新着記事

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

この道を自分の足でどこまでも!憧れの「スペイン・サンティアゴ巡礼」基本のき

写真・文/溝口シュテルツ真帆(在ミュンヘン)

どこまでも続く異国の風景のなか、聖地に向かってただただ歩くことができたら――。スペインの「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」に、一度は思いを馳せたことがある方は多いのではないでしょうか。

しかし、体力的な問題や、旅の資金、見知らぬ地に長く滞在することへの不安などから、なかなか具体的には計画を立てられないのは当然。そこで、今記事では、四国遍路、サンティアゴ巡礼の経験を経て、現在はドイツの巡礼路を少しずつたどっている筆者から、サンティアゴ巡礼における「まずは」の素朴な疑問にお答えします。

■そもサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路とは?

スペインの北西部にある都市、サンティアゴ・デ・コンポステーラには、キリストの最初の弟子のひとりであるサンティアゴ(聖ヤコブ)の遺骸が埋葬されていると言われており、ローマ、エルサレムと並ぶキリスト教三大聖地のひとつとされています。

そのサンティアゴ・デ・コンポステーラを目指す巡礼の発生は11世紀後半ごろのこと。いまなお、年間約30万人の人が巡礼路を経て聖地に到達しています。

最も有名なのは、フランス南端のサン・ジャン・ピエ・ド・ポーという町を起点にした「フランス人の道」と呼ばれる約800kmの道のりですが、もちろんそのほかにも、巡礼路はヨーロッパ中を網の目のように走っています。

牛追い祭りで有名な都市、パンプローナ近くの峠の上に設置されている巡礼者たちのモニュメント。

■サンティアゴ巡礼の何よりの魅力って?

信仰とともに聖地を目指す人にとって、サンティアゴ巡礼路を歩ききることは何物にも代えがたい喜び。ですが、休暇の楽しみや個人的な理由など、それ以外の目的を持った人々を排除するような道ではもちろんありません。

スペインの広大な景色のなか、黙々と自分の心を見つめ、ときには同行者との会話を楽しみながら歩を進め、素朴な宿に入り、日没とともに眠り、日の出とともに起きる。そんなシンプルな日々を過ごすのは、人生において最高に贅沢な時間です。

他の巡礼者たちの国籍や年代も実にさまざまで、行き会った旅人たちとの交流も楽しみのひとつ。たまたま入った宿で、宿のオーナー自慢のお手製パエリアを味わい、地元産の赤ワインを傾けながら、大きなテーブルを皆で囲む……そんな夕暮れを過ごすこともあるでしょう。

とある宿の夕食に出されたウサギ肉のパエリア。庭に設置されたかまどの上にのった大きなパエリア鍋で仕上げられました。

■体力的な心配があっても大丈夫?

「フランス人の道」を例に挙げれば、1400m級のアルプス越えや、20km近くも日陰ひとつない乾いた台地が延々と続くなど、難所と呼ばれる場所がいくつがあります。それでも、巡礼路に目立つのは元気な若者の姿ばかりではありません。退職後の楽しみとして挑戦したり、病気の治癒を願って歩いたりなど、体力的な不安を抱えてなお、ここにやってくる人たちの姿も多く見られます。

フランス人の道では、上記のいわゆる難所を除けば、数kmごとに村や町が現れ、休憩をしたり、宿を取ったりすることが可能。日々歩く距離を十数km程度に抑える、気に入った町で数日体を休める、あるいは幾度かにわけて巡礼するなど、時間の許す限り、ゆったりとしたプランを組むこともできます。

また、「すべて徒歩で歩ききらねばならない」という厳しい決まりもないので、難所を避けてタクシーやバスを使う人、重い荷物を先の町へ送っておくサービスを利用する人などさまざまです(ただし、サンティアゴ・デ・コンポステーラで巡礼証明書をもらうためには、最後の100kmは徒歩のみで行く必要があります)。

気の合う友人同士連れ立って楽しげに歩く人々。荷物輸送のサービスを使えば、小さなリュックひとつで行くことも可能です。

■費用はどれくらいかかるのか?

