪能できる美味しい料理が数多く揃っています。

まず最初にご紹介したいのはランチのみのメニュー、「パシフィック・サーモン・サラダ・サンドウィッチ(Pacific Salmon Salad Sandwich)」($10.25)。

ハワイ産のタロを使ったパンは中がきれいな紫色。サーモン(サケ)は醤油とワサビで味付けして、その上にフリカケをかけているそうです。

食べても和風の味付けにはほとんど気がつきませんが、タロパンのかすかな甘みとマッチして食べやすく、ランチにぴったり。マウイ産トマトとカイワレも挟まれています。

そして外食でもしっかり野菜が食べたい人におススメなのが「オール・ミクスト・アップ・グリーンズ(All Mixed Up Greens)」($10)。

地産のレタスにナッツ類とドライクランベリーを混ぜ、ブルーチーズをトッピング。クランベリーの甘みとシャキシャキしたナッツの歯応えがレストランの自家製バルサミコ酢ドレッシングによく合います!

*  *  *

せっかくハワイに来たからには、ローカルに混じって地元の食や飲み物を満喫してみたいもの。カカアコへはワイキキから19番か20番のバスに乗りクック・ストリート前で降りれば、すぐにホノルル・ビアワークスが見つかります。午前11時から開いていますので、ランチを兼ねて来るとカカアコのウォールアート観覧も一緒に楽しめます。

レンタカーで来る場合は道路沿いにコインパーキングがありますが、運転手はお酒を飲まないようご注意くださいね!

【Honolulu Beerworks】
328 Cooke St.Honolulu, HI
営業時間:月~木曜 11:00~22:00 金~土曜11:00~24:00 日曜休
http://www.honolulubeerworks.com/

取材・文/相馬佳
新潟市出身、米国ハワイ州在住。ハワイ大学卒業後に現地でライター・編集職に就く。現在は国際通信社に勤務するほかハワイや日本のメディア等で活動中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 世界第二のビール消費国、オーストリアのビール事情と工場見学 世界第二のビール消費国・オーストリア|飲み放題の試飲付き「ビール…
  2. ラハイナのサトウキビ列車、今は不定期運転 マウイ島とハワイ島で、廃線鉄道を探る【ハワイ楽園鉄道3】
  3. ハワイ楽園鉄道2 真珠湾の裏から発車する旧オアフ鉄道のトロッコ列車に乗る【ハワイ楽…
  4. ホノルルに残るオアフ鉄道のターミナル駅舎 ハワイ王国滅亡の物語と鉄道で島を支配したアメリカ【ハワイ楽園鉄道…
  5. ビールを飲む場は意外にも……!? ビールの飲用に関するアンケート調査 とりあえずビール? 最新調査から見えてきたみんなのビール事情
PAGE TOP