新着記事

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの和菓子「中村軒」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」 (2/24~3/1)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)牡羊座~蟹座編

車でおでかけ途中に子どものテンションを下げないコツ

ドイツ製折りたためるエルゴクラッチ【非課税品】|軽くて丈夫。持ち運びも楽な肘当て付きステッキ

【独身女性50代の岐路】仕事一途の30年。挫折をしても最後に誇れるのは「仕事をする自分」だった~その2~

【独身女性50代の岐路】仕事一途の30年。挫折をしても最後に誇れるのは「仕事をする自分」だった~その1~

光秀と藤孝が出会った〈戦国青春グラフィティ〉の一コマ。

戦国時代きってのエリート武将・細川藤孝。光秀を裏切って摑んだ「子孫繁栄」の道【麒麟がくる 満喫リポート】

腰痛・坐骨神経痛を改善する歩き方とは?【川口陽海の腰痛改善教室 第35回】

腰痛・坐骨神経痛を改善する歩き方とは?【川口陽海の腰痛改善教室 第35回】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

悪しき風習?山口瞳が水割りを嫌った理由【ウイスキーよもやま話1】

文/矢島裕紀彦

『礼儀作法入門』で知られる作家の山口瞳は、酒の飲み方にも一家言を持っていた。『酒呑みの自己弁護』と題するエッセイの中でも、自身のこだわりのスタイルをさまざまに述べている。

そもそも山口瞳は、ウイスキーを飲むときけっして水では割らなかった。「いったい、ウイスキーを水で割るという悪しき風習はどうやって生じたのだろうか。本来、強い酒の強い味と香りを楽しむべきものを薄めてしまうという考えが私にはどうしても納得いかない」と主張していた。

店で「水割りですか?」などと尋ねられようものなら、「酒を水で割って飲むほど貧乏しちゃいねえや」と答えるのが常で、ストレートまたはオン・ザ・ロックスで飲んだ。この「オン・ザ・ロックス」という表現も、こだわりのひとつ。山口瞳は「オンザロック」でなく、あえて「オン・ザ・ロックス」と書いていた。「オンザロック」では氷が大きすぎるように思えるというのだった。

なお、割るのは同じでも、ウイスキーをソーダ水で割るハイボールは、伝統的な飲み方のひとつとして推奨していたし、本人も楽しんでいた。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。著書に『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。現在「漱石と明治人のことば」を当サイトにて連載中。

※本記事は「まいにちサライ」2012年3月31日配信分を転載したものです。

【お知らせ】
『サライ』2017年12月号は「ウイスキー」の大特集です。「そもウイスキーとは」のおさらいはもちろん、全国の蒸溜所を巡る旅企画、日本屈指のバーテンダーによる「家飲みの極意」伝授も見逃せません。

※くわしくは上の表紙画像をクリック!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ジャック・ダニエル蒸留所 アメリカ・テネシー州の蒸留所ツアーで知る、「ジャック・ダニエル」…
  2. ファン垂涎!『デビルマン』ラベルの特別なスコッチウイスキーがやっ…
  3. 連載40周年『釣りバカ日誌』ラベルの特別なシングルモルトウイスキ…
  4. わたせせいぞうラベルの超稀少なシングルモルトウイスキーが発売
  5. 高嶺の花だった懐かしの「舶来ウイスキー」がぐんと身近になった理由…
PAGE TOP