新着記事

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

文/緒方文大昨今の「アンチエイジングブーム」により、老化を防ぐ作用のある「抗酸化物質…

古い家と蔵が居並ぶ栃木市「嘉右衛門町」を逍遙する【日本の古い街並み紀行 第3回】

写真・文/石津祐介栃木県の南部、埼玉県と群馬県の県境に位置する栃木市は、江戸時代には…

歌聖・柿本人麿像から和歌と古筆の世界へ誘う《人麿影供900年 歌仙と古筆》展

取材・文/池田充枝宮廷文化の雅を代表する和歌の世界。三十一文字に託された表現美とその情趣は、…

綿麻楊柳の作務衣|風通しよく涼しく着られる夏の万能着

庭仕事などの屋外作業から、室内でのリラックス着まで、作務衣の人気は相変わらず高い。そこで、夏…

大阪の名門・北野高校の青春食堂は「下町甘味の両雄」【名門校のご近所食堂 第8回】

文/鈴木隆祐北野高校のある十三は、大阪中で愛される「下町甘味の両雄」が相並ぶ街…

富山県・魚津の町で魚三昧!訪ねて行きたい魚市場見学と美味処3軒

取材・文/関屋淳子富山県東部、富山湾に面する魚津市(うおづし)は古来、魚の産地としてその…

新発見の史料で判明!初代江戸城は「日本最強の要塞」だった

新発見の『江戸始図(えどはじめず)』から、徳川家康が築城した初代江戸城の実像が浮かび上がった。それは…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

そんなに巻いてどうするの?東京・茗荷谷の「しばられ地蔵尊」【魅惑のお地蔵さま巡り3】

写真・文/野口さとこ

東京都文京区の茗荷谷にある林泉寺の境内にいらっしゃるお地蔵さまは、縄でぐるぐる巻きに縛られている。見た目通り“しばられ地蔵”とおっしゃる。

江戸っ子は名前を付けるのが好きだったのだろうか、ご利益だとか特徴が一目でわかるような、名前のあるお地蔵さまが多い印象がある。

さて、このお地蔵さまを人々は願掛けのため、縄で縛るのだそうだ。願いを込めながら縄を結べば、自分の思いも強くなって成就への近道になりそうだし、満願成就すると縄を解くしきたりがあるので、きつく結ぶとお地蔵さまも早く解いて欲しくて、早く願いを叶えてあげようと思うのかもしれない。

この日も、お地蔵さまは足元から沢山の縄に巻かれていた。

お地蔵さまの横には、願掛けの縄が用意されている。

「縛られてさぞかし苦痛なのでは?」と思いながら、お顔を窺ったが、お地蔵さまは耐え忍ぶでもなく、なんとも穏やかな少女のようなお顔をされていた。


写真・文/野口さとこ
写真家。北海道小樽市生まれ、京都在住。1998年フジフォトサロン新人賞部門賞を受賞し、写真家活動を開始。出版・広告撮影などに携わる。2011年 写真集『地蔵が見た夢』(Zen Foto Gallery)の出版を機に、ART KYOTOやTOKYO PHOTOなどのアートフェアで作品が展示される。2014年より、移動写真教室“キラク写真講座”を主宰。可愛くてあたたかい、そんなお地蔵さまの魅力に取り憑かれ、お地蔵さま撮影のため全国津々浦々を旅している。http://www.satokonoguchi.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 黒光りする油まみれのお地蔵さま|京都・右京区『油掛け地蔵尊』 【…
  2. お地蔵さま御一行がなぜ舟に!? 奈良・猿沢池『率川地蔵尊』【魅惑…
  3. お地蔵さま×天使!京都「エンジェル地蔵」に奇跡の習合を見た【魅惑…
  4. 出石城跡から出てきたお地蔵さまの不思議な由来【魅惑のお地蔵さま巡…
  5. 小浜西津の地蔵盆|心ときめく極彩色のお地蔵さま【魅惑のお地蔵さま…
PAGE TOP