新着記事

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」郷土色溢れるお雑煮は、伝えていきたい究極の和食(コウケンテツの料理コラム 最終回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

【閲覧注意】カレー好きもカレー嫌いになるイヤな妄想画像10コ【イシグロ妄想研究所 vol.4】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)「カレーはどうもニガテで食べられない……」とい…

知られざる履きやすい下駄!東京浅草・高久の八ツ割下駄【メイドインニッポン紀行】

取材・文/編集部東京・浅草は新仲見世通りに店を構える高久は、創業80年の江戸小物・雑…

ヘルニア患者の長引く腰痛、原因は「トリガーポイント」だった【川口陽海の腰痛事件簿 第1回】

取材・文/わたなべあや腰痛トレーニング研究所の川口陽海(かわぐち・はるみ)さんは、自…

【名門校の青春食堂 第6回】早稲田中学校高等学校×メルシーのラーメン(東京・早稲田)

文/鈴木隆祐早稲田生に愛されてきたワセメシの代表選手『メルシー』のラーメン早…

なぜお金持ちは長生きする?健康と経済の共通点から導く「健康長寿の秘訣」とは【予防医学の最前線】

文/中村康宏「お金」と「健康」といえば、サライ世代の多くの人が気にかけている問題では…

【夕刊サライ/角田光代】エジプト:悠久の街と、私のなかの悠久(角田光代の旅行コラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

長崎・小値賀の2つの教会【長崎の潜伏キリシタン関連遺産を旅する 第2回】旧野首教会/小値賀教会

写真・文/石津祐介キリスト教が禁教とされた時代、頑なに信仰を貫いた潜伏キリシタン。その信仰の…

袖裾ゴム式作務衣|軽快な着心地で動きやすい夏の作務衣

これからの季節は、庭仕事など屋外での作業が増えてくる。そんなときの“作業着”のひとつとして、…

谷崎潤一郎がまとっていた絢爛豪華な長襦袢【文士の逸品No.21】

◎No.21:谷崎潤一郎の長襦袢文/矢島裕紀彦長襦袢と呼ぶには、余りにも絢爛…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

通販

松阪レザーの財布|使うほどに光沢が増す松阪牛革の高級財布

松阪レザーの長財布と二つ折り財布

左から二つ折り財布/豊土、長財布/豊土(おうど/ブラウン)
飼育からなめし、縫製も国内。財布の内側に松阪牛の個体識別番号が刻印されている。

最高級のブランド牛として知られるのが松阪牛である。農家が手塩にかけて育てた和牛は、その肉質だけでなく革も品質が非常に高い。松阪牛の霜降り肉には、とろけるような油脂分が多く含まれる。この脂は、なめした革にも残り、使ううちに油分が染み出て、艶やかな光沢を見せるようになる。

そんな高品質の「松阪レザー」で作った革財布がこちら。松阪レザーの財布は、ポケットの中で擦れ、また持ち主の体温などによって次第に手に馴染み、特段手入れをしなくてもエナメルのような質感に変化を見せる。いったん光沢を放つと、鈍ることがないのが松阪レザーの特長である。

さて、この財布には松阪牛の固体識別番号が刻印されている。この番号を三重県松阪食肉公社のホームページで検索すると、和牛の素性などが分かる仕組みだ。

生まれ育ちから純国産。日本の風土の中で育まれた、松阪牛の分身というべき高級革財布である。

松阪レザーの長財布と二つ折り財布

手入れは柔らかな布で拭く程度。愛用するうちに革の油分が出てきて、光沢が増してくる。この経年変化を愉しんでいただきたい。

商品名/松阪レザーの長財布と二つ折り財布
メーカー名/バンビ(日本)
価 格(消費税8%込み)/25,920円~

buttonB

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP