新着記事

【ビジネスの極意】やりたい仕事とはどのような仕事ですか?|「やりたい仕事」を追い求めて消耗する人たち

【ビジネスの極意】やりたい仕事とはどのような仕事ですか?|「やりたい仕事」を追い求めて消耗する人たち

蒸れを防ぐ秘密機構で夏場も快適な撥水帽子

『あなたへ』

降旗康男監督と高倉健が組んだロードムービー『あなたへ』【面白すぎる日本映画 第31回】

夏の登山・ハイキング人気スポットランキング!

登山・ハイキング人気スポットランキング|「世界自然遺産」から「日本百名山」まで夏に行きたい景勝地10選

高血圧

「高血圧治療ガイドライン」改定であなたも高血圧!?|40代からは塩分量に注意が必要!

畳の香りにつつまれて極上の昼寝ができる快眠寝具セット

スタンダードの「供給源」|ブロードウェイ・ミュージカルとグレイト・アメリカン・ソングブック【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

ブロードウェイ・ミュージカルの名曲をジャズマンが演奏する理由【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

食の安全。自分の身を自分で守るためには|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

危険な食品添加物から自分の身を守る|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

お葬式の費用は半数が100万円から200万円以下

わからないことだらけのお葬式の費用|約5割が「一般葬」で100万円から200万円払っている!

自宅で焼酎パーティを開きたくなる美濃焼の焼酎サーバー

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

宇治島(広島県)|静かな無人島は野生の鹿たちの楽園だった【瀬戸内の知られざる島々紀行2】

取材・文/小林希

瀬戸内海には、有人島のほか無人島がいくつもありますが、その中に、野生の鹿が暮らしている周囲4キロの小さな無人島「宇治島」があります。香川県と岡山県の海域近くでもあり、多方面から行くことができる位置に浮かんでいます。

ただ、そこは無人島。桟橋もなければ、フェリーの定期便なんてありません。つまり、自力で行くには船をチャーターしなくてはなりません。そう聞くと、ちょっと億劫に感じるかもしれませんが、実はとっても冒険的で楽しい旅になります。何と言っても、普段しないことをするのが島旅の楽しさですから!

私がこの島を訪ねて行くときは、香川県の詫間というところから『瀬戸内海ボートクルージングFUJIWARA』(http://fujiwara.hp-ez.com/)さんにお願いすることが多いです。船長の藤原さんの気さくな人柄と良心的な値段で、さまざまな業界・業種の方が彼の船に乗るそうです。

宇治島の浜辺と鹿と美しい海

小さな子供たちのいる友人家族を誘って、詫間港から小型船に乗って出航します。瀬戸内海らしい穏やかなべた凪の海を走り、幾重に浮かぶ島々の陰影を楽しむこと1時間、船はエンジン速度を急速に落とし、前方に見える浜辺へと向かいます。

エメラルドグリーンに煌めく美しい海の色に、小さな子供たちも「綺麗!」と叫びます。6、7メートル下の海底までも透き通って見えるほどの抜群の透明度なのです。

船は、高らかな汽笛をならして前進。すると、島の中、前方からなにやらこちらに向かってぴょんぴょん走ってくる生き物が何頭もいます。

「汽笛をならしたからね、野生の鹿が、ご飯をもらえると思ってやってくるんだよ」と、浅瀬に錨をおろしながら藤原さんが教えてくれました。

浅瀬に船を停泊させて、宇治島に上陸

船の舳先から一人ずつ降りて、無人島に上陸します。もちろん、私たちの他には誰もいません。島は貸し切り状態です。のんびり、ゆっくりと過ごせますが、その暇もなく、鹿が次から次へとやってきては、何かもらえないかとおねだり顔でみてきます。

藤原さんが用意してくれていた食パンを子供たちが食べさせ、大人は撮影大会。瀬戸内海で水浴びをしている鹿の写真、なんて絵になるのでしょう。

何かもらえないかと人の傍までやってくる鹿たち

かつて宇治島は有人島でした。小中学校まであったといいます。ここで人の暮らしが営まれていたのです。それが急激な過疎化によって、1967年には完全に無人島となりました。

いま、瀬戸内海の島々も、多くの島が過疎化、高齢化で「無人島になってしまう」ことを憂いているのが現状です。何も無い島では、今暮らしている高齢者たちが余生を過ごしているだけというように思われています。でも、何もない島にこそ、きらっと煌めくような魅力があります。

無人となった後でも、宇治島のように鹿たちが島の守り人のような役目を担い、きらっと煌めく何かを求める旅人たちが、後を絶たない島もあるのです。

取材・文/小林希
旅作家・フォトグラファー。1982年生まれ。出版社を退社して、その日の夜から旅に出る。1年後帰国して『恋する旅女、世界をゆく-29歳、会社を辞めて旅に出た』で作家デビュー。著書に『泣きたくなる旅の日は、世界が美しい』や『美しい柄ネコ図鑑』など多数。現在55カ国をめぐる。『Oggi』や『デジタルカメラマガジン』で連載中。インスタグラム:nozokoneko

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 立杭陶の郷 【陶磁器の街を訪ねて】日本六古窯のひとつ、丹波立杭でうつわ巡り|…
  2. 【うつわの街を訪ねて】日本で初めて磁器が焼かれた産地、有田でうつわ巡り 【陶磁器の街を訪ねて】400年の歴史が息づく日本磁器発祥の地、有…
  3. 北九州市立いのちのたび博物館 日本の博物館ランキング2018 トップ20|旅好きが選ぶ第1位は…
  4. 2018年 評価の高い隠れ宿ランキング 2018年 評価の高い隠れ宿ランキング|1位は「下呂温泉 今宵天…
  5. 宇津ノ谷明治トンネルの入り口 「インフラツーリズム」流行中|第一人者が語る「トンネル歩き」の魅…
PAGE TOP