まずは交通費。フランス人の道の場合は、例えばパリまでの航空運賃に、パリからサン・ジャン・ピエ・ド・ポーまでの列車代約10,000円、帰りのサンティアゴ・デ・コンポステーラからマドリッド経由の航空運賃などが必要です。

巡礼路に入ってからは、多めに見積もってもひとりあたり日々の食事代が20€、宿泊代が10~20€と、かかるのは1日40€(約5,000円)程度。健脚であれば5~6週間の旅路になるので、5,000円×予定日数がある程度の目安になるでしょう。

もちろん、寄り道をしてスペインの美食を楽しみたい、たまには居心地のよいホテルに泊まりたい、などの計画があればその分だけ費用はかさみますが、通常のヨーロッパ旅行よりはぐっとリーズナブルに計画することができます。

多くの宿は洗濯機もなく、シャワールームや寝室も共同。快適な宿が必要な場合は、ホテル並みのコストがかかり、宿泊地も限られてしまいます。

■装備についての注意点は?

何よりまず大切なのは靴とバックパック。成功の鍵は、このふたつを正しく選べるかどうかにかかっています。

山も平地も歩きやすい比較的柔らかめのトレッキングシューズがおすすめですが、大前提はそれぞれの足や好みに合ったもの。バックパックは重量を体重の10%程度に抑えられれば、負担はぐっと軽くなるでしょう。

少し試して大丈夫だと思っていた装備でも、毎日長距離を歩くうちに足や肩を痛めてしまうことも。体を鍛える意味合いも含め、新品を用意する場合は、事前に何度も登山やハイキングに出かけるなど、必ず使い慣らしておきましょう。

サンティアゴ巡礼に行くのにおすすめの季節は暑さ寒さを避けられる5~6月、あるいは9~10月ごろ。真夏や真冬でない限り、基本的な日差し・防寒対策があれば心配はありません。

また、買い物ができるような大きな町を通ることは稀なので、持ち物は厳選したものを日本で準備していくのがベストです。

フランス人の道の中盤にある都市、ブルゴスの大聖堂。ときには観光気分でスペインの街を楽しむこともできます。

■言葉や治安は大丈夫か?

もちろん英語やスペイン語ができればさらに快適な旅になりますが、旅人を迎え入れることに慣れた土地なので、それほど心配する必要はありません。宿や店でのやり取りや道に迷ったときなど、巡礼路上で必要そうな言葉のメモを作っておけば安心です。

また、分岐には必ず道しるべがあり、行き交う旅人たちも多いので、道に迷う心配はほぼなく、地図すらほとんど必要ありません。巡礼路上はごく安全とされていますが、旅人を狙ったスリや強盗などの報告もまれにあるので、気をゆるめずに旅を楽しみたいところです。

巡礼のシンボルでもあるホタテの貝殻をデザインしたマークと、黄色い矢印が目指す聖地を示してくれます。

以上、サンティアゴ巡礼のイロハをお届けしました。いつかやりたいことリストに「巡礼」を加えてみてはいかがでしょうか?

写真・文/溝口シュテルツ真帆
編集者、エッセイスト。2014年よりドイツ・ミュンヘン在住。自著に『ドイツ夫は牛丼屋の夢を見る』(講談社)。アンソロジー『うっとり、チョコレート』(河出書房新社)が好評発売中。日独間の翻訳出版エージェント業にも携わる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. アントニ・ガウディ(デザイン)、カザス・イ・バルデス工房《カザ・バッリョーの組椅子》1904-06年頃 カタルーニャ美術館蔵  (C)Museu Nacional d’Art deCatalunya,Barcelona(2019) スペイン・世紀末カタルーニャの芸術を伝える展覧会【奇蹟の芸術都市…
  2. 映画のロケーションガイドブック 映画「第3の男」の舞台ウィーンでミステリーを追う(オーストリア)…
  3. 奈良原一高《フィエスタ セビーリャまたはマラガ》<スペイン 偉大なる午後>より 1963-65年 (C)Ikko Narahara 写真集『スペイン 偉大なる午後』がニュープリントでよみがえる【奈…
  4. 2016年に増築改装したヴェルダン戦場記念館 第一次世界大戦:700万人の戦争捕虜たちの信じられない生活
  5. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。 【創刊30周年特別紀行】-編集長が行く-長崎からマカオへ。信仰が…
PAGE TOP