新着記事

尾戸焼の酒器セット|酒を愛する土佐人たちの宴を盛り上げる伝統の酒器

アクセサリーソケットを活用

車内でアロマテラピーから炊飯までできる、アクセサリーソケット活用術【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

ダイエット

「食事制限ダイエット」で目標を達成した人が明かす成功の秘訣

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

今も昔も国際舞台で大活躍!狂言にも登場した通訳「通事」(つうじ)【狂言に見る日本の職人・商人たち 8】

『職人尽歌合(しょくにんずくしうたあわせ)』より「通事」/国立国会図書館蔵

『職人尽歌合(しょくにんずくしうたあわせ)』より「通事」/国立国会図書館蔵

今も昔も国際的な舞台で活躍する通訳。かつては、通事(つうじ)、通詞とも呼ばれていた。

なかでも、交流の中心が中国や朝鮮半島の国々だった時代は、唐通事(からつうじ)や朝鮮通事が活躍していたようだ。

狂言で唯一、中国を舞台にした『唐人相撲(とうじんずもう)』は、唐へ力試しに来ていた日本の相撲取りが、皇帝に帰国を願い出ると、皇帝が今一度、相撲を所望。相撲取りは唐人と取り組んで次々負かしていき、最後に皇帝自ら相手になると言って取り組みになる。

大勢の唐人役の狂言師たちが色彩鮮やかな唐人風の扮装で登場して、相撲の場面ではアクロバティックな所作が繰り広げられる。演出によっては唐風の音楽も演奏される華やかで賑やかな舞台だ。

この狂言で活躍するのが通事。頭巾を被って長い髭をたくわえた長羽織姿の異国風の佇まいで、皇帝と相撲取りの会話を通訳し、相撲が始まると、行事役まで務める。

江戸初期、慶長9年(1604)に、日中貿易の窓口だった長崎で唐人の「馮六(ほうろく・ひょうろく)」が唐通事に任官されたのが、唐通事のはじまりといい、その後、人員も増え、職務も通訳業務から、在留中国人の統制、貿易品の監視などに及んで行ったようだ。

ところで、『唐人相撲』の舞台において、皇帝や唐人、通事の台詞は、正確な唐の言葉などではなく、唐韻(とういん)というデタラメ語。

狂言台本には具体的な台詞ではなく、「唐音つかう」などと記されているだけなので、狂言師がそれぞれ工夫して、「チャーライ、バチャラチャバ」「チンリンイイハオ」などと話しているのだが、何となく唐の言葉らしく聞こえてくるから面白い。

写真・文/岡田彩佑実
『サライ』で「歌舞伎」、「文楽」、「能・狂言」など伝統芸能を担当。

※本記事は「まいにちサライ」2013年10月23日掲載分を転載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP