新着記事

ルーペ付きヘッドが360度回転する爪切り|回転機構で見やすく、力を入れずに楽にカット

斎藤道三親子の対立を煽った美濃守護・土岐頼芸

美濃守護・土岐頼芸が最後に拠った大桑城跡に立つ。14㎞先に望む斎藤道三・稲葉山城に戦国の悲哀を想う【麒麟がくる 満喫リポート】

【義家族との間】夫婦生活10年目。うまく回るためには「頑張るしかない」という関係は家族なのか~その2~

【義家族との間】夫婦生活10年目。うまく回るためには「頑張るしかない」という関係は家族なのか~その1~

生前・遺品整理|しっかり話合いできていますか? 後回しにすると大変な目に…!?

心配な親の孤独死。生前・遺品整理を相談していないと大変なことに…⁉

腰椎疾患のプロが教える、脊柱管狭窄症を自分で治すセルフケア

人気整体師・白井天道が教える「脊柱管狭窄症を自分で治す」ストレッチ

masa2さんによる写真ACからの写真

親の終の棲家をどう選ぶ?|超遠距離介護を続けるシングル一人娘の今――三たび扉は開いた

2020年 猫の寄生虫対策に関する最新調査

猫も「フィラリア症」に感染する! 完全室内飼育でも予防は必要⁉

思春期はなぜいらだつのか【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

思春期のお孫さんのいらだちは順調に育っている証です【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

ライフスタイルからみる世界の新型コロナウイルス感染の拡大状況 【<異文化リテラシー>レッスン2】

ライフスタイルからみる世界の新型コロナウイルス感染の拡大状況 【<異文化リテラシー>レッスン2】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

催し物

スペイン・世紀末カタルーニャの芸術を伝える展覧会【奇蹟の芸術都市バルセロナ ガウディ、ピカソ、ミロが愛したカタルーニャの熱気】

取材・文/池田充枝

スペイン、カタルーニャ自治州の州都バルセロナは、食文化、スポーツ、世界遺産サグラダ・ファミリアなど豊かな観光資源で人々を魅了し続けている国際都市です。

バルセロナは、都市の近代化が進んだ1850年代から1930年代後半のスペイン内戦に至るまでの約80年間、カタルーニャ芸術が最も成熟したことが特筆されます。

アントニ・ガウディをはじめ、ドゥメナク・イ・ムンタネー、プッチ・イ・カダファルクなど現在のバルセロナの景観を形作った建築家たち、若き日のピカソ、この地を足掛かりとして世界的に活躍したミロやダリ、ラモン・カザスやサンティアゴ・ルシニョルら多くの芸術家がこの時期、この街で多彩な活動を繰り広げました。

ルマー・リベラ《夜会のあとで》1894年頃 油彩・カンヴァス カタルーニャ美術館蔵  (C)Museu Nacional d’Art deCatalunya,Barcelona(2019)

ルマー・リベラ《夜会のあとで》1894年頃 油彩・カンヴァス カタルーニャ美術館蔵 
(C)Museu Nacional d’Art deCatalunya,Barcelona(2019)

世紀末カタルーニャの熱気を伝える展覧会が開かれています。(4月5日まで)

本展は、絵画、彫刻、家具、宝飾品など約130点で世紀末カタルーニャの芸術を紹介します。

ジュアキム・ミール、リガル・グラネイ社《幼少期のマリア》1910-13年 ステンドグラスカタルーニャ美術館蔵 (C)Museu Nacional d’Art deCatalunya,Barcelona(2019)

ジュアキム・ミール、リガル・グラネイ社《幼少期のマリア》1910-13年 ステンドグラスカタルーニャ美術館蔵 (C)Museu Nacional d’Art deCatalunya,Barcelona(2019)

