新着記事

主婦が最も心掛けているのはエコバッグ持参

主婦が実践している「エコ活」|3位「電気をこまめに消す」、2位「水の出しっぱなしに注意」、1位は?

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

ブルゴーニュ地方の古都「ボーヌ」でワイン尽くしの旅を楽しむ

取材・文/鳥海美奈子

ブルゴーニュワインの生産地の中心はコート・ドール、「黄金の丘」という美しい呼称を持つ丘陵地帯です。その丘には、行けども行けどもぶどう畑が広がります。

そんなコート・ドールの中央に位置する街が、ボーヌです。

ブルゴーニュ公国は、中世においてはフランスをしのぐ大国で、現在のベルギーやオランダにまで領地を広げていました。ボーヌには、かつてそのブルゴーニュ公の居所があったため、現在も古都としての雰囲気に満ちています。

街の周囲には城壁があり、狭い石畳の道とともに往時を偲ばせます。

ボーヌ観光の目玉となるのは、「オテル・デュー」(施療院)です。ブルゴーニュ地方特有の鮮やかな幾何学模様の瓦屋根、ゴシック様式のファサードが見事な建物です。内部には家具や薬壺など5000点ものコレクションが飾られています。

 

「オテル・デュー」(施療院)

オテル・デューは15世紀、貧困や飢餓が蔓延した百年戦争の頃に、人々を救済する施設として建造されました。当時は、王侯貴族から寄進されたぶどう畑でワインを造り、それを販売することで資金を得ていました。

またオテル・デューは、現在もぶどう畑を所有しています。そこから収穫したぶどうで造られたワインは、毎年11月の第3日曜日にオークションにかけられます。

「栄光の3日間」と呼ばれるこのワインイベントは世界的に著名で、買い付け業者や観光客が一堂に集います。試飲会があちこちで開催され、大道芸や屋台が並び、街はひときわ賑わいます。

そのオークションの売上金は慈善団体に寄付されたり、施療院の運営にあてられています。

このオテル・デューの前にはマルシェ・デュ・ヴァン(ワイン市場)があり、ブルゴーニュの代表的なワインを試飲できます。ワインショップも多く、現地でしか購入できないワインを探す愉しみもあります。

また本屋の「アテナウム」には、ワイン関連の専門書が勢ぞろいしています。

ここを拠点に、ワイナリー訪問も可能です。ワインの知識を得て、ワインを買い、レストランやバーで飲み、生産者を訪れることもできる。まさにワインづくしの旅ができるのです。

広場では毎週土曜日に市場が開かれます。この季節であればホワイトアスパラなどが山と積まれて、活気に満ちます。美食の国を実感できる光景です。

またブルゴーニュの特産であるマスタードは、お土産としても人気を博しています。

ワインの香りに満ちた「ブルゴーニュ・ワインの首都」ボーヌを、ぜひ訪ねてみてください!

【ボーヌへのアクセス】
パリ・リヨン駅からTGVで約2時間。ディジョンで乗り換える場合が多く、ディジョンからは約20分で到着する。

【参考リンク】
※ ボーヌ | フランス観光 公式サイト – フランス観光開発機構

取材・文/鳥海美奈子

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 本の土偶と埴輪にハマりすぎてしまった、一人の愛すべきフランス人 一体なぜ? 「縄文土偶」にハマりすぎたフランス人
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。 【創刊30周年特別紀行】-編集長が行く-長崎からマカオへ。信仰が…
  3. 詩情あふれる銀細工レリーフ(ワット・ムーンサーン) 息をのむほど美しい「タイ銀細工工芸」のヒミツを探る旅(チェンマイ…
  4. ハウスボート オランダ人の憧れ「ハウスボート」|水上のタワマン?究極の水上豪邸…
  5. 悲しげなクルーズカイーダの像 マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れ…
PAGE TOP