新着記事

【ビジネスの極意】上司が部下の「やる気」に関わってはいけない理由 【ビジネスの極意】上司が部下の「やる気」に関わってはいけない理由 知っておきたい介護の基本 公的介護保険のしくみと利用できるサービス|知っておきたい介護の基本 ヒノキのぐい呑み|京都産ヒノキを厳選し職人が仕上げた香り高い酒器 うにの旨みと甘味を堪能「ヤマチュウ食品」の北海道産 粒うに【サライのお取り寄せ】 思わず涙ぐんでしまう懐かしのTVドラマ|面白かった80年代のTVドラマランキング 面白かった80年代のTVドラマランキング|第1位は、あの人気シリーズ! ベルエアーがたたずんでいる場は、まるでアメリカにいるよう錯覚させる。 【私のクルマ遍歴】自分のしたい仕事とクラシックカー『ベルエア』を追いかけて、走り回った50代(後編) 幾度ものレース中のクラッシュを乗り越え、スカイラインは走り続けました。 【私のクルマ遍歴】『ハコスカ』と共に目指したが、叶わなかったレースドライバーの夢(前編) 日本一は「岐阜都ホテル」の朝ごはんに決定! 「朝ごはん」がおいしい宿泊施設ランキング|日本一は「岐阜都ホテル」の「あゆ雑炊」に決定! 柔らかく濃厚な旨み!仙台の専門店「陣中」の牛タン塩麹熟成【サライのお取り寄せ】 【娘のきもち】今も家族との関係をつなぐカットの時間。あの時美容師をやめなくて本当によかった~その2~ 【娘のきもち】今も家族との関係をつなぐカットの時間。あの時美容師をやめなくて本当によかった~その2~

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 徳川園/名古屋市

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

【西日本編】今年こそ見に行きたい!とても日本とは思えない日本の絶景スポット5つ

新たな年を迎えて、今年はどこか珍しい場所に旅してみたい、と考えている方もいらっしゃるのではないだろうか?

そんな旅先の選定の参考にしていただくべく、ぜひ訪ねてみたい日本全国の絶景ポイントを、一人旅の達人・佐竹敦さんにご紹介いただこう。

前々回の東日本編、前回の中部日本編に続き、今回は西日本編をお届けする。いざ、まだ見ぬ絶景スポットへ!

■1:鍋倉渓(奈良県山添村)
鍋倉渓

「地上に天の川を映したと言われているように、約650mにわたって真っ黒な岩々が、まさに夜空の天の川のように延々と積み重なって続いています。光輝く天の川と違って、漆黒の岩が延々と続く様子は、荒廃して退廃的な、何とも言えない重厚な雰囲気を醸し出しています。」(佐竹さん)

■2:シワガラの滝(兵庫県新温泉町)
シワガラの滝

「苔むした洞窟状の閉鎖的な空間に落ちる、全国的にも非常に珍しい滝です。洞窟内の隠れた場所に滝が流れ落ちているため、その全貌は洞窟の中からしか見ることができないなど、滝を取り巻く空間はきわめて神秘的で幻想的な世界となっています。」(佐竹さん)

■3:丸山千枚田(三重県熊野市)
丸山千枚田

「日本を代表する棚田景観のひとつ。田んぼの枚数は1,340にもおよぶという、実にスケールの大きな棚田です。その全景を見晴台から一望できることも、この棚田ならではの大きな魅力です。」(佐竹さん)

■4:屏風岩と屏風滝(三重県熊野市)
屏風岩&屏風滝

「どこまでも高く垂直に切り立った屏風岩と、落差80mの屏風滝が向き合うようにそびえ立って相対している絶景です。滝壺から見上げた屏風岩と屏風滝が間近に迫ってくるかのような景観は、極めて独特で、圧倒的な景観になっています。」(佐竹さん)

■5:遊子水荷浦の段畑(愛媛県宇和島市)
遊子水荷浦の段畑

「岬全体を埋め尽くすように段々畑が作られ、まさに“岬全体が段々畑”といっても決して過言ではない雄大で壮大な景観には度肝を抜かれます。段畑は最も高い所で標高約60m、その段数は60段を数えるといいます。山の斜面の頂上部に至るまで段々畑が作られている景観は、ただただ圧巻です。」(佐竹さん)

以上、訪ねてみたい日本全国の絶景ポイントのうち、西日本に点在する5つのスポットを紹介いただいた。旅先の候補として、ぜひ参考にしていただきたい。

写真・文/佐竹敦
日本全国の即身仏・一之宮・五重塔・三重塔・滝百選・棚田百選・国分寺跡をすべて訪ね歩いた一人旅の達人。テレビチャンピオン滝通選手権出場。主な著書に「この滝がすごい!」「日本の滝めぐり」等。テレビ東京の「厳選!いい宿ナビ」のコラム執筆、@nifty温泉の記事執筆等、ライターとしても各メディアで活躍中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 北九州市立いのちのたび博物館 日本の博物館ランキング2018 トップ20|旅好きが選ぶ第1位は…
  2. 2018年 評価の高い隠れ宿ランキング 2018年 評価の高い隠れ宿ランキング|1位は「下呂温泉 今宵天…
  3. 宇津ノ谷明治トンネルの入り口 「インフラツーリズム」流行中|第一人者が語る「トンネル歩き」の魅…
  4. 死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルー…
  5. 今年はここに! 紅葉絶景ランキングベスト10
PAGE TOP