本展の見どころを、東京ステーションギャラリーの学芸員、柚花 文さんにうかがいました。

「バルセロナと言えば、ガウディのサグラダ・ファミリアが有名ですが、本展はその建設が始まった前後の時代に活躍した芸術家とその活動にスポットをあてる展覧会です。
19世紀半ば、産業革命の波が訪れたバルセロナには、紡績業などで成功した富裕層が台頭しました。今もバルセロナ中心のグラシア通りに立つ、ムンタネー、カダファルクといった建築家が設計した豪華な邸宅はこの頃の名建築です。

アントニ・ガウディ(デザイン)、カザス・イ・バルデス工房《カザ・バッリョーの組椅子》1904-06年頃 カタルーニャ美術館蔵  (C)Museu Nacional d’Art deCatalunya,Barcelona(2019)

アントニ・ガウディ(デザイン)、カザス・イ・バルデス工房《カザ・バッリョーの組椅子》1904-06年頃 カタルーニャ美術館蔵 
(C)Museu Nacional d’Art deCatalunya,Barcelona(2019)

本展の導入部分では、こうした邸宅に置かれた家具、ステンドグラス、絵画、宝飾品などを展示します。ヨーロッパ全土を席巻したアール・ヌーヴォー様式をうまく取り入れながら、やがてバルセロナに「ムダルニズマ」という芸術様式が生まれます。

ラモン・カザス《影絵芝居のポスター》1897年 リトグラフ マルク・マルティ・コレクション (C)Marc Marti Col・lectió

ラモン・カザス《影絵芝居のポスター》1897年 リトグラフ マルク・マルティ・コレクション (C)Marc Marti Col・lectió

この頃に興味深い活動をしたラモン・カザスやサンティアゴ・ルシニョルは、日本ではあまり馴染みがありませんが、彼らが開いたカフェ「四匹の猫」では音楽会や人形劇が催され、カタルーニャの前衛的な知識人の溜まり場となりました。

サンティアゴ・ルシニョル《自転車乗りラモン・カザス》1889年 油彩・カンヴァス サバデイ銀行蔵 (C)Banco Sabadell Collection

サンティアゴ・ルシニョル《自転車乗りラモン・カザス》1889年 油彩・カンヴァス サバデイ銀行蔵 (C)Banco Sabadell Collection

本展では、ここの常連客を描いたピカソの初期のデッサンも展示します。また、ピカソに続くようにバルセロナからパリへと活動の場を広げたミロやダリの作品も紹介します。
1936年以降、スペイン内戦に巻き込まれていくカタルーニャですが、本展は、それまでの約80年間にバルセロナに満ちた熱気のようなものを感じていただける内容です」

フランセスク・ダシス・ガリ《パウ・カザルスのオーケストラ》1931年 リトグラフ カタルーニャ美術館蔵 (C)Museu Nacional d’Art deCatalunya,Barcelona(2019)

フランセスク・ダシス・ガリ《パウ・カザルスのオーケストラ》1931年 リトグラフ カタルーニャ美術館蔵 (C)Museu Nacional d’Art deCatalunya,Barcelona(2019)

ガウディとともに活躍した芸術家たちの足跡を辿って、バルセロナ通になりませんか!!

【開催要項】
奇蹟の芸術都市バルセロナ ガウディ、ピカソ、ミロが愛したカタルーニャの熱気
会期:2020年2月8日(土)~4月5日(日)
会場:東京ステーションギャラリー
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1
電話番号:03・3212・2485
http://www.eircf.or.jp/gallery
開館時間:10時から18時まで、金曜日は20時まで(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(ただし2月24日、3月30日は開館)、2月25日(火)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 奈良原一高《フィエスタ セビーリャまたはマラガ》<スペイン 偉大なる午後>より 1963-65年 (C)Ikko Narahara 写真集『スペイン 偉大なる午後』がニュープリントでよみがえる【奈…
  2. 日本ではあまり知られていない本家本元のパエリアとは?
  3. 最終的に色付けをしてできあがり ユネスコの無形文化遺産、スペイン・バレンシアの「火祭り」|火祭り…
  4. コカ・コーラはスペインで生まれたという噂を探る
  5. カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感…
PAGE TOP