新着記事

医療者も驚いた!新たに登場したある海外医療保険の衝撃【予防医療の最前線】

文/中村康宏日本の社会保障制度が直面する大問題日本では、医療や年金・介護などの財源と…

【夕刊サライ/進藤晶子】原田泳幸さん、尋常ではない超人ぶりと年長者の目線(進藤晶子の暮らし・家計コラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

南画の大成者・池大雅、85年ぶりの大回顧展《池大雅 天衣無縫の旅の画家》

取材・文/藤田麻希18世紀の京都で活躍した池大雅(いけのたいが/1723~76)は、…

もしも将棋に新しい駒が追加されることになったら?【イシグロ妄想研究所 vol.1】

妄想・イラスト/石黒謙吾(分類王)古代インドがルーツという説が有力な「将棋」というゲ…

【夕刊サライ/山本昌】継続は力なり! 45歳を過ぎたらオフはなし(山本昌の健康・スポーツコラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

団塊世代の足元に広がる深刻な問題に備える本『団塊絶壁』【定年本イッキ読み19】

文/印南敦史昭和22年〜24年に生まれた第一次ベビーブーム世代を「団塊世代」と呼ぶが…

なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

菓子

  1. 湯沢屋のまんじゅう |日光詣の参詣客をうならせる酒饅頭【老舗銘菓ものがたり】

    取材・文/鈴木拓也中国発祥の饅頭は、鎌倉時代に中国留学から帰ってきた禅僧によってもたらされた。このとき伝えられた饅頭は、酒たねを発酵させて作る酒饅頭だったという。最初は上流階級の口にしか入らなかった饅頭は、室町時代の…

  2. 肉桂餅 |南蛮文化が花開いた堺随一の銘菓【老舗銘菓ものがたり】

    取材・文/鈴木拓也日本が戦乱のさなかにあった1543年、種子島に1隻の船が漂着し、日…

  3. 來間屋生姜糖 | 出雲名産・出西生姜の風味が活きる300年変わらぬ味【老舗銘菓ものがたり】

    文/鈴木拓也記紀ゆかりの地、出雲の暴れ川として知られる斐伊川(ひいかわ)。その流域の…

  4. 鶴屋の丸房露|大隈重信も激賞した銘菓【老舗銘菓ものがたり】

    文/鈴木拓也多くの人が、子供の頃に食べた記憶をもつ「玉子ぼうろ(玉子ボーロ)」。「ぼうろ」と…

  5. 藤屋内匠の「湖水月」|琵琶湖の満月を表した銘菓(大津)【老舗銘菓ものがたり】

    文/鈴木拓也浅井長政の信任の厚かった武将・遠藤直経は、姉川の戦いで敗色が濃厚なのを知るや、織…

  6. 備後福山『虎屋本舗』の名物「虎焼」【老舗銘菓ものがたり】

  7. 駄菓子ひとすじ320年!仙台駄菓子の元祖『熊谷屋』の駄菓子【老舗銘菓ものがたり】

  8. 天皇陛下も喜んだ!名古屋『両口屋是清』の銘菓「旅まくら」【老舗銘菓ものがたり】

  9. 函館最古の和菓子店『千秋庵総本家』の名物どらやき【老舗銘菓ものがたり】

  10. 沖縄の伝統焼き菓子ポーポーとチンビンの作り方【沖縄ぬちぐすい紀行25】

  11. サクサクした食感で後引く美味しさ!沖縄の伝統菓子「三月菓子」の作り方【沖縄ぬちぐすい紀行21】

PAGE TOP