新着記事

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ

魚の一尾ぐらいは手際よくおろせるようになりたい。そう思ってはみても、なかなか実践に踏み出せず…

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

文豪たちが愛した宮島の老舗旅館『岩惣』ともみじ谷の四季


取材・文/末原美裕

「和が願 やう也く足りて まうで来し いつく島山に 驚啼くも」

宮島へたどり着いた喜びを、歌人・斎藤茂吉は上記のように残しています。

茂吉は宮島にいる間、「岩惣」というお宿に滞在していました。こちらのお宿は、皇族をはじめ、夏目漱石、森鴎外、ヘレン・ケラーら著名人も多く宿泊した160余年もの歴史を持つ老舗です。

今回は、名だたる文豪から世界のセリブリティに今もなお愛されている宮島のお宿「岩惣」さんをご紹介します。

*  *  *

「岩惣」の起こりは嘉永年間までさかのぼります。初代岩国屋惣兵衛はふと「自分は土着の者で楓谷の麓に暮らしながら、このような旧跡地の名所を平素山野のように荒れたままにしておくのはいかにも残念なことだ」と思い立ち、「岩惣」を始めることにしたそうです。

それと同時にもみじ谷の地をならし、苗木を植え、さらには橋をかけ、天然の地に少し手を加えさせてもらうことで、美しいもみじ谷が整えられていきました。

初代岩国屋惣兵衛氏が着目したように「岩惣」の魅力は何と言っても、その立地の良さです。

昔、嚴島神社への参拝といえば、大鳥居沖の船上から嚴島神社の社殿と弥山の霊峰を拝むのが主だったそうですが、「岩惣」の建つもみじ谷は、嚴島神社と御神体である弥山のちょうど間に位置し、まるで神社・聖地の延長線上にいるような清々しさと一体感を感じるからかもしれません。

また、もみじ谷の四季はそれはそれ美しく、春は青々と萌えるような青紅葉から活力を感じ、夏は渓流の涼に癒され、秋は息を飲むほど美しい紅葉が眼前に広がり、冬は静寂とともに心もしんと落ち着くのがわかります。

生命力が溢れるような豊かな緑を誇る、春夏の紅葉谷。

彩も豊かにロマンティックな、秋の紅葉谷。

年に1、2回雪が降り積もることがあります。

「行く春や 経納めにと 嚴島」(夏目漱石)
「聞きもせず 語りもせずの 紅葉かな」(戸川幸夫)
「宮しま乃 谷間の小家 つらつらて 昼も人な具 堂々雪能ふる」(吉川英治)

それぞれの季節に、「岩惣」に宿泊した文豪たちが言葉を残しています。ゆったりとその空間、時を過ごすことで出て来る思いがあるのでしょう。

“神の島”「宮島」のご神気をたっぷりいただきつつ、四季を愛でることができる、そんな贅沢をさせてくれる「岩惣」だからこそ、著名人の宿泊の足は途絶えないのでしょうね。

もみじ谷に溶け込んだかのような離れのお部屋。

国立公園の森林に面した宮島では希少な温泉。小川のせせらぎが心地いい。

聖地は数多くあれど、その中にどっぷりと身を置いて泊まることのできる場所はなかなかありません。美しい瀬戸内海に浮かぶ“神の島”、「宮島」。一日身を委ねてみることで、今まで知らなかった聖地の新たな顔を見ることができます。

【岩惣】
住所:広島県廿日市市宮島町もみじ谷
電話:0829-44-2233
http://www.iwaso.com/

取材・文/末原美裕

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 古い家と蔵が居並ぶ栃木市「嘉右衛門町」を逍遙する【日本の古い街並…
  2. 富山県・魚津の町で魚三昧!訪ねて行きたい魚市場見学と美味処3軒
  3. うまさぎっしりの新潟県、旅するなら訪ねて行きたい旨い店4軒
  4. 東海道の宿場町「由比」で富士の絶景と名物桜エビを楽しむ【日本の古…
  5. 富山で錫器&マイぐい呑み作りを楽しむ【アート&クラフトを楽しむ富…
PAGE TOP