新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/17~2/23)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/17~2/23)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/17~2/23)牡羊座~蟹座編

指を動かすだけで健康効果がある「指ヨガ」|『全身ポーズと同じ効果!! 指だけヨガ』

指を動かすだけで健康効果がある「指だけヨガ」のやり方

10号帆布のかぶせショルダーバッグ|ものの出し入れがしやすい、使い勝手がよく練られた帆布鞄

スタイルドライブエス|疲れやすい腰まわりをサポート。正しい運転姿勢に導く

【もう君はいない】専業主婦だった妻の異変に気付いた夫。妻の身辺調査を依頼された探偵が出した報告書の衝撃~その2~

【もう君はいない】専業主婦だった妻の異変に気付いた夫。妻の身辺調査を依頼された探偵が出した報告書の衝撃~その1~

明智光秀が松平竹千代(後の徳川家康)に食べさせた 〈美濃の干し柿〉。 取り寄せてみたら絶品だった【麒麟がくる 満喫リポート】

「もしかして白内障…?」ケアマネジャーが「白内障」の疑いがある人に眼科受診を勧める理由

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年
  2. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

今も昔も国際舞台で大活躍!狂言にも登場した通訳「通事」(つうじ)【狂言に見る日本の職人・商人たち 8】

『職人尽歌合(しょくにんずくしうたあわせ)』より「通事」/国立国会図書館蔵

『職人尽歌合(しょくにんずくしうたあわせ)』より「通事」/国立国会図書館蔵

今も昔も国際的な舞台で活躍する通訳。かつては、通事(つうじ)、通詞とも呼ばれていた。

なかでも、交流の中心が中国や朝鮮半島の国々だった時代は、唐通事(からつうじ)や朝鮮通事が活躍していたようだ。

狂言で唯一、中国を舞台にした『唐人相撲(とうじんずもう)』は、唐へ力試しに来ていた日本の相撲取りが、皇帝に帰国を願い出ると、皇帝が今一度、相撲を所望。相撲取りは唐人と取り組んで次々負かしていき、最後に皇帝自ら相手になると言って取り組みになる。

大勢の唐人役の狂言師たちが色彩鮮やかな唐人風の扮装で登場して、相撲の場面ではアクロバティックな所作が繰り広げられる。演出によっては唐風の音楽も演奏される華やかで賑やかな舞台だ。

この狂言で活躍するのが通事。頭巾を被って長い髭をたくわえた長羽織姿の異国風の佇まいで、皇帝と相撲取りの会話を通訳し、相撲が始まると、行事役まで務める。

江戸初期、慶長9年(1604)に、日中貿易の窓口だった長崎で唐人の「馮六(ほうろく・ひょうろく)」が唐通事に任官されたのが、唐通事のはじまりといい、その後、人員も増え、職務も通訳業務から、在留中国人の統制、貿易品の監視などに及んで行ったようだ。

ところで、『唐人相撲』の舞台において、皇帝や唐人、通事の台詞は、正確な唐の言葉などではなく、唐韻(とういん)というデタラメ語。

狂言台本には具体的な台詞ではなく、「唐音つかう」などと記されているだけなので、狂言師がそれぞれ工夫して、「チャーライ、バチャラチャバ」「チンリンイイハオ」などと話しているのだが、何となく唐の言葉らしく聞こえてくるから面白い。

写真・文/岡田彩佑実
『サライ』で「歌舞伎」、「文楽」、「能・狂言」など伝統芸能を担当。

※本記事は「まいにちサライ」2013年10月23日掲載分を転載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP