新着記事

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

クリップオン偏光サングラス|日常使いのメガネがそのまま高機能サングラスに

南部以外ではなかなかお目にかかれないグリッツ。これはインスタント商品

『ザリガニの鳴くところ』のトウモロコシ粥(グリッツ)ってどんな味?【物語のアメリカ料理】

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その2~

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その1~

右側は煮溶かしたばかりのため、サラサラで飲みやすい。 左側は、冷めてかたまってからカットしたもの。プリッとしてボリュームがある。

おこもり生活で便秘が気になるなら、水溶性食物繊維たっぷりスープを!「あったか寒天スープ」でウィルス対策!

前列左から時計回りに、ご飯、キンカンの甘煮、梅干し、スクランブルエッグ、ウィンナーソーセージ、野菜サラダ(トマト・パセリ・サラダ菜・胡瓜・セロリ)、塩、フレンチドレッシング、煎茶・味噌汁(豆腐・油揚げ・長葱)。キンカンの甘煮は姉の手作りで、箸休めにつまむ。梅干しは塩分3%と低塩。野菜サラダには塩とフレンチドレッシングをかける。

【朝めし自慢】山本龍香(カラー魚拓作家・76歳)「赤、白、緑と彩りのいい野菜が並びます」

現役キャバ嬢1000人に聞いた、お酒の席で好かれる人・嫌われる人

おこもり生活に役立つアプリ「dマガジン」の使い方【スマホ基本のき 第19回】

『まさか!の高脂質食ダイエット』

「高脂質食ダイエット」に学ぶ、食べてよい脂肪、食べてはいけない脂肪

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

小浜西津の地蔵盆|心ときめく極彩色のお地蔵さま【魅惑のお地蔵さま巡り 第6回】


写真・文/野口さとこ

「地蔵盆(じぞうぼん)」というお祭りをご存知だろうか。近畿地方を中心に、毎年8月中旬~下旬にかけて子ども達の幸せと無病息災を願って行われる、子どもが主役の夏の楽しいお祭りのことである。

とくに福井県小浜市の西津地区は、この地蔵盆が盛んな地域。地蔵盆の数日前には、祠の中からお地蔵さまを海に連れて行って洗い清め、絵具で彩色し、涎掛けを新調して、この日のために組み立てた地蔵堂や集会所、民家の一部屋など、地蔵盆の会場となる場所に祭壇を設えてお祀りする。

会場の外側には、提灯とともに「南無地蔵大菩薩」と書かれたカラフルな幟旗が、七夕のように笹竹に付けられる。

そして、子ども達が太鼓や鐘を鳴らし、「まいってんのー、まいってんのー、まいらにゃ、とおさんぞー」(お参りしてね、お参りしないと通しませんよ)「なーむじーぞーだーいーぼさーつ(南無地蔵大菩薩)」とお地蔵さまのご真言を独特のリズムで唱えて、道行く人にお賽銭を入れてもらう。

西津地区のお地蔵さま達は、ほとんどが“化粧地蔵”で、とっても個性的なお顔の方が多い。以下に、私が地蔵盆の際に撮影させていただいた、心ときめくお地蔵さま達をご紹介しよう。

小さな子どもがお顔を書いたと思われる、稚拙さがたまらなく可愛いお地蔵さま。もなかの皮のようなものに彩色を施した飾りをつけている。

パステルカラーをあしらったアニメチックな世界。 お顔だけのお地蔵さまのインパクトがすごい。

ベンガラで色彩されたお地蔵さま。簡素化されたお身体は、まるでキュビズム絵画を見るよう。

お地蔵さまのお姿やお祀りの仕方は、日本海側に行けば行くほど、なぜかエキゾチックでビビッドな色彩を帯び、自由闊達な表情になるのが興味深い。

子ども達や、お母さん達が施したであろう手作り感いっぱいの可愛い飾り付けにも心がときめいてしまう。

西津は、狭い地域に集中してお地蔵さまがおられるため、歩いてお地蔵さまを巡るにはちょうど良い。次の角を曲がれば、祠がすぐ目の前に、といった具合に。

そして今年も、地蔵盆の日が近づいてきた。もし機会があれば、この期間を狙って訪ねてみてほしい。懐かしい日本の夏を感じながら、極彩色のお地蔵さまにお会いすれば、感動もひとしおだろう。

写真・文/野口さとこ
写真家。北海道小樽市生まれ、京都在住。1998年フジフォトサロン新人賞部門賞を受賞し、写真家活動を開始。出版・広告撮影などに携わる。2011年 写真集『地蔵が見た夢』(Zen Foto Gallery)の出版を機に、ART KYOTOやTOKYO PHOTOなどのアートフェアで作品が展示される。2014年より、移動写真教室“キラク写真講座”を主宰。可愛くてあたたかい、そんなお地蔵さまの魅力に取り憑かれ、お地蔵さま撮影のため全国津々浦々を旅している。http://www.satokonoguchi.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 黒光りする油まみれのお地蔵さま|京都・右京区『油掛け地蔵尊』 【…
  2. お地蔵さま御一行がなぜ舟に!? 奈良・猿沢池『率川地蔵尊』【魅惑…
  3. お地蔵さま×天使!京都「エンジェル地蔵」に奇跡の習合を見た【魅惑…
  4. 出石城跡から出てきたお地蔵さまの不思議な由来【魅惑のお地蔵さま巡…
  5. お顔の変化を定点観測! 京都・出町柳の「化粧地蔵」七変化【魅惑の…
PAGE TOP