新着記事

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』

拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』

ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ

死絵展・八代目市川団十郎安政元年(1854)頃①

有名人の訃報を知らせる錦絵|もっとも多く死絵の題材となったのは八代目市川団十郎【企画展「死絵 ~明るく笑ってさようなら~」】

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。前後で家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

アメリカ訪問時の一葉(前列左からふたり目が小栗上野介・東善寺蔵)

明治政府が最も恐れた男・小栗上野介が罪なくして抹殺された理由【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー 3】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

【九州編】今年こそ見に行きたい!とても日本とは思えない日本の絶景スポット5つ

新たな年を迎えて、今年はどこか珍しい場所に旅してみたい、と考えている方もいらっしゃるのではないだろうか?

そんな旅先の選定の参考にしていただくべく、ぜひ訪ねてみたい日本全国の絶景ポイントを、一人旅の達人・佐竹敦さんにご紹介いただこう。

東日本編、中部日本編、西日本編に続き、今回は九州編をお届けする。いざ、まだ見ぬ絶景スポットへ!

■1:浜野浦の棚田(佐賀県玄海町)

浜野浦の棚田

「田植え前に田んぼに水が張られた時から、田植え直後で稲がまだ大きくなっていない時期(4月中旬~5月頃)の夕暮れ時までにかけての時期限定で見ることができる、空も海も田んぼも見渡す限りの景観が真っ赤に染め上げられる絶景は見事です!」(佐竹さん)

■2:宇佐のマチュピチュ(大分県宇佐市)

宇佐のマチュピチュ

「宇佐のマチュピチュは、地元の人が秋葉様(火伏せの神)と呼んで信仰の対象としている円錐形の山を背景にした棚田と集落の景観のことで、展望所から遠くに望む棚田と集落の景観は、典型的な山間部の田園風景です。実にのどかでのんびりとした景観です。」(佐竹さん)

■3:高森殿の杉(熊本県高森町)

高森殿の杉

「杉の巨木が2本あり、その杉の木が無数に枝分かれをしています。それぞれの枝はまるで意思を持っているかのように、縦横無尽、自由に好き放題にあちこちに伸びていて、独特の景観を形作っています。」(佐竹さん)

■4:石垣の村(宮崎県日之影町)

石垣の村

「集落全体が石で造られているかのような不思議な町です。いつの時代のどこの国に迷い混んでしまったのだろう?と我が目を疑うような景観です。また集落を取り囲むように、日本の棚田百選に選ばれている棚田が作られています。」(佐竹さん)

■5:硫黄島(鹿児島県三島村)

硫黄島

「現在も盛んに噴煙をあげる硫黄岳がそびえ立つ硫黄島は、島のいたる所から絶え間なく温泉が湧き出ています。硫黄島の玄関口である硫黄島港は、鉄分を含んだ温泉の湧出により、海が茶褐色に染まっていて、この硫黄島ならではの強烈な景観となっています。」(佐竹さん)

以上、訪ねてみたい日本全国の絶景ポイントのうち、九州に点在する5つのスポットを紹介いただいた。旅先の候補として、ぜひ参考にしていただきたい。

写真・文/佐竹敦
日本全国の即身仏・一之宮・五重塔・三重塔・滝百選・棚田百選・国分寺跡をすべて訪ね歩いた一人旅の達人。テレビチャンピオン滝通選手権出場。主な著書に「この滝がすごい!」「日本の滝めぐり」等。テレビ東京の「厳選!いい宿ナビ」のコラム執筆、@nifty温泉の記事執筆等、ライターとしても各メディアで活躍中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 北九州市立いのちのたび博物館 日本の博物館ランキング2018 トップ20|旅好きが選ぶ第1位は…
  2. 2018年 評価の高い隠れ宿ランキング 2018年 評価の高い隠れ宿ランキング|1位は「下呂温泉 今宵天…
  3. 宇津ノ谷明治トンネルの入り口 「インフラツーリズム」流行中|第一人者が語る「トンネル歩き」の魅…
  4. 死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルー…
  5. 今年はここに! 紅葉絶景ランキングベスト10
PAGE TOP