新着記事

シアサッカー・サマートラベルジャケット|汗をかいてもべとつかない爽やかな夏の上着

旅に持って出たい、爽やかな着心地のサマージャケットである。凹凸になった「シアサッカー」生地で…

“戦国一の傾奇者”前田慶次、謎多き快男児の正体とは【にっぽん歴史夜話4】

文/砂原浩太朗(小説家)前田慶次(まえだ・けいじ)――加賀百万石の藩祖・前田利家の甥にして、…

『終わった人』中途半端なプライドが生んだ醜すぎる定年男の物語【印南敦史の定年本イッキ読み20】

文/印南敦史2015年に発表された内館牧子のベストセラー『終わった人』は、定年を迎え…

知られざる漂泊の画家・長谷川利行が描いた「七色の東京」を見る

取材・文/池田充枝戦前の日本を破天荒に生きた画家、長谷川利行(はせかわ・としゆき1891-1…

デニムの風呂敷|リアルなジーンズ柄の愉快な風呂敷

昭和15年創業、日本で初めてジーンズを作ったのが「ビッグジョン」だ。メーカーロゴに親しみを覚…

【朝めし自慢】山口香代子さん(画家)「料理好きな夫が調える白粥が主食の献立です」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆本格的に絵を描き始めたのは5年前。にもかかわらず、わずか2年…

天空の列車「アンデス中央鉄道」で南米大陸の屋根を行く(ペルー)

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)世界文化遺産の街リマ旧市街と、ペルー有数の穀…

【名門校の青春食堂 第5回】駒場東邦中学校高等学校×三島のたこ焼き(東京・駒場)

文/鈴木隆祐食べ応えある『三島』の関東風たこ焼きには生徒への想いが込められていた…

琳派はどのように継承されてきたか?を見る《琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―》展

取材・文/池田充枝17世紀、京都で活躍した画家・俵屋宗達(たわらや・そうたつ)は、やまと絵の…

有田焼の布のような器|布のような質感を湛えた軽くて丈夫な磁器の酒器

布を押し固めたような質感を見せるが、1300℃の高温でしっかりと焼き締められた磁器である。手…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

お顔の変化を定点観測! 京都・出町柳の「化粧地蔵」七変化【魅惑のお地蔵さま巡り5】

写真・文/野口さとこ

「化粧地蔵」と呼ばれるお地蔵さまをご存知だろうか? 京都周辺と青森に多く存在する、お顔やお身体を描かれ、彩色を施されたお地蔵さまのことだ。

私は長年、北海道と関東でしか暮らした経験がなかったので、初めて京都で化粧地蔵に出逢ったとき、仏様のジャンルを超えているとしか思えない、民衆の自由な発想に心底感銘を受けた。

毎年8月に行われる地蔵盆という行事で、地域の子ども達によって、少しずつ顔が描きかえられていくのが習わしなのだが、最近では少子化によって、いつ祠を覗いても、お顔が変わっていないお地蔵さまや、ペンキでしっかり大人によって描かれていて、描きかえる必要がなくなっているお地蔵さまもいらっしゃる。

地蔵盆明けにお顔が変わったお地蔵さまは、どこかぎこちないような、それでいてグレードアップされて初々しいエネルギーを宿しているようにも見えて新鮮である。

今回は、そんな愛すべき化粧地蔵の世界を、私がここ数年撮り続けてきた、一体のお地蔵さまが変化していく様子を通してお伝えしたい。

京都の京阪電車の出発点、叡山電車の出発点である出町柳駅の近くにいらっしゃるお地蔵さまである。

2010年 にっこり笑顔とビビッドな赤と黄色のビタミンカラーの後光から元気をいただく。

2011年 目が開いて耳が加えられる。衝撃的!

2012年 ふくよかなお身体はグレートマザーを思わせる。

2013年 また穏やかなお顔に戻る。

2014年 伏し目がちのお顔に。白毫(第三の目)が書き加えられている。

2015年 またまた笑顔に戻る。

2016年 おしゃべりが始まりそうな表情。べっぴんさん。

昨年このお地蔵さまを訪ねた時、たまたまお地蔵さまの祠を掃除している女性に遭遇し、長年お世話していて顔も彼女が描き続けているという話を伺った。素敵なお顔で毎年拝見するのが楽しみだと伝えると、ちょっとはにかんだ笑顔をされていたのが、とても印象的だった。

あなたも、祠を見つけたら、きっと覗かずにはいられなくなることだろう。

写真・文/野口さとこ
写真家。北海道小樽市生まれ、京都在住。1998年フジフォトサロン新人賞部門賞を受賞し、写真家活動を開始。出版・広告撮影などに携わる。2011年 写真集『地蔵が見た夢』(Zen Foto Gallery)の出版を機に、ART KYOTOやTOKYO PHOTOなどのアートフェアで作品が展示される。2014年より、移動写真教室“キラク写真講座”を主宰。可愛くてあたたかい、そんなお地蔵さまの魅力に取り憑かれ、お地蔵さま撮影のため全国津々浦々を旅している。http://www.satokonoguchi.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 黒光りする油まみれのお地蔵さま|京都・右京区『油掛け地蔵尊』 【…
  2. お地蔵さま御一行がなぜ舟に!? 奈良・猿沢池『率川地蔵尊』【魅惑…
  3. お地蔵さま×天使!京都「エンジェル地蔵」に奇跡の習合を見た【魅惑…
  4. 出石城跡から出てきたお地蔵さまの不思議な由来【魅惑のお地蔵さま巡…
  5. 小浜西津の地蔵盆|心ときめく極彩色のお地蔵さま【魅惑のお地蔵さま…
PAGE TOP