新着記事

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦×土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

老後を自宅で過ごしたいなら「地域包括支援センター」知っておきたい基本のき

取材・文/坂口鈴香前回は有料老人ホームやサ高住など、自宅以外の老後の住まいについて解説し…

【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』を口演します

ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年6月の第…

泉鏡花が憑かれたように集めた兎の置物【文士の逸品No.16】

◎No.16:泉鏡花の兎の置物文/矢島裕紀彦神経症と言っていいくらいの、独自…

【インタビュー】横山はる江(青森「はるえ食堂」店主)名物焼きおにぎりの旨さの秘訣は?

【サライ・インタビュー】横山はる江さん(よこやま・はるえ、はるえ食堂店主)――青森の市場…

【夕刊サライ/テリー伊藤】「『ちょいフル中古車』でオトコを奮い立たせろ!」(テリー伊藤のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

手でつまむか、箸で食べるか?握り寿司の上手な食べ方【食いしん坊の作法 第3回】 

文/山本益博江戸の古川柳に「握られて出来て食いつく鮨の飯」というのがあります。握り鮨…

アニリンバッファローレザー3wayドクターバッグ|堅牢なバッファローレザー製の鞄

日用から1泊程度の旅まで幅広く対応する、バッファローレザー(水牛の革)の上品な3ウェイバッグ…

万病の元「慢性炎症」が加齢によって起きやすくなる3つの理由【予防医療の最前線】

文/中村康宏前回お話したように、生活習慣病やがんを含む加齢関連疾患に共通するメカニズ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

ウクレレ好きならGO!ハワイ・ホノルルのウクレレ工場見学ツアー【大人のハワイの楽しみ方】

取材・文/相馬佳(ホノルル在住)

ハワイ特有の楽器、ウクレレ。19世紀にポルトガル移民が持ち込んだ民族楽器が由来だと伝えられますが、ハワイに持ち込まれた後は独自の歴史をたどって今の形に発展し、今ではハワイアン・ミュージックに欠かせない楽器となりました。

ハワイにはウクレレを製造する有名な企業が数社あります。「企業」といえどそのほとんどがファミリービジネス(家族経営)。その中で現在世界第3位のウクレレ生産・販売量を誇るのが「コアロハ・ウクレレ(KoALOHA Ukulele)」です。「コアロハ」とは、ハワイ語で「あなたの愛」という意味だそうです。

ハワイではなく「世界」第3位というのにはれっきとした理由があります。今やウクレレ、そしてハワイアン・ミュージックは、日本や米本土はもちろんヨーロッパなど地球のあらゆる場所で大人気。ウクレレは世界のさまざまな国で需要があるのです。

ホノルルにあるコアロハ・ウクレレの新社屋兼工場は、アラモアナ・センター向かい(ピイコイ・ストリート側)の便利なロケーションにあります。旧社屋はカリヒにあったそうですが、賃貸契約終了時に絶好のタイミングでアラモアナに移ったそうです。(ちなみにコアロハ・ウクレレの隣にはハワイアンバンド「マノアDNA(Manoa DNA)」のファミリーが経営するハワイアンウェアブランド「イオラニ(Iolani)」もあります)

さて、コアロハ・ウクレレの建物に入ると、まずはショップスペースがあります。ここでは工場直売のウクレレやTシャツなどロゴアイテムなどが購入可能なほか、壁に展示されたコアロハの歴代ウクレレを見ることができます。

ウクレレはカスタムで製造して日本まで送ってもらうことも出来ますが、こちらは時間がかかるそうなのでスタッフにご相談ください。

コアロハ・ウクレレでは、月曜から金曜まで、毎日午後1時から無料のツアーを開催しており、時間までに訪問すれば予約なしで参加することが可能です。ツアーでは工場の中に入り、ウクレレ制作に関する説明を聞きながら実際の制作行程を見学することが出来ます。所要時間はおよそ20分程度です。

また、自分だけのウクレレを作ることができる「スペシャルファクトリーツアー」もあり、こちらは要予約。参加費用はウクレレも合わせて$350。所要時間はおよそ1.5時間~2時間程度となります。

各製造行程は別の従業員が担当しており、いずれの行程も高度な技術を要します。ちなみにここで働いている従業員の中には現役のプロミュージシャンもおり、社長のアルヴィン・オカミさん(パパさん)自身もミュージシャン。皆ハワイアン・ミュージックとウクレレに情熱とプライドを持って働いています。

こちらは仕上がりに近くなったウクレレ。こうして1つ1つ手作業で丁寧に仕上げるため、大量生産するわけにもいかないそうでが、そこが高品質といわれる所以ですね。

この日は社長夫人のパトリシア・オカミさん(ママさん)も仕上げ行程のお手伝いをされていました。オカミご夫妻曰く「手が足りなくなると私たちも制作に参加しますよ」とのこと。そんな和気あいあいとした家族のような雰囲気を持つ会社です。

ツアーに参加すると、ウクレレがこうして愛情をこめて作られていることが分かります。

ウクレレにはソプラノ、コンサート、テナーの3サイズがあります。この中で一番小さく、低価格なのがソプラノ。ということでつい初めての人はソプラノに手が伸びてしまいそうになりますが、コアロハ・ウクレレ副社長のブライアンさんによると「サイズが小さいから初心者に弾きやすいというわけではない」そうです。

「サイズが合わないウクレレだと結局弾かなくなってしまうこともあるので、自分合ったサイズを選ぶことから始めるといいですよ」とのこと。ウクレレを弾き始めたばかりという方であれば、まずお店のスタッフに相談しましょう。

またウクレレ上達の秘訣は、1人で黙々とするよりも、同じウクレレ愛好家の仲間を増やすことだとか。スクールに通ったり、愛好家のクラブに所属したりする「ウク友」がいることで上達も早くなり、ウクレレを弾くことがどんどん楽しくなっていくはず、だそうです。

*  *  *

以上、今回はホノルルにあるウクレレメーカー、コアロハ・ウクレレの工場見学ツアーをご紹介しました。ツアーはウクレレを購入しなくても参加することができますので、まずは見学したいという方、ハワイ文化や音楽に興味のある方は、今度ホノルルにいらしたら、ぜひ足を運んでみてくださいね!

【KoALOHA Ukulele】
1234 Kona St., 2FL, Honolulu, HI 96814
(808)847-4911
月~金曜 8:00~17:00
土、日、連邦祝祭日休
koaloha.com

取材・文/相馬佳
新潟市出身、米国ハワイ州在住。ハワイ大学卒業後に現地でライター・編集職に就く。現在は国際通信社に勤務するほかハワイや日本のメディア等で活動中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ハワイで農場見学を楽しむ!オアフ島「ファームツアー」に参加してみ…
  2. ハワイの最高級ラム酒「コハナ」をオアフ島の蒸留所で楽しむ【大人の…
  3. ハワイの芸術の街にある人気の自家醸造ビール工房「ホノルル・ビアワ…
  4. ホノルルで人気の自家醸造ビールを堪能!「ワイキキ・ブリューイング…
PAGE TOP