新着記事

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その2~

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その1~

江戸城・松の大廊下跡

「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴史夜話23】【にっぽん歴史夜話23】

明智光秀が葬られたとされる桔梗塚。今も荒深一族が管理している。

光秀ゆかりの地・岐阜県山県市発 明智光秀生存伝説|関ケ原合戦参陣で溺死した老光秀と墓地を守り続ける光秀の末裔

古今亭志ん輔

【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り佐平次』を演じます

シニアに聞いた「祖父母と孫の関係」|孫へ想いや言葉を伝えたいシニアは約8割

約8割のシニアが、お盆や年末年始以外も、孫と会うためのきっかけ作りを行なっている

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

健康

脂肪は健康の敵ではない!研究に基づいた「体にいい脂肪」の摂り方【予防医療の最前線】

文/中村康宏

肥満というのは万病の元。肥満にならないように、体重を一定に保つには、消費するエネルギーと同じ量のカロリーを摂取すれば良いのですが、この等式を鵜呑みにしてはいけません。

ポテトチップスやファーストフードがメインの食事でもいいのでしょうか? どの栄養素(炭水化物、タンパク質、脂質)からカロリーを摂取してもよいのでしょうか?

実は、心臓病、脳卒中、糖尿病などの生活習慣病関連疾患を防ぐような食べ物や食事パターンについては、たくさんの研究があります。そこで今回は、研究に基づいた「健康にいい脂肪」の正しい取り方にしぼってご紹介しましょう。

■「低脂肪食品」に潜むワナ

1920年代以降、ファッション雑誌等の影響で、女性たちに“細い体がいい”という概念が定着し始め、プロポーションを保つためには脂肪摂取を避け、低脂肪食品を摂るのがいい、という考えが広まりました。そして長い間、健康維持とダイエットには低脂肪がいいとうたわれてきました。

しかし、これは炭水化物やタンパク質のカロリー(4kcal/g)より脂肪のカロリー(9kcal/g)の方が、同じ量でも2倍以上高い、という代謝や吸収のことを考慮しない単純な知識によるものなのです(*1)

近年の研究結果では、この考えは否定されています。例えばアメリカで行われた研究では、30年間に、食事に占める脂質の割合が落ち続けているのに、肥満患者が急増しているという傾向が示されています(*2)。また他の研究でも、低脂肪ダイエットをすることと、普通の脂質量や高脂質の食事をすることとの間に、体重管理のしやすさに全く差はなく(*3)、病気の予防に関しても効果がなかったとの結果が出ています(*4)。それどころか、逆に高脂質の食事をしていたグループのほうが体重が減ったという結果も出ているのです(*5)

問題は、低脂肪食品の多くが糖類を多く含むということです。例えば低脂肪乳(2%牛乳)を1カップ(180ml)飲むと、12.3gの砂糖を摂取することになります。つまりコーラ120ml、オレオ(ビスケット)約4枚分に値する砂糖を摂取していることになるのです。

とくに、低脂肪乳に使われる砂糖は、急速に吸収されてしまうもので、体重増加や糖尿病、心臓病などの病気になりやすいとされています。このような中で、ハーバード大学では、低脂肪乳は健康でないと位置付けています。

ハーバード大学のポスターより。「If you think drinking low-fat milk is good for your health, think again.(もし低脂肪乳が体にいいと考えているなら、考え直したほうがいい。)」

■脂肪の摂取は「量」より「質」が問われる

脂肪(脂質)の摂取は、健康維持にとって制限すべきものではありません。ただし健康にいい食事には、摂取する脂質の「量」より「質」が問題になってきます(*6)

そもそも脂質には不健康な脂質(=トランス脂肪酸や飽和脂肪酸)健康な脂質(=不飽和脂肪酸)とがあるのをご存知でしょうか。4万2000人の中年女性の体重を8年間観察した研究では、不健康な脂質は体重増加に関与し、健康な脂質を摂取し続けた人は体重増加しなかったと報告されています(*7)

脂肪は、不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸に分類され、不飽和脂肪酸は、さらにトランス型とシス型に分類されます。このうち、体にいいとされる脂質は、シス型の不飽和脂肪酸のみです(*8)

シス型不飽和脂肪酸の代表的なものは、次のようなものです。

αリノレイン酸・EPA・DHA(オメガ3):魚介類に含まれる

リノール酸・アラキドン酸(オメガ6):植物油(ひまわり油など)

オレイン酸(オメガ9):ナッツ・アボガド・オリーブオイル

オレイン酸を多く含むナッツは、カロリーは高いものの体重は増加せず、むしろ体重減少を助ける役割をし、タンパク質や繊維が豊富で、病気にもなりにくくなるとされています。さらにオリーブオイルは、先にご紹介した「地中海式食事法」でも多用されているとおり、確立された“体にいい食事法”の中心的役割を担っているのです。

*  *  *

以上、今回は、体にいい脂肪の取り方についてご紹介しました。

脂肪は「量」より「質」を重視すること、また低脂肪食品の摂取がダイエットや健康維持に直結しないことを、ぜひ知っておいてください。そしてその上で、健康で病気になりにくい食事を意識し、良質な脂質を積極的に摂取するようにしましょう。

【参考文献】
(*1)La Berge AF. J Hist Med Allied Sci 2008.
(*2)Melanson EL, Ann Net Metab 2009.
(*3)Shai I , NEJM 2008.
(*4)Howard BV, JAMA 2006.
(*5)Sacks FM, NEJM 2009.
(*6)Mozaffarian D NEJM. 2011
(*7)Field AE. Obesity 2007.
(*8)e-ヘルスネット. 厚生労働省

文/中村康宏
関西医科大学卒業。虎の門病院で勤務後New York University、St. John’s Universityへ留学。同公衆衛生修士課程(MPH:予防医学専攻)にて修学。同時にNORC New Yorkにて家庭医療、St. John’s Universityにて予防医学研究に従事。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 60代以上の二人暮らしのシニア夫婦、毎日夕食を一緒に食べる夫婦は70%超 60代以上の二人暮らしのシニア夫婦、毎日夕食を一緒に食べる夫婦は…
  2. ダイエット 「食事制限ダイエット」で目標を達成した人が明かす成功の秘訣
  3. スタイル 40代~50代の自分のスタイルに自信がある人が、体型維持のために…
  4. 履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方
  5. 好みでシナモンかバニラエッセンスをひとふりして完成 アンチエイジング効果があると話題の「アーモンドミルク」の秘密
PAGE TOP