新着記事

北斎が!フェルメールが!あの名画が買える『大人の逸品 美術館』が誕生

文/編集部サライ読者にはすっかりお馴染みであろう小学館の通販サービス『大人の逸品』のサイト内…

500マイルの極上ドライブ。スコットランド最大ルート“NC500”の5つの魅力

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)“スコットランドが…

帆布ミニ縦型ショルダーバッグ|街歩きにいい小振りなショルダーバッグ

鞄の産地、兵庫県豊岡市の鞄ブランド「鸛帆布」から小振りなショルダーバッグが届いた。厚手の10…

てんぷらは東京の郷土料理【食いしん坊の作法 第11回】

文/山本益博「てんぷら」は語源からもわかるように外来の料理が次第に和食になっていた日…

LUMIX DC-FT7|どんな季節でも野外撮影を楽しめるタフなデジタルカメラ

文/編集部パナソニックから、アクティブな撮影を楽しめるタフ性能のコンパクトデジタルカメラ『L…

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトークショーが…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

旅行

黒光りする油まみれのお地蔵さま|京都・右京区『油掛け地蔵尊』 【魅惑のお地蔵さま巡り 第10回】

写真・文/野口さとこ

京都市右京区油掛町。京福電気鉄道嵯峨嵐山線、鹿王院駅から北へ5分ほど歩くと、どこからともなく 酸化した油の匂いが漂ってくる。

探す間もなく、有栖川沿いの四つ辻になっている場所の一角に油掛け地蔵尊のお堂を見つけた。お堂を覗くと、大きくて立派なお地蔵さまが強烈な油の匂いを放ちながら、お身体を黒光りさせて鎮座していた。

お堂に掲げてある由緒書きによると、鎌倉中期に造られた石仏で、300年以上前から油を掛けて祈願する風習があったということである。

こちらの油掛け地蔵尊は、お地蔵さまと呼ばれながらも、大日如来ではないかと思われていたが、1967年8月22日に地蔵奉賛会の方々によって油落しが行われ、油を綺麗に取り除き、素の姿になった石仏に刻まれた定印から、実は阿弥陀如来だったということが判明したそうである。

たまたま近所のご老人がお参りに来られたので、お話を伺ってみると、油を取り除いて見るまでは、分厚い油の層に覆われて、どんなお顔をしているのかさえ分からなかったのだとか。

私もお地蔵さまに油を掛けてお参りさせていただいた。

油の入った容器と杓子が用意されており、この油をお地蔵さまに掛けてお参りする。新しい油のボトルが、お堂の横の集会場に数本用意されているのが見えた。

4月の花祭りにお釈迦さまに甘茶を掛けて祈願したり、お地蔵さまや不動さま、ご先祖さまの墓石に水を掛けてお参りするなど、水を掛けてお参りするスタイルはよくあると思うが、油をかけるというのは、そうそうお見かけすることはなく、不思議な光景だった。

【参考文献】
『京の地蔵紳士録』岡部伊都子著(淡交社)
『京の石仏』佐野精一著(サンブライト出版)

写真・文/野口さとこ
写真家。北海道小樽市生まれ、京都在住。1998年フジフォトサロン新人賞部門賞を受賞し、写真家活動を開始。出版・広告撮影などに携わる。2011年 写真集『地蔵が見た夢』(Zen Foto Gallery)の出版を機に、ART KYOTOやTOKYO PHOTOなどのアートフェアで作品が展示される。2014年より、移動写真教室“キラク写真講座”を主宰。可愛くてあたたかい、そんなお地蔵さまの魅力に取り憑かれ、お地蔵さま撮影のため全国津々浦々を旅している。http://www.satokonoguchi.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. お地蔵さま御一行がなぜ舟に!? 奈良・猿沢池『率川地蔵尊』【魅惑…
  2. お地蔵さま×天使!京都「エンジェル地蔵」に奇跡の習合を見た【魅惑…
  3. 出石城跡から出てきたお地蔵さまの不思議な由来【魅惑のお地蔵さま巡…
  4. 小浜西津の地蔵盆|心ときめく極彩色のお地蔵さま【魅惑のお地蔵さま…
  5. お顔の変化を定点観測! 京都・出町柳の「化粧地蔵」七変化【魅惑の…
PAGE TOP