新着記事

飛騨高山の燻製工房「キュルノンチュエ」のソーセージ&パテ【サライのお取り寄せ】 修行コースに参加せず、境内で自主的に瞑想にチャレンジしても構わない。 タイの古刹「ワット・ラムプーン」で瞑想修行!|「歩く瞑想」「坐る瞑想」で心のクリーニング 【ビジネスの極意】モテる人は、なぜマネジメントがうまいのか? 【ビジネスの極意】モテる人は、なぜマネジメントがうまいのか? ヘルニア・狭窄症 ストレッチで改善する座った時の痛みやしびれ ヘルニア・狭窄症|ストレッチで改善する座っている時の痛みやしびれ【川口陽海の腰痛改善教室 第8回】 はきやすく便利!大人気「らくあきパンツ」にコーデュロイ版登場 昭和歌謡は終わらない 個性豊かな楽曲であふれていたあの時代|『昭和歌謡は終わらない』 【第82回人形町らくだ亭】1月29日開催/志ん生に捧ぐ孫弟子3人の競演会です ミゼットにブルーバード ミゼットにブルーバードに小松崎茂の原画も!|松戸郊外でみつけた懐かしヴィークルのワンダーランド『昭和の杜博物館』 東・西日本で異なる“おにぎり事情”|日本人なら皆んな知っている「おにぎり」ってどんな形? 東・西で形が違う?|日本人なら知っておきたい“おにぎり”の話 常備したい冬の定番「味の浜藤」のおでんセット【サライのお取り寄せ】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 徳川園/名古屋市

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

【東日本編】今年こそ見に行きたい!とても日本とは思えない日本の絶景スポット5つ

新たな年を迎えて、今年はどこか珍しい場所に旅してみたい、と考えている方もいらっしゃるのではないだろうか?

そんな旅先の選定の参考にしていただくべく、ぜひ訪ねてみたい日本全国の絶景ポイントを、一人旅の達人・佐竹敦さんにご紹介いただこう。

まずは東日本編をお届けする。いざ、まだ見ぬ絶景スポットへ!

■1:神の子池(北海道清里町)
神の子池

「摩周湖の伏流水(地下水)によってできたと言われている、息を飲むほど美しい池で、水底まではっきりと見通せるほどの透明度があり、水の中に沈んだ倒木が腐らずに残っている姿は、何とも言えない神秘的な姿です」(佐竹さん)

■2:五色沼(魔女の瞳)(福島県福島市)
五色沼(魔女の瞳)

「別名“魔女の瞳・吾妻の瞳”といわれている吾妻山の五色沼です。見ていると吸い込まれてしまいそうな魅惑的な色をしています。その名の通り、湖畔に魔女の家があるのではないか?と思わせるような不思議な景観です。」(佐竹さん)

■3:浄土松山(福島県郡山市)
浄土松山

「その景観から“日本のカッパドキア”とも称されている福島県郡山市の「浄土松山」。奇岩・巨岩が突出して立ち並んでいる古くから知られた名所で、松の緑が点在するありさまが、あたかもあの日本三景の松島に似ていることから「陸の松島」とも呼ばれています。」(佐竹さん)

■4:常布の滝(群馬県草津町)
常布の滝

「日本三名湯のひとつで、天下の名湯として名高い「草津温泉」の所在地である群馬県草津町。そんな草津町に、人知れず存在している秘瀑中の秘瀑がこちらです。滝の背後の岩盤は見渡す限りの茶褐色に染められていて、この世のものとは思えない幻想的な空間を造り出しています。」(佐竹さん)

■5:まんだら堂やぐら群(神奈川県逗子市)
まんだら堂やぐら群

「鎌倉七口のひとつ『名越切通』の中にある、鎌倉周辺で最大級の規模を誇るやぐら群で、やぐらが何列・何段にも連なって積み重なっている様子は、この世のものとは思えない圧倒的な景観。ただならぬ気配と緊張感が満ち溢れています。」(佐竹さん)

以上、訪ねてみたい日本全国の絶景ポイントのうち、東日本に点在する5つのスポットを紹介いただいた。旅先の候補として、ぜひ参考にしていただきたい。

写真/佐竹敦
日本全国の即身仏・一之宮・五重塔・三重塔・滝百選・棚田百選・国分寺跡をすべて訪ね歩いた一人旅の達人。テレビチャンピオン滝通選手権出場。主な著書に「この滝がすごい!」「日本の滝めぐり」等。テレビ東京の「厳選!いい宿ナビ」のコラム執筆、@nifty温泉の記事執筆等、ライターとしても各メディアで活躍中。

【関連記事】

※ 【中部日本編】今年こそ見に行きたい!とても日本とは思えない日本の絶景スポット4つ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 北九州市立いのちのたび博物館 日本の博物館ランキング2018 トップ20|旅好きが選ぶ第1位は…
  2. 2018年 評価の高い隠れ宿ランキング 2018年 評価の高い隠れ宿ランキング|1位は「下呂温泉 今宵天…
  3. 宇津ノ谷明治トンネルの入り口 「インフラツーリズム」流行中|第一人者が語る「トンネル歩き」の魅…
  4. 死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルー…
  5. 今年はここに! 紅葉絶景ランキングベスト10
PAGE TOP