新着記事

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

夫婦から息子へと受け継がれた「マツダ ロードスター」ある家族の物語

高知県南国市。田畑が広がる緑豊かな住宅地に松村一亀(かつき)・倫子(のりこ)さん夫妻の自宅はある。ガ…

墨汁も半紙も使わない水筆書道|乾けば何度でも使える水筆用の書道セット

水と筆があれば、墨汁を使わなくても書道の練習ができるセット。半紙の代わりに使うのは「水写布」…

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

宇治島(広島県)|静かな無人島は野生の鹿たちの楽園だった【瀬戸内の知られざる島々紀行2】

取材・文/小林希

瀬戸内海には、有人島のほか無人島がいくつもありますが、その中に、野生の鹿が暮らしている周囲4キロの小さな無人島「宇治島」があります。香川県と岡山県の海域近くでもあり、多方面から行くことができる位置に浮かんでいます。

ただ、そこは無人島。桟橋もなければ、フェリーの定期便なんてありません。つまり、自力で行くには船をチャーターしなくてはなりません。そう聞くと、ちょっと億劫に感じるかもしれませんが、実はとっても冒険的で楽しい旅になります。何と言っても、普段しないことをするのが島旅の楽しさですから!

私がこの島を訪ねて行くときは、香川県の詫間というところから『瀬戸内海ボートクルージングFUJIWARA』(http://fujiwara.hp-ez.com/)さんにお願いすることが多いです。船長の藤原さんの気さくな人柄と良心的な値段で、さまざまな業界・業種の方が彼の船に乗るそうです。

宇治島の浜辺と鹿と美しい海

小さな子供たちのいる友人家族を誘って、詫間港から小型船に乗って出航します。瀬戸内海らしい穏やかなべた凪の海を走り、幾重に浮かぶ島々の陰影を楽しむこと1時間、船はエンジン速度を急速に落とし、前方に見える浜辺へと向かいます。

エメラルドグリーンに煌めく美しい海の色に、小さな子供たちも「綺麗!」と叫びます。6、7メートル下の海底までも透き通って見えるほどの抜群の透明度なのです。

船は、高らかな汽笛をならして前進。すると、島の中、前方からなにやらこちらに向かってぴょんぴょん走ってくる生き物が何頭もいます。

「汽笛をならしたからね、野生の鹿が、ご飯をもらえると思ってやってくるんだよ」と、浅瀬に錨をおろしながら藤原さんが教えてくれました。

浅瀬に船を停泊させて、宇治島に上陸

船の舳先から一人ずつ降りて、無人島に上陸します。もちろん、私たちの他には誰もいません。島は貸し切り状態です。のんびり、ゆっくりと過ごせますが、その暇もなく、鹿が次から次へとやってきては、何かもらえないかとおねだり顔でみてきます。

藤原さんが用意してくれていた食パンを子供たちが食べさせ、大人は撮影大会。瀬戸内海で水浴びをしている鹿の写真、なんて絵になるのでしょう。

何かもらえないかと人の傍までやってくる鹿たち

かつて宇治島は有人島でした。小中学校まであったといいます。ここで人の暮らしが営まれていたのです。それが急激な過疎化によって、1967年には完全に無人島となりました。

いま、瀬戸内海の島々も、多くの島が過疎化、高齢化で「無人島になってしまう」ことを憂いているのが現状です。何も無い島では、今暮らしている高齢者たちが余生を過ごしているだけというように思われています。でも、何もない島にこそ、きらっと煌めくような魅力があります。

無人となった後でも、宇治島のように鹿たちが島の守り人のような役目を担い、きらっと煌めく何かを求める旅人たちが、後を絶たない島もあるのです。

取材・文/小林希
旅作家・フォトグラファー。1982年生まれ。出版社を退社して、その日の夜から旅に出る。1年後帰国して『恋する旅女、世界をゆく-29歳、会社を辞めて旅に出た』で作家デビュー。著書に『泣きたくなる旅の日は、世界が美しい』や『美しい柄ネコ図鑑』など多数。現在55カ国をめぐる。『Oggi』や『デジタルカメラマガジン』で連載中。インスタグラム:nozokoneko

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 古い家と蔵が居並ぶ栃木市「嘉右衛門町」を逍遙する【日本の古い街並…
  2. 富山県・魚津の町で魚三昧!訪ねて行きたい魚市場見学と美味処3軒
  3. うまさぎっしりの新潟県、旅するなら訪ねて行きたい旨い店4軒
  4. 東海道の宿場町「由比」で富士の絶景と名物桜エビを楽しむ【日本の古…
  5. 富山で錫器&マイぐい呑み作りを楽しむ【アート&クラフトを楽しむ富…
PAGE TOP