新着記事

【名門校の青春食堂 第6回】早稲田中学校高等学校×メルシーのラーメン(東京・早稲田)

文/鈴木隆祐早稲田生に愛されてきたワセメシの代表選手『メルシー』のラーメン早…

なぜお金持ちは長生きする?健康と経済の共通点から導く「健康長寿の秘訣」とは【予防医学の最前線】

文/中村康宏「お金」と「健康」といえば、サライ世代の多くの人が気にかけている問題では…

【夕刊サライ/角田光代】エジプト:悠久の街と、私のなかの悠久(角田光代の旅行コラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

長崎・小値賀の2つの教会【長崎の潜伏キリシタン関連遺産を旅する 第2回】旧野首教会/小値賀教会

写真・文/石津祐介キリスト教が禁教とされた時代、頑なに信仰を貫いた潜伏キリシタン。その信仰の…

袖裾ゴム式作務衣|軽快な着心地で動きやすい夏の作務衣

これからの季節は、庭仕事など屋外での作業が増えてくる。そんなときの“作業着”のひとつとして、…

谷崎潤一郎がまとっていた絢爛豪華な長襦袢【文士の逸品No.21】

◎No.21:谷崎潤一郎の長襦袢文/矢島裕紀彦長襦袢と呼ぶには、余りにも絢爛…

犬の飼い主は絶対知っておくべき「夏のキケンな果物」はブドウ

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司人間にとっては美味しい果物ですが、犬や猫にとっては…

【夕刊サライ/テリー伊藤】「テリーが惚れた偉大なるクルマ賢人たち」(テリー伊藤のクルマコラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

鉄板を叩いてつくる山田工業所の「打ち出し式」鉄フライパン【メイドインニッポン紀行】

取材・文/編集部中華料理の料理人にとって、鍋は最も重要な道具である。炒める、揚げる、煮る、蒸…

房総半島の小国の大名・里見氏はなぜ関東の覇者と渡り合えたのか【半島をゆく 歴史解説編 房総半島 1】

『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

春風亭一朝がトリで『三井の大黒』を口演!「第74回人形町らくだ亭」は10月5日開催

文/編集部

古典落語の正統を眼目に、年に6回、東京・日本橋で開催している『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2017年10月の公演では、春風亭一朝師匠が主任(トリ)を勤め、『三井の大黒』を口演します。

『三井の大黒』は、伝説的名工・左甚五郎が、三井家から依頼された大黒天を彫り上げる噺。三代目桂三木助が、病魔に冒されながら長演したことでも知られる傑作です。正体を明かすことなく、飄々と生きる甚五郎の人となりを、一朝が軽妙に演じます。ご期待ください!

主任(トリ)を勤める春風亭一朝(65歳)。江戸前の気っ風で知られた五代目春風亭柳朝の惣領弟子。NHKのテレビドラマなどで、江戸言葉の指導も担当。からりとした軽さと明るさが身上。撮影/峯岸雅昭

【第74回「人形町らくだ亭」 開催概要】
公演日:10月5日(木)
開場:18時30分
開演:18時50分(21時終演予定)
出演・演目:
春風亭一朝(主任)『三井の大黒』
柳家さん喬、桂雀々ほか
会場:
日本橋公会堂(日本橋劇場)住所/東京都中央区日本橋蛎殻町1-31-1
(Googleマップの地図はこちら
交通:
東京メトロ半蔵門線「水天宮前」駅6番出口から徒歩約2分
東京メトロ日比谷線「人形町」駅A2出口から徒歩約5分
東京メトロ東西線「茅場町」駅4a出口から徒歩約7分
都営地下鉄浅草線「人形町」駅A3出口から徒歩約7分
※会場までの地図は日本橋公会堂のウェブページでご確認ください。
日本橋公会堂公式ウェブページはこちら
料金:
前売券/1階 指定席2500円(税込)
当日券/1階 指定席2900円(税込)
*全席指定チケット入手方法:
チケットぴあ(0570-02-9999)にて発売。チケットぴあPコード=480-728
電子チケットぴあでも発売(こちらにアクセスしてください)主催:小学館 サライ編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. デューク・エリントン・オーケストラが4年半振りにブルーノート東京…
  2. 【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』…
  3. 「現代の囲炉裏」でワイワイ楽しむ!日本酒 家呑み パーティ講座【…
  4. 【第77回人形町らくだ亭】4月2日開催|柳家小満んが『強飯の女郎…
  5. 家呑みを楽しむ「現代の囲炉裏パーティー」に32名様をご招待
PAGE TOP