新着記事

【子どもの自宅待機】子どものYouTube利用は7割・2人に1人が1日2時間未満の利用

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(前編)【異文化リテラシー レッスン3】

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(前編)【異文化リテラシー レッスン3】

今話題の“高級食パン”、 最も食べている都道府県は?|食パンの気になるあれこれを調査

“高級食パン”食べたことある人は5割以上⁉ 食パンの気になるあれこれ

もしお孫さんが「もの」ばかり要求するとしたら、心が満たされていないからです。【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

子どもの心は日々の食事で満たされる【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

新型コロナウイルスで外出自粛、巣ごもり消費で増えたもの、減ったもの

【ビジネスの極意】優秀な若手社員はなぜ退職するのか?

【ビジネスの極意】優秀な若手社員はなぜ退職するのか?

時代を超えて大きな説得力を持つ言葉の数々|『倉本聰の言葉 ドラマの中の名言』

時代を超えて大きな説得力を持つ「倉本聰の言葉 ドラマの中の名言」

【ASD(自閉症スペクトラム)と子育て実態調査】ASD理解ギャップ編|ASDに対する認知・理解の実態とそのギャップについて

その特性が正しく理解されていない「ASD(自閉症スペクトラム)」と子育ての実態

大人女子の半数が「イボに悩んだ」経験あり! 30歳以上の女性が選んだ対処法と理想の対策

(1)ビル・エヴァンス『自己との対話』(ヴァーヴ) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ) 録音:1963年2月6、9日、5月20日 最初の試みを「3台」で考えたところがじつに大胆。バラードの「ラウンド・ミッドナイト」などはピアノ3台では少々賑やかすぎる感じも受けますが、どうせやるなら狙いは明確に出そうということでしょう。なお、このアルバムはエヴァンス初のグラミー賞受賞作品となりました。

ビル・エヴァンスが3人いる!? 「自己との対話」という挑戦【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道48】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

【九州編】今年こそ見に行きたい!とても日本とは思えない日本の絶景スポット5つ

新たな年を迎えて、今年はどこか珍しい場所に旅してみたい、と考えている方もいらっしゃるのではないだろうか?

そんな旅先の選定の参考にしていただくべく、ぜひ訪ねてみたい日本全国の絶景ポイントを、一人旅の達人・佐竹敦さんにご紹介いただこう。

東日本編、中部日本編、西日本編に続き、今回は九州編をお届けする。いざ、まだ見ぬ絶景スポットへ!

■1:浜野浦の棚田(佐賀県玄海町)

浜野浦の棚田

「田植え前に田んぼに水が張られた時から、田植え直後で稲がまだ大きくなっていない時期(4月中旬~5月頃)の夕暮れ時までにかけての時期限定で見ることができる、空も海も田んぼも見渡す限りの景観が真っ赤に染め上げられる絶景は見事です!」(佐竹さん)

■2:宇佐のマチュピチュ(大分県宇佐市)

宇佐のマチュピチュ

「宇佐のマチュピチュは、地元の人が秋葉様(火伏せの神)と呼んで信仰の対象としている円錐形の山を背景にした棚田と集落の景観のことで、展望所から遠くに望む棚田と集落の景観は、典型的な山間部の田園風景です。実にのどかでのんびりとした景観です。」(佐竹さん)

■3:高森殿の杉(熊本県高森町)

高森殿の杉

「杉の巨木が2本あり、その杉の木が無数に枝分かれをしています。それぞれの枝はまるで意思を持っているかのように、縦横無尽、自由に好き放題にあちこちに伸びていて、独特の景観を形作っています。」(佐竹さん)

■4:石垣の村(宮崎県日之影町)

石垣の村

「集落全体が石で造られているかのような不思議な町です。いつの時代のどこの国に迷い混んでしまったのだろう?と我が目を疑うような景観です。また集落を取り囲むように、日本の棚田百選に選ばれている棚田が作られています。」(佐竹さん)

■5:硫黄島(鹿児島県三島村)

硫黄島

「現在も盛んに噴煙をあげる硫黄岳がそびえ立つ硫黄島は、島のいたる所から絶え間なく温泉が湧き出ています。硫黄島の玄関口である硫黄島港は、鉄分を含んだ温泉の湧出により、海が茶褐色に染まっていて、この硫黄島ならではの強烈な景観となっています。」(佐竹さん)

以上、訪ねてみたい日本全国の絶景ポイントのうち、九州に点在する5つのスポットを紹介いただいた。旅先の候補として、ぜひ参考にしていただきたい。

写真・文/佐竹敦
日本全国の即身仏・一之宮・五重塔・三重塔・滝百選・棚田百選・国分寺跡をすべて訪ね歩いた一人旅の達人。テレビチャンピオン滝通選手権出場。主な著書に「この滝がすごい!」「日本の滝めぐり」等。テレビ東京の「厳選!いい宿ナビ」のコラム執筆、@nifty温泉の記事執筆等、ライターとしても各メディアで活躍中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 医師が考える、アクシデントに負けないための旅支度! 医師が考える、アクシデントに負けないための旅支度!
  2. 2020年に行ってみたい! 注目の旅行先ランキングTOP10|ソ…
  3. 2020年「開運×絶景スポットランキング」|3位 箱根神社(神奈…
  4. 「旅行」「ネット通販」「孫消費」 令和元年、シニアのお金の使い道…
  5. 1【北海道】星野リゾート トマム 雲海テラス 一度は行きたい夏絶景ランキング|1位と2位は運が試される“奇跡の…
PAGE TOP